« 火星(11・7と11・10) | トップページ | 旧キスデジの電源事情 »

2005年11月12日 (土)

すばる

IRC除去&Kマウント化改造”PENTAX”Kiss Dを反射光学系で撮ってみました。自宅庭先なので光害がひどく、ピントの確認程度です。

「M45:すばる」

m45_subaru

"PENTAX" Kiss D/MT-160+レデューサー D=160mm f=768mm F4.8/露光187sec  ISO800  RAW  (11・5 22:58撮影)

さすがに反射光学系では、色収差は感じられません。斜鏡を支えるスパイダーのせいで十字に光条が出ます。個人的には「M45はこれでなくちゃ」気分が出ません。それは、幼少のとき刷り込まれたスバルのエンブレムのせいでしょう。

subaru_mark

個人的には、M45に比較的忠実な旧エンブレムが好きです。潜在的スバリストかも・・・

なぜなら、我が家初のマイカー、それはスバル360。(注:これは私の家ではありません)

ある日保育園から帰宅した私は、(当時すでに中古の)スバル360とご対面。親はうれしそうでした。私は内心「なんでスバルなのか?マツダキャロルが格好いいのに。」と思ったし声に出していた。「あれは力がない。スバルがいいんだ。」とオヤジ。ふーん。

subaru360

オヤジはメカに詳しいほうではない。その都度、エンジン始動が難しそうでした。しまいには「お前が乗っているとエンジンがかからない。降りて待っていろ。」だって。スバルが悪いのかオヤジが下手なのかはわかりませんでした。でも、ひそかにスバルファンの芽がそだっていたようです。

自分が社会人になって、うーん、何台目だったか、スバリストを実行する日がやってきました。スバルの伝統水平対向で行けばよかったが、もう一つのお家芸RRを選んだ。よりによって、スバルドミンゴ。

domingo

5ナンバー1tを切るコンパクトボディ、7人乗り、四輪独立懸架、4WD、ロードクリアランス210mm(だった?)私的には理想的なスペックが揃っていた。

が、完全手動チョーク、点火系漏電トラブル、負荷が重いとエアコンが切れる、燃費はまあ11km/L、3気筒エンジンの振動がアイドル付近でものすごくキャビンをゆする。粘りはあるが吹き上がりの重いエンジン・・・スバリストはそう長く続かなかった。

いつかは、もう一つの伝統「水平対向」、できれば、スバルの星の数だけシリンダーのあるやつがいいな。このあいだシエンタ買ったばかりだろf(+_+)☆\(-_-#)バキッ

|

« 火星(11・7と11・10) | トップページ | 旧キスデジの電源事情 »

コメント

いやぁ~、やはり光条(というんですか?)のあるすばるは見応えがあります。
実はうちも初の自家用車はスバル360でした。その次はレオーネに代わり、ドアの開く方向が逆なのに驚きました(笑)。そして次にサンバーとサンバー4WDを乗りつぶしてスバル時代は過ぎ去りました。
今は妹が某旧財閥傘下電化製品メーカー務めなので、父がパジェロIO、母はパジェロミニ、僕はパジェロJr.。エンジンが頑丈で底が高いということが車の選択基準です。(笑)

投稿: Fuuma-mfuk | 2005年11月12日 (土) 15:47

Reflex people(笑)のichです。

>M45はこれでなくっちゃ・・
画像を一見して、私の頭の中にもスバルのエンブレムが浮かびました。(笑)
残念ながら、私はスバリストの経験はありませんが、元飛行機少年としては、航空会社の血を引く(って、今でもそうでしたね 笑)メーカーには頑張って欲しいです。
もちろん、かの財閥系メーカーにも。ツインキャブ時代のランサーGSRには結構憧れました。

投稿: ich | 2005年11月12日 (土) 20:07

>すばる(M45)画像
16cm反射のポテンシャルをあらためて感じさせられます。
>スバル360
おぉー、懐かしい..
我が家の1stカーはダイハツで、2台目がホンダN360でした。
初めて自分のサラリーでクルマを買う時、中古N産と中古レオーネが候補に上がり..
..結局、N産でした。価格が違った..(笑)
以降、現在まで試乗会だけで富士重工のクルマとは縁がありません..(残念)
>財閥系
現車の前がスペース○ヤ4WDでした。
力強いディーゼルは黒煙が酷く、周囲に威圧感を与え、取り回しは×。
..で、手放しました。
現在、営農用軽トラ(ミニキャブ)と爺様自家用(コルト)の2台居ます。

投稿: Ken28 | 2005年11月13日 (日) 00:31

>Fuuma-mfuk様

本来、このスパイダーによる光条は、天体観測には有害なものですが・・・ムード派には、時として有効です(笑)
今度は、筒を回転して、よりスバルのエンブレムに近いのを、とたくらんでいます(笑)
おっ、お仲間が>スバル360。代表的な国民車だったのですね。
エンジンが頑丈で底が高い:明快ですね。私は、I社の”大角羊”に乗っていたことがありますが、財閥系車はライバルとして常に注目しておりました。しかしI社は経営体力が頑丈でなかったようでorz

>ich様

Reflex people:13cm、20cm短の次はぜひ20cm長を。f(+_+)☆\(-_-#)バキッ
IRC除去により、色収差による星像のにじみが殆どない反射系が、また好きになってきました。私も実は、前は一回り小さいMT-130でした。スパイダーが3本吊りなので、光条が十字になりません・・・まさか、そんな理由で乗り換えたなどとは・・・いえるかも(笑)

(かすかに記憶があるのですが、光条の弊害を抑えるアンチディフラクションマスクというものがあったような気がします。)

元飛行機少年:そうだったのですか。大空に夢を持つって、いいですね~。その昔、CMでは「ジェット機からスバルまで」っていってましたっけ。
財閥系は・・・耕運機の「メイキエンジン」のプレートが妙に思い起こされます(謎)

>Ken28様

16cm反射:今度はちゃんと暗いところに遠征して、これぞスバルのエンブレム、といえるような作品をしとめたいです(笑)

中古レオーネ:実は本エントリのドミンゴはもらい事故で側突され、運転席ドアは凹みガラスが割れ、スライドドアも凹んでいます。
この修理中、代車にレオーネがきました。わざとエンジンをぶん回して、ポロポロ・・・というサウンドを楽しんだら、かなり燃費が悪かった記憶があります(笑)。

財閥系:宇宙歯車ですね。車って天体関係の命名がけっこうありますね。その前のデリカ”星箱車”は以前職場で大流行してました。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2005年11月13日 (日) 16:40

十字の光条もM45に至っては技ありですね!私も元スバリストなので反応してしまいました(^^)/
それにしてもマジックでPENTAXとは漢らしすぎで激しく感動いたしました!!

投稿: yoshi | 2005年11月16日 (水) 01:35

>yoshi様

おお、元スバリスト・・・お仲間ですね。
そういえば、Kenkoかどこかで、わざわざ十字の光条を出すフィルターがありました。
今度はもっと、すばるぁしいスバルを撮影したいと(苦しい)
マジックPENTAX・・・baja様のご好意により、近日中にかっこよくなる予定です。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2005年11月16日 (水) 15:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/7060428

この記事へのトラックバック一覧です: すばる:

« 火星(11・7と11・10) | トップページ | 旧キスデジの電源事情 »