« 山里は・・・ | トップページ | あさぼらけ・・・ »

2006年2月19日 (日)

PENTAXは意外と元気・・・なのか。

このごろPENTAXはコンデジA10、T10、M10、W10を雨後のたけのこ(失礼)のように発表しました。それに、ベトナム工場増強・・・レンズ生産力増強だという。意外に元気なのでは・・・と。

元気ならいいのですが、から元気、まさか・・・いたちの最後っ屁ではあるまいな(笑)

しばらく振りにPENTAX HPを覗いてみると、麻雀の”だまテン”ではないが、見逃せない変化がおきています。

・APSカメラ・・・全滅

・フィルムコンパクト・・・一機種を残すのみ。

・35mm一眼レフ・・・*ist、MZ60、MZ-Mのみ。

・DSLR・・・さすがに*istDは過去のものとなりました。

おお、これで我が家のデジカメはメーカーHP上からもすべてカタログ落ちということに(笑)

そして、

・35mm交換レンズ・・・いつのまに、ごそっと整理されていた_│ ̄│○ │││最近のレンズカタログにはのっていたFA20/2.8、FA☆ 1:2  24mm  AL、FA☆ 28-70/2.8,、FA☆ 300/4.5も廃止とは。どうもペンタックスはフルサイズデジタルはやらないと腹を決めたのだろうか。それにしても、FA☆85/1.4もそうだけど、描写は高評価のこれらのレンズを止めるのは惜しい。時代の要請だとしても、”次を出してからの”終了にしてほしかったなぁ。

実は1・16宛で「HPとカタログで現行ラインアップのレンズが食い違っているがなぜか。いずれも不特定多数が見ることの出来るものなので、矛盾ではないか」という旨を聖地に質問したのだった。一応丁重なお返事はきました。が担当部署に送付しましたというばかりで”なしのつぶて”だな、と思っていました。たまたまとは思いますが、こうも整理されたHPを見ると時代の流れを感じずにいられません。

ついでにFAJ18-35mmレンズ・・・一覧表にはこの間までNEW!が付いていましたが、オンラインショップでは製造終了と。さすがに今回、このレンズのNEW!はきえていましたが。

|

« 山里は・・・ | トップページ | あさぼらけ・・・ »

コメント

PRNTAXのサイトは、しばしば見に行っていたはずでしたが、確かに激変ですね。
>ペンタックスはフルサイズデジタルはやらないと・・
みたいですね。何しろ交換レンズのページでは28mmが標準、50mmが望遠のカテゴリですから。
ということは銀塩の先行きも言わずもがな・・なんとなく、きちんと宣言したNikonの方が筋が通っている気がしてしまいます。
PENTAXファンは割と生真面目な人が多い(?)ような気がするので(苦笑)そういうところを気にする人が多いんじゃないかと、ちょっと心配です。

投稿: ich | 2006年2月19日 (日) 22:34

私も時々心配でチェックしておりましたが
FA20/2.8、FA☆ 24mm/2 AL、FA☆ 28-70/2.8…
HPに行ってみました。やはりなくなっているみたいですね。
FA☆28-70を密かに狙っていたのですが、まだ大丈夫だと
思って先日、他のレンズを買ってしまいました。
予算の前倒し交渉をして、どうにかしなければ…

投稿: うなむ | 2006年2月20日 (月) 10:51

>ich様

情報の早い人のうわさは逐次入手してはおりますが、メーカー公式見解のHPで激変となると・・・うーん、そこまで時代の波は押し寄せているのだなあと思わずに入られません。
情報の早い人は、FA☆85/1.4はもう終了らしい、とかMZ-Sは終了だとか、ずいぶん前からつかんでいたようですが・・・。

終了を宣言するしない、はメーカーのいろいろな事情はあるのでしょう。それはそれでしょうがないのかと。ひょっとして、他社も含め、現行ラインアップでもすでに終了のもあるかもしれないし。個人的には、ニコン方式のほうが納得いくのですが。

ただ、同じメーカーの公式見解のはずのHPとカタログでラインアップが異なるのはどうかと。しかも、HPのほうが情報が古い(笑)のはいかがなものかと思った次第です。

>うなむ様

FA☆28-70・・・おおっ、それは早めのほうがよろしいかと(羨望)
どこから仕入れてくるのか、情報を早くつかんでおられる人もいるようで・・・あまりまに受けないようにしていたのですが、火のないところに煙は立たない、といわざるを得ません。

某ペンタックス開発者の嘆きに「わが社のファンは終わると知ってから急に欲しがるので・・・」というのがありました。私も例に漏れずそれなのですが(笑)
が、むしろ、「いついつまでに終了するので、欲しい人は今のうちに」という最近のニコン式?のほうが売れるのではと。


投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年2月20日 (月) 14:24

う~ん、銘レンズもデジタルで焦点距離換算が変われば使用頻度の低いレンズとなるのでしょうか、はたまた高品質なものを求めつつもなかなか新品を買ってくれない大半のユーザー(笑)には愛想が尽きたとでも言うのでしょうか・・。

古くからの中古も互換性に支障なく、玉数も多く流通しているのが会社の財産だという以前からのメーカー側の見解もあり・・長く生産・アフターを続けていくために、潔く少しでもムダを省いてゆくのは切実な企業努力と言えるのかもしれませんね。
新品でなくてもいいんでしょ?と言われれば、個人的には返す言葉もないわけで・・(笑)
一ユーザーの意見です。^^;

投稿: Fuuma-mfuk | 2006年2月20日 (月) 21:23

>Fuuma-mfuk様

コンタックスの廃業を思うと・・・少数の”高級クラブ”だけでは採算の合う事業にはならないのだなあ、と思います。きっとPENTAXを支えているのは一部のこだわりマニアではなくて、運動会機材のような大衆PENTAXなのでしょう。
自分自身”欲しい”と”買える”が両立するようなものは新品で買っていますが、☆レンズは中古だし・・・(笑)
でも、☆レンズみたいなのは、PENTAXに心をつなぎとめておくシナジー効果を発しているわけです。単に採算で消していくと、ファンは一人、また一人と離れていくに違いない。

銀塩もフェードアウト、フルサイズデジタルも当面だせそうもない、そんな苦しさも垣間見れます。

体力が回復してきたらDA☆レンズとしてでも復活されることを望みます。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年2月20日 (月) 23:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/8741947

この記事へのトラックバック一覧です: PENTAXは意外と元気・・・なのか。:

« 山里は・・・ | トップページ | あさぼらけ・・・ »