« 箱根登山鉄道(2) | トップページ | 定点観測:今日の169 »

2006年1月15日 (日)

びっくり、ニコンの決断

ニコンの銀塩からの事実上の撤退・・・Yahoo!ニュースで知りました。正直、「意外に早かった。」とショックを受けました。FM3AやRFカメラの復刻など、慈善事業ともおもえる余裕。今もカタログには豊富なMF交換レンズ群。この間ごそっとレンズを整理したP社とは違い羨ましくも思えた。今後もフィルムカメラ文化を支えてくれるのだろうな、という見通しは甘かった。

ペンタックス一筋のふりをして来たぶたっくす、ニコンを語る資格はないに等しいのですが・・・Nikon FMとAi Nikkor 35/2をひそかに使っていた時期があります。ペンタから35mm単焦点レンズがカタログから消え、35/2の中古もなかなか手に入らず、窮余の一策として(笑)。↓わずかに残っている、意味のない作例。

「未唯(ねこ)」

mie_nikkor352

不気味な表情ですが・・・ボケ味はわりと豊かで素直。smc PENTAX M-35/2より大人びた描写か。

「柏崎刈羽原発・・・原子炉核燃料棒」

genshiro_nikkor352

見学者としてですが、このとき、なんでここにいたのか(笑)

Nikon FM、 Ai Nikkor35/2、ISO400カラーネガ

smc PENTAX-FA35/2ALが世に出てから、このNikonシステムは自分の中で存在が薄れ、ロクナナ用の75/4.5に化けてしまう。

   ------------------------------------------------------------------

F6、FM10は継続するのだから、撤退と言い切ってはいけないのではあるが。

しかし、F6はともかくなにゆえFM10なのか。答えは明白としても。

残すならFM3Aを・・・という希望は多いに違いない。が実際、その額の新品を買うかというと微妙、買うなら無理してでもD200かなぁ・・・(私もニコンファンならそうする)というのが、そもそも銀塩終焉なのだ。

ブームというのは一社だけでは続かない。競合他社の存在があってはじめて盛り上がってくると思う。が、ニコンがこれでは、これ幸いと他社も銀塩の新規開発はもちろん、生産も幕を下ろしてしまうのではと。

   -------------------------------------------------------------------

我がペンタックスはというと、

アクセサリーカタログ05・11をみると、35mmフィルム一眼は*istとMZ-60それにMZ-Mだけがあるようなシステム図です。645NⅡと67Ⅱは値上げして一応継続ですが。ひそかに67Ⅱ用レンズからタクマー最後の砦600・800・1000mmが消えているのはやむを得ないというべきか。

ここまで時代が進むと、中判も安閑としていられないはずだ。645デジタルの出来が悪いと、マミヤやフルサイズデジタル一眼に飲み込まれていくだろうし。出来が良ければ645NⅡはおろか67Ⅱも自ら廃業に追い込むのではなかろうか。

まあ、趣味としてはそんなに深刻にならずに、フィルムのある限りは(これも近い将来寝言になる可能性はあるが)優雅な銀塩写真を楽しめはいいことで。

|

« 箱根登山鉄道(2) | トップページ | 定点観測:今日の169 »

コメント

ユーザーであるか否かとは別として、Nikonが出し続ける限りは・・という想いは、写真趣味人なら共通の認識だったんじゃないかと思います。冷徹に考えれば経営の判断としては遅すぎるくらいだったのだろうとも思いますが・・。

>F6とFM10 ボトムのFM10を残したのはある意味象徴的だな、と思ったのですがこれってOEM品なんですね。(^^; 実質はフラッグシップだけ残したということになりますか。
うーん。

投稿: ich | 2006年1月15日 (日) 12:37

こんにちは、ichさんも仰っていますが、私も経営判断としては最後の最後、ぎりぎりまで粘って残してくれたのではないかと思います>銀塩。
アナログレコード同じように、フィルムカメラも、ハイエンドと必要に迫られた超入門用の二極分化していく(実際そうなってますが)のでしょうか。

私もブログでちょっとつぶやいたのですが、フィルムスキャナもやめてしまうのかしらとか思ったりもします。F6がある限りは存続しそうですが、アマが買えるローエンドは最初に打ち切られるような気がしています。

個人的には、写真さえ撮れればいいと思っていますので、触って気持ちのいいデバイスが今後、デジタルでも増えてくれれば申すことはありません。
各所の評判を聞くと、D200はその歴史の転換点としてNikonはリリースしたのでしょうか。

でも、OMとLXはまだまだ使いたいです。

投稿: Tohdo | 2006年1月15日 (日) 14:39

この先、フィルムメーカーの動向が気になるこの頃です。
下手に銀塩フィルムをストックしていても、巷からDPE店やラボが乾式処理(デジタル)へ
本格移行しまうと..いつまで存続してくれるのやら..(怖)
 ↓
環境問題も大きな要因?と思っています。
 ↓
銀塩の衰退→廃止は今後急速に進みそうな予感がします。
 ↑
学校の理科室とか写真部の暗室には現像タンクや引伸器が埃を被っています。
#DPE店やラボは、処理後の廃液をどのようにしてるのでしょうか?

投稿: ken28 | 2006年1月15日 (日) 22:43

>ich様

経営の判断としては遅すぎるくらい・・・:RFカメラの復刻のときも、そんな遊びしていないで、そのマンパワーをキヤノンとの対決に注ぐべきだ、なんていう雑音?も聞こえてきました。
いつかこの日は来るとは思っていましたが、一気に来ました。もう少し緩やかに移行するのかと思っていましたが。

FM10、これをニコンと呼べるかなどと意地悪をいっていますが、このコシナのベースメカがそれだけ時代のニーズに適応できるものだったのでしょう。手巻きフィルムカメラも残すのはすばらしい経営判断とも。もともとはコシナはKマウントで出していましたから、ペンタックスもMX10として売り出せばいいのに(絶対やらない・・・笑)

>Tohdo様

ぎりぎりまで粘ってくれた結果、一気にきた感を強調させたのでしょう。もうすこし緩やかに移行するかと思っていました。

写真が撮れればいい:私も、おおかた、デジタルでもいいかなとは思うようになってきました。
でも、まだデジタルでは出来ない、または不利、またはわずらわしい撮影対象・・・主として感色性、ノイズの問題・・・もあるのです。(例:超長時間露光による星の軌跡)
銀塩ではフィルムを替えればローエンド機でも容易く出来る、こういった特殊分野もデジタルでこれといった回答がないまま、デジタル一辺倒になっていくことに、少しだけ憤慨を感じます。まあ、近い将来こんな呟きが「寝言」になることも期待してますが(笑)。
ニコンもいよいよデジタルにマンパワーを結集、そして巨頭キヤノンに対峙していく様を傍らから観戦することにします。

>ken28様

銀塩の衰退→廃止・・・衰退は思ったより急でした。でも全面的に廃止になるのはまだ先ではないでしょうか。(希望的観測にすぎない)きっとLPレコードを今でも聴きたい、プレーヤの発売も細々と続いている、程度の需要はあるのではないかと(これも近い将来、寝言となるかも・・・笑)

なにかで聞きかじっただけですが、環境負荷がないとはいえませんが、ラボでの廃液から銀を回収するなどの技術はすごいものがあるようです。

現像所がなくなれば、自分で現像すればいいのですが、フィルムがなくなれば・・・さすがに・・・
儲けがなくなれば、いつでも止めたいのはカメラメーカーだけでなくフィルムメーカーもいっしょではと考えると、産業としての終焉の日はいずれ、くるかもしれませんね。


投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年1月16日 (月) 12:36

>いつでも止めたいのは・・
コニカミノルタが、フィルムも含めてフォト事業から撤退だそうですね。そんな話は前からあったようですが。

そのうちに銀塩をやりたいときは、乾板を自分で作るところから、なんてことに・・。(^^;
それも趣味としては面白いかもしれませんが、コンパクトに枚数を撮るにはちょっと・・でしょうね。(笑)

投稿: ich | 2006年1月19日 (木) 21:43

>ich様

コニカもミノルタも老舗だったのに、カメラばかりかフィルムも撤退とは。。。びっくりというより淋しいというしかありません。αスイートDはけっこう売れていたようにおもったのですが。

コニカAcom1の宣伝:交換レンズをかえながらこればっかりは換えられない・・・とカミサンを
f(+_+)☆\(-_-#)バキッ。

ミノルタ:今のきみはピカピカに光って・・・
というのも懐かしい宣伝でした。
これをペンタックスフォーラムで口ずさむおマヌケもおりましたが(笑)

フィルムがなくなると、乾板から作るのが銀塩道の第一歩になるのかなぁ。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年1月20日 (金) 14:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/8168899

この記事へのトラックバック一覧です: びっくり、ニコンの決断:

« 箱根登山鉄道(2) | トップページ | 定点観測:今日の169 »