July 05, 2005

瞬間風速(シエンタ燃費)

best_data
この車の、私的常用燃費は約10km/Lなのだが。
いつもこのくらい走ったらな~。
同じ車とは思えない。


» Continue reading

| | Comments (7)

July 03, 2005

シエンタ、一ヶ月点検

急速な恋愛期間を経て、
はや倦怠期を迎えて(爆)、
気づいてみればまだ一ヶ月なんだなあ。

「昼間晴れているのでルンルン気分で機材を積み込むも、夜には曇りや雨の図」
sienta_backdoor

この一ヶ月の走行:821km
二回目給油から:357km
二回目給油からの燃費:10.1km/L
当初、燃費が10km/Lに届けばなあ、というご主人様の気持ちを察してか、なんとか気に入られようという数値を表示したのがほほえましい。
燃費は走行条件で相当に変わるので評価は難しいな、と思う次第です。
(ちょい乗り1~2kmと5~6kmの混合パターン、エアコンは欲しいだけかけるといった条件です)

» Continue reading

| | Comments (9)

June 23, 2005

シエンタ、Wホーン化

カタログに書いてないこと。
→ホーンがシングルであること。ぺー、と音がしょぼい。
horn_ori_sienta
気にしなければ、実用にはなんら差し支えないが。
”腐ってもエミーナ”から乗り換えると、格下げ感を感じる部分でもあり・・・
セリオホーンなる、2079円のダブルホーンに取替えを決断。

2079円にも決断は必要なのです_│ ̄│○ │││
・デモ機が無いので、音が分からない。
・取り付けるスペースがあるかわからない。
・電気配線がうっとうしい。
なので。

» Continue reading

| | Comments (9)

June 15, 2005

シエンタメモ

<燃費>
前半は、喜びモードでドライブ的運転。ここまででは12.1km/リットル。
途中天体観測で野獣に恐怖を感じ、長時間アイドリング。その後ちょい乗りお買い物モードと、平均すれば高速以外の普通の使用状況であったと思う。
・一回目のガソリン給油:462km走行で40リットル→満タン法燃費は約11.5km/リットルで、距離計の燃費モードとほぼぴったり一致。

<マイナートラブル>
・購入時よりパワーウインドウのAUTOが効かない。
・フロントスピーカーを入れ替えた後、運転席側から助士席のパワーウインドウが操作不能となった。
コネクターの差込はドアの内張りを再度はがして確認したのだが。

» Continue reading

| | Comments (8)

June 12, 2005

倦怠期

シエンタ、新車で納車されてまだ10日。

・燃費:ちょい乗りの日常パターンが増え、やや低下。421km走って、燃費モード表示は11.6km/リットル
まずまず良好と思っている。エミーナ比で燃料単価をいれても円/kmは安くなっているのは間違いない。
小さい車の面目躍如といえる。が・・・
実はちょっぴり倦怠期(笑)。
ニッサンCUBEのときは倦怠期が乗り切れず、3ケ月で手放してしまった。f(+_+)☆\(-_-#)バキッ
主たる理由は、エミーナからの格下げ感か。

・夜間、キーを差し込もうと・・・どこだ? (エミーナには、キー部に照明があった。)

・エンジンをかける。長女「うるさいな~。」・・・エミーナはディーゼルだったのになぜ?

・加速走行中:他の乗員も「けっこううるさい車だね。」 
  カミサン:所有車エクシブ(4S-FE、FF車)ゆえか。。←全く、私の価値観とは対極の車(伊達3ナンバーといって みる)
  長男:少年野球で引率してもらうとき、よその家の上級車に乗る機会が多い。
  アルファードとか、ランクル100系とか・・・_│ ̄│○ │││
  長女:カミサンのエクシブと比べて直感的にそう思うらしい。排気量からくるゆとりは確かに差はあるが・・・

・オーディオの音質:スピーカーのコストダウンの音がする。16cm(エミーナは12cmクラス)に口径アップしたのはいいが、所詮フルレンジ。ちょっと聞きにはいいような気もするが、じっくり聞き込むと高音域がカサカサ乾燥して、歌手のノドの調子が悪いような”辣”な音。

・警音器(ホーン)の音:シングルホーンなので、”ぺー”と音がしょぼい!なかなかホーンを鳴らしてみる機会はないものだから、つい最近思い知ることとなった。車格とかヒエラルキーとか好きな言葉ではない。が、格付けのためわざとそうしているように思えてならない。原価千円か二千円だろうに。

» Continue reading

| | Comments (8)

June 03, 2005

シエンタ操縦印象

さっそくドライブ。
あくまで個人的インプレッションに付き、お見苦しい点はご容赦を。
inpane_sienta
センターメーター:不思議と違和感はない。だけど、針と目盛り板を斜に見通すのがイマイチ。メーターは視線に直角に向けるのが常識かと。(いきなり文句)

試乗(というか通勤)コース:浅間サンライン東部地域・・・路面荒れてる。中速コーナー多し。10%級の長いアップダウンあり。
走り方:通勤途上の中年のおじさんが、交通の流れに乗って。このような車種を選ぶおじさんですから、限界がどうとかそういう話しはありません。

その結果・・・。購入前の浮ついた気持ちと、いざ自分のものになってじっくり乗るのとでは違うなぁ。当然か。


» Continue reading

| | Comments (3)

May 31, 2005

エミーナ回想

マイカーがない生活5日目。
何か、とても空虚なので(笑)前愛車について記しておきます。

デビュー当時は魚眼レンズの視界かと思ったインパネ回り。今はずいぶん普通に映ります。
cxr_inpane

スラントアンダーミッドシップ
slantundermidship
この車を語る上での最大の特徴は、このことに尽きるのでは・・・

それまでの商用車ベースの1BOXワゴンの貨物車然とした”動質”を本質的に改善すべく、ゼニ余りのトヨタだからなしえたと思う変態的エンジンレイアウト。

ナローバージョンとディーゼル設定追加の時、試乗をしてみた。目から鱗でした。もちろんロールは背高ワゴンの常で乗用車のようにはいかない。でもカーブが楽しい。怖くない。こんなワゴンは初めてだ。


» Continue reading

| | Comments (4)

March 14, 2005

懲りずにマックホルツ彗星3/13

晴れて月が無ければ、やはりマックホルツ彗星の行方が気になるのはサガなのでしょう。
行ってはみたものの、雲が北極星付近をしばらく隠す意地悪な天気。
極軸もあわせられないし、ヤル気も消沈しがち。というか、彗星そのものもそのあたりだし、固定法ですら撮れない状況では、帰ろうかなどと思ってしまいました。
やっと晴れて捜索から。

mh05313
*istD SMC TAKUMAR 1:3.5/28mm F3.5 22:41から121sec ISO800  トリミング

北極星に微妙に近い位置にいました!
*istDの背面液晶は×12まで拡大できるから、発見するのに毎度助かります。

» Continue reading

| | Comments (10)

March 06, 2005

タクマー読本

別館にねじタクマー小冊子('73版と思われる)を整備しておきましたので、...

» Continue reading

| | Comments (8)

February 27, 2005

そろそろ見納め?マックホルツ彗星

昨日2/26は、久しぶりに晴れたので、満月を少し過ぎた月が昇るまでのわずかな時間、マックホルツ彗星の観測を試みました。
mh050226_35
*istD smc PENTAX-M35/2.8 開放 19:33より95sec ISO200 RAW SPACEBOY赤道儀で手動追尾

肉眼ではもう、全然分かりません。*istDの背面液晶×12に拡大して探すと・・・やっとこさ見つけました。
銀塩だけのころなら、諦めていたかもしれません。
北極星にかなり近くなっていました。右端ちかくやや上寄りの輝星が北極星です。


» Continue reading

| | Comments (11)

«マックホルツ彗星2/5