2016年12月 3日 (土)

戸隠山(1)

10月21日登山記・・・もう6週間も前。
今更感全開なのだが、実はこの夜、オクで落札したpro1900が届く日だった。
生きて帰って、pro1900を見るんだ。

Togakushi1

奥社へ向かう並木道。
程よく紅葉が進行している。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月29日 (火)

CF-1980のF&Fヘッド化

中学のガキのころのもう一つの疑問。
ソニーの言い方をかりれば”高級テープデッキにも用いられている”「F&Fヘッド」が、最高峰のstudio1980にはなぜ使われていないのだろう?
pro1900(部品取り)のF&Fヘッドが一つ余っている。
換装してみたらどうなるのか、恐ろしい考えが頭をもたげた(笑)。

※この改造は、幸せを呼ぶとは限りません。ミリボルも発振器もない、耳の劣化したジジイが音を判断しています。また、長期にわたる耐久性も結論が出ていません。まあ、やる人はいないだろうけど、念のため。

そもそもの発端は、CF-1980の純正ヘッドが使い込まれていて、高音の低下、録音レベル損失をはっきりと感じていていたこと。

Cf1980_pp

CF-1150にも同じパーマロイヘッドPP134-36がついていたが、こちらも摩耗が進んでいたので、ヘッドのドナーにはなりえなかったことだった。

Pf_pp

なんとなく・・・機械的取り付け寸法は、互換性がありそうだ。
右のF&Fヘッド(PF160-36)のほうが奥行が長いが、取り付け穴からの突き出し量は目分量的には同じ程度。

ネットを徘徊していて、資料館的なサイトでわかったことは、1kHzのインピーダンスが両者とも250Ωであること。

ならば、そうめちゃくちゃなことにはならないだろう、との甘い予想が立つ。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月25日 (金)

CF-1900のサーボモーター化

中学のガキの頃から思ったのは、
pro1900とか言うくせになぜモーターはサーボモーターじゃないのか?
アンチローリングというなら、モーター自身も回転ムラの少ないサーボモーターにすべき、と思っていた。
ら、翌年、pro1150なるモデルが登場する。

Cf1150_1

これまた、かなりそそる機種。
ソニーの真骨頂ではあるまいか。
これもジャンクで、カセット部は不動だけど、「モーターの回転する音は聞こえました。」という出品者の一文に、スイッチが入った。
これも復活させてあげたいけど、今回はCF-1900を救済するための”贄”となってもらう。
そう、この機種は、D-013F1というサーボモーター搭載機種なのだ。
矢印の先、モーターのプーリーが見える。
幸いなことに、回転方向はD-013Gと同じ、プーリーからみて反時計方向回転である。

CF-1900と基本メカが共通のビジネスデンスケTC-5000ならD-013Fモーターで、互換性の面では勝算がある。だが、CF-1150のこれは、末尾に1が余計についているのがちょっと気にかかる。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月14日 (月)

pro1900のその後

完動状態で延べ5時間は過ごせただろうか。
しかし、不幸は突然に襲ってきた。

今までの美声が・・・

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月 8日 (火)

CF-1900の修理(5)

ドナーから移植したモーターにより、ワウフラからは開放されたが、依然パチプチノイズに悩まされる。
やはり、モーターの整流子の状態が悪いのか?
何回目の開腹手術か覚えてないが、初恋の彼女に妥協の文字は似合わない(笑)

さて、モーターを解剖してみると???

Donor_mcom

意外と悪くない。
というか、すこぶるまともである。
敗北感あり。もともと悪くないものを手入れしても、パチパチノイズは改善しそうもない予感。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 4日 (金)

pro1900完動品(?)へ

ドナーが現れたのなら、技術的な難しさはないはず。

Donor_m

わーい、モーターだ♡

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 2日 (水)

boro1900キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

モーターのドナー現る。
その名もボロ1900

Boro1900

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月30日 (日)

CF-1900の修理(3)

昨日1時間ほどで死んでしまったモーターの検死を行った。
・軸はスムーズに回る。軸受けの機能は正常。
・6Vの電圧をかける。回らない。ただし、軸を手で回してやると、低回転ながら回る。しかし、この時の電流は異様に大きい。600mA以上。
正常時無負荷では40mA程度なので、おかしい。
・整流子は、わずか一時間でやられたのか?

C_drag1

初期馴染みのためのブラシの摩耗粉は若干あるが、電源短絡ほどじゃない。
じゃあ、あの大きな電流はどこから来るのか?

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月28日 (金)

CF-1900の修理(2) モーターいってしもーたー

密度のある、しかし耳当たりのいい音を奏でるpro1900。
やはり、42年前にこの機種を選んだのはこの音が心地よかったからだ。
わざと42年前の音楽を鳴らしたりしていた(笑)

しかし、時々モーターの力が一瞬抜けるような症状が。
パチ、とかプチとかノイズを伴うこともある。
その時、電源に無理がかかるらしく、アンプの音も消えかかる。
嫌な予感。
そして、ついに完全停止。
モーターの、接触不良型ではなく、電源短絡型の不具合かも。
大型電動機でいえば、フラッシュオーバというやつ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CF-1900の修理(1)

今回は、カセットのメカ部の修理(ベルトの交換)だけで済みそうだ。

Cf1900beltdr1

あと、表のテープカウンター用に⑤がある。
半分に折って長さを測り、それを2倍したものをπで割ればベルトの直径になるはずだが、そもそも伸びたベルトなので怪しい。一段小さいものも。
ひょっとして、きつすぎたらいやだので、大きいものも念のために注文。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«pro1900キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!