« どぎつい秋 | トップページ | 改造キスデジ試運転 »

2005年10月30日 (日)

Kiss Dその後

この前、キスデジの赤外カットフィルター除去手術に失敗しました。敗戦処理、もとい配線処理してはみましたが。

作業性を良くしようとC-MOSからフレキをはずしたら、パターンがはがれてさらに修復箇所を増やすはめに。もうだめぽ。↓

moudamepo

♪泣きながらちぎれたフレキを・・・(ユーミン風)

boroborofureki

でも、ダメモトで一本一本つなぎましたよ。トホホ。

それで、どうなったかというと・・・・おそるおそる電源をいれると、なんと奇跡的に直ってくれたようです(喜)   皆様にはご心配戴きm(_ _)m。

しかし、あのボロボロフレキでは再手術にはたえられそうもない。おのずと、”IRC除去のまま”の途をとらざるをえない。

共通データ:Canon EOS Kiss D、EFS18-55mm  Pオート/WB  昼光 ISO 100

IRCなしの一般画像(曇天、夕方)がどうなるのか撮ってみました。中央だけまともそうな色ですが、とりだしたIRCフイルターをレンズの前にかざした状態です。いかにもHα良く写りそう。「真っ赤な秋」を口ずさみたくなります(笑)

irc_center

ついでにピントのずれがどのくらいか試してみました。ファインダーでは赤矢印の棒にあわせたのですがだいぶ前ピンです。

withoutirc_focusmiss

無限遠では、オーバーインフにしないとピントがきません。AFのままでは、明らかにボケボケ、とてもまともなピントではありません。(スカスカのEFSレンズでは、ずれの分量は再現困難ですが、55mm端ではAFの合焦位置からピントリング周上では縮み側にほんの1mmまわすかどうかのところです。こうするとファインダーではボケボケです)

Hαには威力ありそうです。が、ピントもカラーバランスも使いこなすのが難しそうだ・・・生き返ってくれたのだから、贅沢ななやみというもの。感謝しないと。

|

« どぎつい秋 | トップページ | 改造キスデジ試運転 »

コメント

おぉ~!復活おめでとうございます。
付け加えて、
IRC除去機ユーザとなられましたこと、心よりお祝い申し上げます。

後は、ピントの問題がありますが、∞位置さえ出れば...
例えば、レンズ直後、ミラー直前のマウント部に透明
フィルターをかますことはできませんかね...

いずれにせよ、IRC除去による効果を期待しております。

投稿: Ken28 | 2005年10月30日 (日) 23:44

良かったと言っても良いんでしょうか?

投稿: へらコブラ | 2005年10月31日 (月) 00:37

おお、見事に復活しましたね。さすがです。
フィルターの方はken28様の言われるようにFFタイプが使えれば(お値段は少々高めですが)何とかなりそうな気がしますが・・。
ピントは根気良く合わせるしか無さそうですね。(^^;

投稿: ich | 2005年10月31日 (月) 03:00

>Ken28様

ありがとうございます。
ピントは望遠鏡の直焦点(レデューサー含む)では、どっちみちキスデジファインダーでは分かりにくく探さなければなりませんので問題なしかと。
写真レンズでの星野写真は・・・よわりましたね~。付属のEFSズームはオーバーインフ側に十分余裕がある(笑)ので使えますけど、暗いですからね~。ほかにEFレンズ持ってないし(笑)。

>へらコブラ師

Hα透過赤外カットフィルタに換装が理想でしたが・・・ハレーションの問題、通常写真にはどの道カラーバランスの調整が必要そうですし・・・コストも含めて、”除去のみ”は貧乏天体フォトグラファーには良かったかも(笑)

>ich様

耐久信頼性やノイズが大丈夫か、ちょっと心配ではありますが・・・実験台が復活してくれたのはひとまずラッキーでした。

FFタイプですと、うーん、唯一の交換レンズEFSがつきません。

ピントは(n-1)dだけずれるらしいのですが、フィルターの厚みd=2.65mm、屈折率n=1.5とすると1.3mm強・・・実際には1mm程度のような気がします。

EOSとPKのバック寸法の差が1.5mmほどですから、PKレンズをEOSマウント面に押し付ければまだ0.5mmほど繰り出して使えばいいことになります・・・何考えているんだか(笑)

投稿: ゆうひぶたっくす | 2005年10月31日 (月) 10:53

おおー、凄い!復活おめでとうございます!
さすがとしか言い様がありません・・
ひつぜんてきにIR除去となりましたが、撮影結果がとても楽しみです。
ピントですが・・KissDもDNも、ファインダーでは元々あってないようなものだというのが僕の結論です。(笑)
実際の天体撮影では、20秒程度数枚撮影してみて星像の小さいカットを選ぶのみですよ。ノープロブレムです。

投稿: Fuuma-mfuk | 2005年10月31日 (月) 20:25

> Fuuma-mfuk様

#撮影結果が・・・先ほどまで晴れていたので、喜び勇んで出撃準備していたのですが・・・車に機材を積み込もうとしたらみごとに曇り。残念。
・問題点発覚。セットのEFS(天体向きとはとても思えない)以外、使える光学系がない。望遠鏡のEOS用マウントも手配してなかった。簡易EOS-PKアダプターも、オーバーインフにはお手上げ。ゆくゆくは電源確保も対策しないと。うれしいような苦しいような悲鳴です。

キスデジのファインダー・・・ピント検出能力は確かに、”あってないようなもの”ですね(笑)
ピントの段階露出でこつこついくしかないですね。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2005年10月31日 (月) 22:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/6756428

この記事へのトラックバック一覧です: Kiss Dその後:

« どぎつい秋 | トップページ | 改造キスデジ試運転 »