« 初車検 | トップページ | すばる »

2005年11月11日 (金)

火星(11・7と11・10)

昨夜11・10は晴れてはいましたが、透明度今2のくせに11・7ほど好シーイングではありませんでした。それでも、MT-160に倍率200倍で観察すると、大シルティスらしき模様は見えます。

「11・10の火星 (22:44頃)」

mars051110

採用画像数n=464

11・7のRegiStaxの処理がイマイチすぎたので、もう一度やり直してみました。

「11・7の火星 (23:02頃)」

mars05117_180_re3

採用画像数n=529

共通データ:高橋MT-160望遠鏡(f=1000mm) smc PENTAX O-7接眼鏡+SHARP VL-NZ10ビデオカメラ望遠端でコリメート ビデオシャッター速度1/180sec 録画時間約28秒(記録画像数850コマ程度) Registax3で画像処理、Picture It!でリサイズ、縦横比調整。(横方向はトリミング無し)

前回はRegiStaxが動いただけで感動し、舞い上がっていましたので少し落ち着いて調整してみました。前回全ての画像が採用されてしまったのはProcessingのボックスのAutomaticにチェックが入っていたからでした。今回は、品質の悪い画像は採用しないことにしました。画像数はかなり減りましたが、得られる画像の品質はやはり向上するようです。

6列あるウエーブレットのつまみも2段目メインとし、3段目の強調は控えるようにしました。

感想:

・正確に間隔3日にすればよかったのですが・・・地球と火星の自転周期が若干ちがうので、模様の位置がすこし違います。火星も自転しているのだな~という実感が湧きました。

・やはりシーイングは11・7のほうが明らかに良い。RegiStaxのqualityのグラフもその通りに反映していました。

・そしてなによりの収穫は、Registaxのおかげで惑星観測に関心が出てきたことです。先人が盛んに大望遠鏡(例:ヤーキス102cm屈折)を火星に向け、模様を運河に見立て(高等生物の存在を想像した?)ワクワクした気持ちが少し分かるような気がします。

|

« 初車検 | トップページ | すばる »

コメント

おお、かなり鮮明な画像になりましたね。
自分のも、もう少し改善する方法を考えたいのですが・・。やはり10cmクラスのアポ鏡筒が欲しくなります。それともやはり反射でSE200とか銀次あたりで誤魔化すか。(^^;

昨晩は帰宅途中までは星が見えていたのですが、家に着くとすっかり雲が広がっていました。

投稿: ich | 2005年11月11日 (金) 12:55

>ich様

おかげさまで、RegiStaxへの道が拓けました。先月に比べたら、”自分比では”火星撮影はずいぶん進歩したように思いました。が、タカハシの15年くらい前のカタログにある火星の作例(FC-100で銀塩で撮った)に負けています。10cmでも条件がよければもっと写るんですね~。

10cmアポ・・・うーん、高嶺の花ですかね。シーイング良夜にしみじみと覗いて見たいです。
SE200、銀次・・・20cmのわりにお求め安いのですね。これまた魅力です。ビクセンの主砲はダメなんですか。口径的には威力ありそうですが。

画質的に・・・コリメート法はアイピースとカメラ側のレンズの相性が未知数です。が、カメラレンズのない引伸し法なら、アイピースを拡大投影用にするのも手かもしれません。持っていないので、実証できませんが。欲しいとは思っていますが。(笑)

雲、意地悪ですね。麻雀の切ると来ーるの法則みたいです(謎)。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2005年11月11日 (金) 18:15

4口径/20サンチ砲:(この言い方で合ってたかな? 笑)は、残念ながら惑星観望・撮影には無力である、というのが通説(?)のようです。
理由は巨大な斜鏡と極太スパイダーによるコントラスト悪化で、実際に木星で試した限りでは、13cm反射はおろかガイド用の8cmアクロにも及ばないような見え味でした。(^^;

主鏡の精度は定評のある機材なので、諸先輩の中には上記のスパイダーや斜鏡の改造・チューニングをすることで好結果を得られている方もいらっしゃるようですが・・。
短焦点ニュートンは光軸合わせも難物らしいですし、ちょっと手を出す気にはなりませんです。

投稿: ich | 2005年11月11日 (金) 19:12

う~ん、見事な大きさと模様です。
Registaxでの処理も試行錯誤されて、どんどんレベルアップされていますね。
そろそろ土星も好観望時期になってきましたね。かに座付近で呼んでいますよ♪
惑星観測はうちのような筒ではやはり非力すぎて、諦めが先にきてしまいます。^^;

投稿: Fuuma-mfuk | 2005年11月11日 (金) 22:50

>ich様

4口径/20センチ砲・・・主鏡の面精度は定評があるのですが、うーん、そんな問題があったんですか。(MT-160もスパイダーは特に細いわけではないので、眼視観測のときは十字の光条がちょっとうるさいです。)そして、それを克服する改造もあるとは、奥が深いです。でも難しい改造よりはSE200のほうが安いかも。何であんなに安いんでしょう。

>Fuuma-mfuk様

RegiStaxを試してみようと思ったきっかけは、天体写真PEOPLEで紹介でした。食わず嫌いなので、一人では何年経っても進歩しないと思いますが、blogやってるお陰で、刺激になりました。
今回は、自然さを意識してみましたが・・・なにか薄らぼんやりした満月みたいになりました。(笑)彩度やコントラストの調整も勉強がいりそうです。
これからは当地では気流の悪い日が多くなりますが、土星にも挑戦してみたくなりました。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2005年11月12日 (土) 09:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/7033961

この記事へのトラックバック一覧です: 火星(11・7と11・10):

» 火星 [今日の星空(+携帯)]
火星・RegiStaxつながり?でTBさせていただきます。昨晩、今季初めての火星拡大撮影に挑戦..うーム(悩)[言い訳]シーイングが悪くて..??(笑) [続きを読む]

受信: 2005年11月11日 (金) 22:07

« 初車検 | トップページ | すばる »