« 運動会機材 | トップページ | EOS-PKアダプター・・・第2章 »

2005年9月30日 (金)

久々の晴天

昨晩は、久しぶりに晴れました。

スペースボーイに、ひょっこり出てきた純正の追尾モーターHD-4を装着して散歩気分で。

spaceboy_hd4

・極軸合わせは、星座早見盤式のを作って、少し正確に導入してみました。が、極軸望遠鏡用のリングレベル(水平だし)を整備しないと・・・うーん、運搬組み立ては重量級のEM-200より遥かに楽ですが、組み立ててしまえばEM-200のほうが快適だなぁ。

・久しぶりに6×7も動員してみました。今回、初めて固定ピントフードなる着せ替え帽子をつけて見ました。軽量で明るいのと視度を調整できるのは魅力ですが、左右逆像には戸惑いました。コダックのE200でHαがどの位出るかは現像後のお楽しみ(?)実は、画面から外れてたりして・・・

かなり重量がかかる組み合わせですが、さすが純正、追尾性能は意外と良かった。

涼しくなり、PENTAX  *istDでもRAPで処理すればそこそこ楽しめる気候になってきました。

「M31」

m31by300mmf4

PENTAX  *istD / SMC  TAKUMAR/6×7  1:4/300 F4  3分 ISO800 RAPによるNR    SPACEBOY+HD-4で放任追尾

お気楽に狙ってますが・・・小学生のころ、このくらい撮れたらなあ、と思ったぐらいには撮れてます(笑)

”観音”も魅力ですが、しばらくは銀塩と*istDで楽しむことにします。

|

« 運動会機材 | トップページ | EOS-PKアダプター・・・第2章 »

コメント

おっ、純正モーターで追尾ですか。
300mm3分ノータッチでも流れていない精度があれば充分ですね。orz-5の降板はちょっぴり残念ですが・・^^;
そろそろ秋の星雲・星団が結構高く上がって綺麗に撮れるようになってきましたね。これだけ写れば充分、RAPのおかげでノイズも全く皆無、見事なM31です。
そうそう、RAPでホットピクセルを消すときって星像がぼやけてしまうので調整が難しいですねぇ・・どれくらいに調整されてます?

投稿: Fuuma-mfuk | 2005年10月 2日 (日) 00:06

純正モーターなら、同架FC-60直焦点もいけそうに思いますが..
>レベルリング
水平出し..そう言えば、我がEM-10もまだ未整備で..(苦笑)
(一応DIY店で水平出し道具(気泡入り)を調達してありますが..)
で、通常は北斗七星(又はカシオペヤ)の方向を頼りに据付..。
>RAP,ホットピクセル除去>ふうまさん
私の場合、その都度ばらばら..除去しないことも..(笑)
通常、RegiStaxで数枚コンポジットするので、不良ピクセルはあまり気にしていません(?)
観音様=ホットピクセルは少々存在=ダークノイズ減算で大体消滅..
日光様=観音様より明らかに多い=ダークノイズ減算ではまだ残る..
(で、程度に応じてホットピクセル除去..)

投稿: Ken28 | 2005年10月 2日 (日) 20:12

回線の(今回は・・・笑)物理的な異常で、レス遅れました。m(_ _)m

>Fuuma-mfuk様

実は、300mm3分ですと、赤緯方向へ少しずれます。やはり極軸据え付け精度がイマイチなためと思われます。
子どもの頃、藤井旭さん著の「星雲星団ガイドブック」に心を打たれ、200mmクラスの望遠レンズの作例にあこがれました。そんなイメージです。1枚ストレート画像なのでランダムノイズは相当あるし・・・第一歩を踏み出したというところです。
*istDではある気温を境に、熱ノイズが急に減る感じです。このときは、観測中盤から寒さを感じました。(10℃位?)ダーク画像は左隅だけ赤くなる”冬”モードでした。こういうときはホットピクセル除去はしないでいけそうです。(してません)

>Ken28様

いいときは、ガイド鏡のレチクルに星が静止しているように見えます。伝達ギヤがむき出しで一部損傷しているので、新調したいところです。極軸があっていれば・・・けっこういけそうです。FC-60直焦点もやってみたいと思います。
レベルリングがないので、スケールパターンの十字線の水平出しは山勘でした(笑)
#ホットピクセル:旭は冬毛と夏毛の使い分けがいりそう。(笑)

投稿: ゆうひぶたっくす | 2005年10月 3日 (月) 09:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/6181978

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の晴天:

« 運動会機材 | トップページ | EOS-PKアダプター・・・第2章 »