« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月30日 (水)

遠ざかる火星

肉眼では、まだまだ明るい火星ですが、徐々に遠ざかりつつあるようです。12月に入ると急速に遠ざかっていくようなので、もう少し継続観測したいものです。

11・22(21:17頃)                                      採用画像数n=479

mars051122_re3

続きを読む "遠ざかる火星"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

春の銀河群(嘘)

しし座~おとめ座付近をねらうと、たくさんの銀河群が写ります。こんなふうに・・・って明らかに嘘ですf(+_+)☆\(-_-#)バキッ

uso_ginnga_gun

続きを読む "春の銀河群(嘘)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月27日 (日)

M42・・・デジタル現像試行中

オリオン大星雲M42は、明暗差が大きいので、露出の加減でさまざまな表情になります。

共通データ:MT160望遠鏡+レデューサー(D=160mm f=776mm 1:4.8)/"PENTAX" Kiss D    RAW  EM-200で半自動ガイド 撮影2005・11・25

ISO400 3分

m42bri

周辺部はまだまだ露出が欲しいところですが、星雲中心部はすでに完全に露出オーバーです。

続きを読む "M42・・・デジタル現像試行中"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年11月26日 (土)

再三のすばる・・・ステライメージ悩み中

<前回の反省> MT-160の光軸が狂っていた。さらに主鏡が埃だらけ。そっと拭いてクリーニング。面洗って出直し。

<今回の反省>EM-200のセッティングを終え、スタート。いざキスデジの電源を入れると、”CFカードがありません” だって。ガーン!しばし呆然。。。そうだ、予備に持ってきたPENTAX  *istDのカードがあるはず・・・しかし128MBかいorz だからというわけでもないのですが4コマのみのコンポジットです。さらに、ガイド用GA-4のバローレンズ忘れた。追尾精度が出ていません。

「M45 silkypixで現像1コマのみ」 

m45_1silky

共通データ:MT160望遠鏡+レデューサー(D=160mm f=776mm 1:4.8)/"PENTAX" Kiss D  5分 ISO800  RAW  EM-200で半自動ガイド 撮影2005・11・25

11・22夜も透明度は似たような空でしたが、1枚ものをストレートにsilkypixで現像しただけで前回ステライメージで4コマ加算平均の画像よりガス星雲がよく出ているではないか。主鏡清掃の効果はあったぞ。はるばる宇宙を旅してきた光子よ、ゴメン。ゴール間際で埃に邪魔されていたなんて。・・・ステライメージ4での処理に期待がかかります。

続きを読む "再三のすばる・・・ステライメージ悩み中"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年11月23日 (水)

すばる・・・リベンジ編

この間のはイマイチすぎたので、昨夜、スバルのエンブレムっぽく再挑戦したM45。うーん、光条がまだわずかに斜めだナァ(笑)。

この間作った電源でキスデジは快調に動作しました。

・光条でピントを探すといいことがわかりました。ピンボケでは#状になります。ただ、スケアリングが出ていないらしく、左上は流れていますorz・・・写真レンズでは気付かなかったので、たぶんMT160の光軸の狂いだと思うのですが。

m45_silky

MT160望遠鏡+レデューサー(D=160mm f=776mm 1:4.8)/"PENTAX" Kiss D  5分 ISO800  RAW  silkypixで現像  撮影2005・11・22

いろいろ強調してみたけど、この星団をとりまく刷毛のようなガス雲がぱっとしない。そこで、ついに天体画像処理の定番stellaimage4を導入したのだが・・・

続きを読む "すばる・・・リベンジ編"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005年11月19日 (土)

画竜点睛

Kマウント化改造に知恵をしぼったわがキスデジだったが・・・画竜点睛を欠くとは、まさにこのこと。しかし、ある日、これを払拭するスーパーアイテムが届いた。

「使用前」

pentax_freehand

続きを読む "画竜点睛"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005年11月18日 (金)

蓼科山登頂

晩秋と(いうよりもはや冬)の蓼科山に登ってきました。動機は、郷土の景色を感動的に描写するbaja様の作品を拝見して、無性にかきたてられたからです。

slope

続きを読む "蓼科山登頂"

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2005年11月15日 (火)

旧キスデジの電源事情

旧キスデジは7.4V 1100mAhのLi-ion充電池です。新キスデジより容量は大きいです。10℃程度なら、数分×十数コマ撮っても、表示は半分消耗マーク(=残量はわずかです)の程度で、割と安定して使えます。充電時間も短いし。PENTAX  *istDにくたびれかけたニッケル水素使用時より、数段安心感があります。*istDではニッ水が使えることが長所(初期コストが安い、放電したら一時電池でしのぐことも出来る)でもあり、欠点(メモリー効果、劣化、低温時の容量低下によりフリーズしたり誤動作する)でもあるような気がします。もっとも、PENTAX  *istDの場合は天体使用時の電源問題は解決済みであります。旧キスデジについても、もっと寒い環境で長時間露光する場面では、充電池の買い増しはコストがきついし、やはりポータブル電源+レギュレーターが安心でしょう。hph

おなじみ秋月電子のキットです。電圧調整用のボリュームは、手持ちのケースに入るように軸を短く切断しました。(しずくは接着剤)

続きを読む "旧キスデジの電源事情"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年11月12日 (土)

すばる

IRC除去&Kマウント化改造”PENTAX”Kiss Dを反射光学系で撮ってみました。自宅庭先なので光害がひどく、ピントの確認程度です。

「M45:すばる」

m45_subaru

"PENTAX" Kiss D/MT-160+レデューサー D=160mm f=768mm F4.8/露光187sec  ISO800  RAW  (11・5 22:58撮影)

さすがに反射光学系では、色収差は感じられません。斜鏡を支えるスパイダーのせいで十字に光条が出ます。個人的には「M45はこれでなくちゃ」気分が出ません。それは、幼少のとき刷り込まれたスバルのエンブレムのせいでしょう。

subaru_mark

個人的には、M45に比較的忠実な旧エンブレムが好きです。潜在的スバリストかも・・・

続きを読む "すばる"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年11月11日 (金)

火星(11・7と11・10)

昨夜11・10は晴れてはいましたが、透明度今2のくせに11・7ほど好シーイングではありませんでした。それでも、MT-160に倍率200倍で観察すると、大シルティスらしき模様は見えます。

「11・10の火星 (22:44頃)」

mars051110

採用画像数n=464

続きを読む "火星(11・7と11・10)"

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2005年11月10日 (木)

初車検

我が家のデュエット、初車検を迎えました。

duet

トヨタのバッジをつけていますが、ダイハツ製なのは周知の事実です。(パッソの展示車もみてみましたが、TOYOTAのプレートでした。)

duet_plate

シエンタ4WD比では、軽量な車体に相対的に余力のあるエンジンで、走りはすこぶる軽快です。ちょっとの上り坂でも最上位ギア(AT)のままするすると登ります。シエンタは流れについていくだけでもF1のようなエンジン音(ちょっとおおげさですが)になります。燃費は正確に測ったことはありませんが、当然、いいはずです。ステアリングフィールもがっしりしていて・・・シエンタより気に入ってしまった。が、なんかエンジン音が最近?元々?なんとなく粗野な気がする。

まあ、初車検、交換部品などないはず。が、まもなく連絡が。

続きを読む "初車検"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年11月 9日 (水)

懐かしのmars

このところ火星に精力を注いで、※「まーず」、疲れた。火星といえばMars。マースといえば・・・

※とても、大変に、の意。このあたりの方言ですかね(笑)

続きを読む "懐かしのmars"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

初めてのRegiStax (火星観測)

11月7日の晩は、遅い退勤でした。帰宅すると満天の星というより西から雲が広がり、かなり高度を上げた火星を隠すのも時間の問題か・・・急いで自宅の庭でEM-200を組みだしました。

すると、首尾よく雲は退散しました。透明度は今一。MT-160にOr5mm(200倍)で火星を観測すると、いままでとくらべてこれが同じ望遠鏡か?と思うほど良く見えます。火星の高度が充分上がっていたのと、なんとなく眠いような晴れ具合のシーイング良夜に恵まれたのでしょう。相変わらずレジスタックスのレジスタンスに頭が一杯のブタックス(笑)ですが、一応ビデオには収めることにしました。

waku_dv

運動会兵器としてもごく普通の、ビューカムです。これで惑星がしっかり撮れるのでしょうか??

ともかくやってみなければ・・・レンズ前枠に径27mmの短いアルミ製のフードが付属していますので、接眼レンズがはまるように内径を甲丸やすりで広げ加工しました。

続きを読む "初めてのRegiStax (火星観測)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月 6日 (日)

いつまでたってもダメな私ねー(火星観測)

昨夜11・5は晴れましたが、西から天気は下り坂。透明度は今3。ですが、気流は前回10・13よりはおだやかでした。口径16cmニュートン反射に200倍では、眼視でも暗部の模様が気のせいではなく、確認はできました。

が、撮影手法はなにも進歩してない。あいかわらず、銀塩時代の手法で、ある程度大きなイメージをつくることしか発想できませんでした。拡大率とISO感度を幾つか組み合わせてはみましたが。Or5mm引き伸ばし法で大きくして、ISO感度をやや上げたものが一番マシでした・・・というよりもたもたしているうちに火星の高度が高くなって条件が良くなったようです。

11・5の火星(21:48撮影)

mars05115_or5_2

MT-160望遠鏡Or5mmで引き伸ばし法。合成焦点距離?(9mよりは長い)/PENTAX  *istD  1/4sec  ISO400 トリミング

続きを読む "いつまでたってもダメな私ねー(火星観測)"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年11月 4日 (金)

もはやPENTAX Kiss D

赤外カット(IRC)フィルターを除去したKiss Dに、Kマウントを移植してしまいました。

pentax_kissd

開発の背景

・EOS-PKアダプタ、ボディキャップやレンズマウントキャップを流用して出来ないかと検討→直径の差が意外に少なく、素人では困難。旋盤等の設備で一体の金物を削り出せば製作は可能と信じるのだが。

・IRC除去でピント位置が約1mmほど奥になり、純正EFレンズの∞が来なくなった。EOS自慢のAFシステムも意味を成さない。

・手持ちのEFレンズはEFS18-55mmのみで、これも天文用には使いにくい。

・バック寸法がEFマウントより1.5mmほど長いPENTAX Kレンズなら、まだ0.5mmほど繰り出せば∞の合焦が得られる望みあり。

・望遠鏡のアダプタ類も、EOS用を買い足すのがわずらわしい(金がない・・・笑)。

続きを読む "もはやPENTAX Kiss D"

| | コメント (14) | トラックバック (1)

2005年11月 3日 (木)

祝!ココログ大容量化

あれー、使用容量が1.2%??? ココログプラスは100MB、そのうち使用は60MBあたりまで進んでいましたから。以前にこういうエラーがあったのでどうせそんな線さ、とおもいましたが、こんどは本物のようです。100MB→5GB!大盤振る舞いに感心。50倍ですからね。前ブログ信州5号を解体して少しずつ別館へ、なんてセコく容量をかせいでいたので朗報です。収入もある日突然50倍・・・なんてなるわけないよな。

こんなわけで、紅葉は圧縮率低くすると容量食うし、とか容量を圧迫してまで掲載する写真じゃないな、とかいう遠慮のタガが外れました。

さっそく、IRC除去改造+ボンクラいにしえ望遠レンズ→キモい星像の赤い星雲2態を。

「北アメリカ星雲」 撮影11月1日

ngc7000_1

PENTAX  Kiss D/smc PENTAX  1:2.5  135mm F3.4 2分 / ISO400 RAW  silkypixで現像

これ、いいレンズだと思っていたのですが・・・紫色のハロが見えます。

続きを読む "祝!ココログ大容量化"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005年11月 2日 (水)

改造キスデジ試運転

赤外カットフィルターを外したキスデジで、天体に初挑戦。煌々と輝く火星をわき目に・・・

「ペルセウス座」

per_all_sil

Canon EOS Kiss D/smc PENTAX-FA  1:2  35mm  AL  F2.8  2分23秒/ ISO400  RAW  silkypixで現像

続きを読む "改造キスデジ試運転"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »