« ESPIO miniで天体写真をとってみた | トップページ | AUTOの効かないLXなんて »

2006年1月31日 (火)

銀塩よ、永遠なれ(カノープス)

いま、自分的に、なんとなく銀塩にバイオリズムが傾いている。理由はあるようでもあり、どうでもいいような気がする(笑)。

・ニコンの事業縮小、コニカミノルタの撤退・・・もあるかもしれない。

・PENTAXデジイチの進歩の遅さ・・・もあるかもしれない。同じ基本骨格でわずかな差しかないたくさんの兄弟。SP→SPF、SPⅡ→KM、KX→K1000で30年強。MZ然り。効率的な資本回収で会社を維持しているというなら、このご時世、文句は言うまい。いや、少しはいうかも。

「カノープスいでつ」

canopus06123_67b

ASAHI  PENTAX  6×7  /SMC  TAKUMAR/6×7  1:4.5/75 開放 エクタクロームE200  撮影1月23日

・アンシャープかけ過ぎなのは分かっています(^^;)  富士山をなんとか出したいので。どこかわかりますでしょうか。

・いくらブロアで吹き飛ばしても埃が取れない・・・フラットベッドスキャナのガラスの内側に埃が。きれいに出来たら、そっと画像を差し替えます(^^;)

「あまのはら ふりさけみれば 信濃なる 八つの山に 這いしカノープスかも」(謎) 

canopus06123_67

「小諸70円140円の夜景」・・・フィルム代+現像代1コマあたり。どこそこの100万$の夜景に比べてうすら淋しい意味もあります。

mimaki_night

SMC  TAKUMAR/6×7  1:2.4/105  絞り3.4

○デジタルより、星の色が豊か。記憶色、フィルムの個性・・・ひょっとしたらデジタルのほうが忠実なのかもしれないが・・・見たときの感動が、より蘇るのは銀塩。

○フィルムさえ替えれば普及機でも最新の画質。赤外写真など、目的に応じて専門性の高い使用ができる。メカカメラなら電池の心配なし。撮像素子の埃問題も、熱ノイズ問題もなし。天文機材は暗闇で扱うので、普及機で充分。中判も中古は安くなった。デジタルは撮像素子にこだわると高価な機材となる。

○ラージフォーマットは同じF値でも微光星が写る。(デジタルのラージフォーマットはいまだ高嶺の花、天文適正も?)

○より高度な画像処理は、パソコンの乗換えを迫る。のろくて我慢できない。デジタルはランニングコストは低廉だが、初期投資は巨額。そして陳腐化も早い。

○プリントに残すなら銀塩。お店プリントも結果はつまりは銀塩。しかしこれにしてもコンデジからのプリントはなんと醜い画質か。見た目のシャープ感の辣な強調、変な色。一方おうちプリントのインクジェットは遅い、インクが高い、保存性×・・・”つよインク”でエプソンにしているが、インクがかなり残っているのにインク交換は腹が立つ。(←保存性さえクリアしてくれればキヤノンに寝返るつもり。)

一方、銀塩にも悩みはある。

●ウェブに乗せるには銀塩はデジタル化が必要。ポジ原版の感動的な美しさがなぜスキャナを通すと死んでしまうのか。少なくともポジはデフォルトで忠実に、きれいに再現することが何故出来ない?

●イメージサークルの大きな望遠鏡は、余りにも高価。APS-Cサイズなら、選択肢も豊富。

●フィルムを替えれば最新の画質→フィルムが製造中止になればお手上げ。

●速報性の点では、やはりデジタル。

●撮影データの記録がデジタルでは自動的になされる。

デジタルの利点、そしてゆくゆくはデジタルをやらざるを得ないことは十分理解しているつもり。そこで、直焦点はすぐ結果が分かるデジタル(失敗するとショックが大きい・・・笑)。星野など比較的広視野な対象は、いろんなフィルムの個性=銀塩でもっと楽しもう、と思う。

 

|

« ESPIO miniで天体写真をとってみた | トップページ | AUTOの効かないLXなんて »

コメント

なにやらよからぬ情報が続きますね。(^^;

ビジネスとしてフィルムはどうかっていうのがあるんでしょうけど、一方で文化であり表現ツールだったりするので、絶滅はないと思ってます。
選択の幅が狭まり、お高くなるかもしれないですけど。
正直言って、ここまで高画質のフィルムがあると、もう新規開発なんて「しなくてもいいから、今のラインナップを存続だけしてくれればそれでいい・・・って気がしてきます。(^^;

個人的には、昨今の成熟したフィルムで撮っておけば間違いないかな、と思っています。デジタル化は容易にできますし。:)

投稿: ライナス | 2006年2月 1日 (水) 01:26

なるほど。
(保存環境さえ気をつければ)銀塩の方が効率よく保存でき、すぐ見ることができますね。
デジタルでは、CD-R等の記録面は、無数の溝がピカピカ光るだけで機械にかけないと
中身(画像)が分からない..(爆)
>インクジェットプリンタ
我が家も以前は諏訪市?の企業製でした。
私自身は年賀状印刷に使うだけですが、家族が印刷にインクを大量消費するもので、
リ○ーのジェルジェット式に替えました。
写真画質?は諏訪製や観音に負けますが、インク代は少なくとも1/10以下です。
家庭用プリンタで印刷しても..という気持ち(やっぱラボに出さないと)があります。

投稿: Ken28 | 2006年2月 1日 (水) 07:10

>ライナス様

こうしているうちに富士写の”リストラ”が発表されました。
それとは別ですが、2割くらいの値上げなら、維持してくれるのなら・・・とは思いますが。
コダックも「需要のある限り」と断り書きがあるし・・・。
新規開発、特にネガカラーは感色性のメーカー曰く改良のたび、おとなしくなり天文屋にはつまらなくなりました。
久々に赤外写真を撮ってみたくても、コニカ赤外750はすでに在庫無しとか。少しずつしかし目に見えて、選択の幅は狭まっています。

銀塩・・・私は、存続が危惧されて、初めてそのありがたさに気付いたというところです。今残された選択肢の中でも、まだ自分的には未開拓のフィルムもあるので、存分に楽しんで行きたいとは思っています。

>Ken28様

プリントなら、アルバムにでも整理しておけば、ITの知識0の婆様でも好きなときに見ることが出来ますし・・・

#リ○ーのジェルジェット式:インク代1/10は魅力ですね。知りませんでした。

なんだかんだ言って見ましたが、所詮は銭無しIT難民のたわごとですね(恥)
それぞれの事情で揃えてきた機材、私はたまたま銀塩主力だったというだけなのかもしれません。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年2月 1日 (水) 21:18

大きな判はやはり良いですね。今なら中版の機材も(中古であれば)比較的容易に手が届くなぁ・などと、ちょっと思ったりしました。(笑)
まあ、まずは手持ちの機材の活用が優先ですが。
富士のニュースは今朝の新聞で知りました。
銀塩の方はもとよりですが、デジタル部門もそう甘い状況では無いようですね。

投稿: ich | 2006年2月 1日 (水) 23:52

中版銀塩でしかもカノープスですか、味のある作品ですね。良い空の色です。

しかしあらゆる方面でデジタル化の影響が大きいですね・・こうなるとやはりジャンルはともかくとして、写真を趣味とするものとしては出来るだけ積極的に銀塩で撮って行きたいものですね。
・・というわけで2月のマンスリーテーマは「銀塩で・・」です。(笑)

投稿: Fuuma-mfuk | 2006年2月 2日 (木) 01:07

> 今残された選択肢の中でも、まだ自分的には未開拓のフィルムもあるので、

そうなんですよ。自分は写真歴が浅いので、これからって時に…と思わされます。
カメラもレンズも欲しいものは大体手に入れたし、あとは撮り続けていくだけ…と思っていたところでした。

投稿: ライナス | 2006年2月 2日 (木) 01:48

>ich様

大きな判:性能も使いこなしも満足いっていないスキャナを通して・・・というハンデがありますが、それでも階調の余裕みたいなものは感じます。

中古の中判機材は、ちょっと以前には夢のようなフレンドリーな値がついていて、逆説的にデジタル普及に感謝すべきかも(笑)
私のロクナナ機材は100%中古です(笑)・・・ペンタックスさん、ごめんなさい。いや、かつてSMCP67-200mm望遠だけは新品購入でしたが。

ichさんもこの辺で中判どうですか。f(+_+)☆\(-_-#)バキッ

富士の今回のアナウンスはフィルムのラインアップへの影響については抽象的な感じですが、あの富士でさえ厳しいとは・・・大変な時代になってしまったなぁ、と思いました。

>Fuuma-mfuk様

#空の色、こんなに青くは無かったと思います。E200の個性?ですかね。こういった個性を楽しむのもいいと思います。同時に*istDでも撮影していますが、富士山を出そうと画像処理すると醜くなってしまいます。町明かりによるかぶりと星の輝きの対比がデジタルと違うように思います。

デジタルも銀塩も、まだまだ奥が深いと思うわけですが、デジタルは”浦島太郎”にならない程度に手がけつつも、ちょっと銀塩を深めたいな、と思っています。

2月のマンスリーテーマ・・・銀塩詰めて、きれいな空で、じっくり露出をかけてHα天体と向き合ってみたいものです。

>ライナス様

#写真歴が浅い・・・いえいえ、銀塩もっとやってみたいな、というのはライナスさんの作品を拝見して、というのが効いています。
写歴だけは長くても密度の希薄な私など、ウェブ上で刺激を受けなければ熱も冷めていたに違いありません。

#これからって時に・・・天文適正のあるフィルムはぜひ継続供給をして欲しいと願うばかりであります。”改良”をして、天文人には改悪なんてならないように。
富士のフォルティアシリーズみたいに現状維持+新提案なら歓迎ですが。


投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年2月 2日 (木) 11:39

> 富士のフォルティアシリーズみたいに現状維持+新提案なら歓迎ですが。

そうですね。理想的だと思います。
いとも簡単に豊かな階調とキレイな色が出せるシステムなんですから、ぜひ継続して欲しいものです。

投稿: ライナス | 2006年2月 3日 (金) 01:19

>ライナス様

こうしているうちに、自分自身では確認したわけではないのですが、聞くところによると、コダックのE200の220は製造中止?
入手難?になった模様ですorz

富士も、新提案する余裕があるといいのですが・・・

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年2月 3日 (金) 14:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/8436709

この記事へのトラックバック一覧です: 銀塩よ、永遠なれ(カノープス):

« ESPIO miniで天体写真をとってみた | トップページ | AUTOの効かないLXなんて »