« Kiss Daの色 | トップページ | PENTAXは意外と元気・・・なのか。 »

2006年2月18日 (土)

山里は・・・

山里は 冬ぞさびしさ まさりける 人目も草も かれぬと思へば

yamazato1

PENTAX LX smc PENTAX-M40/2.8  AE エクタクロームE200

元の歌のまんまやんけ・・・

夏はそれなりに観光客で賑わうけど、冬はさっぱり。また、春夏秋はホームにお花が咲いたりツタが色づいたりしますが冬は枯れ・・・。陽は冬なりにさんさんと降り注ぐのに、なにかさびしげな風情とおじさんの心です。昔は上野まで直通していたのに、一ローカル線に成り下がったからだろうか。

フルサイズで使う40mmの画角はなかなか新鮮です。あーあ、天体用にとっておいたエクタクロームE200、使ってしまったが(笑)、この個性的な発色はタマラナイ。故障LXも、ISO200までは露出もまともです。

|

« Kiss Daの色 | トップページ | PENTAXは意外と元気・・・なのか。 »

コメント

>E200消費  これもKiss Daがあればこそ、でしょうか。とはいえ、実は星の写真もあったりしませんか?(笑)

>M40mm やはり銀塩で使うと良い感じですね。DSLRでは28mmくらいで同じような画角になりますが、星景も含めて風景写真には合う気がします。
先日キタムラですごく綺麗な琢磨28mm/F3.5(専用フード付き:9.8K円)を見つけたのですが2日ほど躊躇していたら無くなってしまいました。惜しかったなぁ。

投稿: ich | 2006年2月18日 (土) 20:10

>ich様

>E200消費 確かに、実はご高察の通り、星の写真・・・固定法で数枚・・・撮りましたが。Kiss Da誕生以前の消費なのです。

>M40mm・・・発売当時は準標準なんていわれていました。準広角のような気がしますが。
50mmより広々とした感じがいいな、と思いました。
DSLRでは28mm程度・・・DAレンズ開発ロードマップでもこのくらいの薄型が出るはずだと・・・

本家HPをみると、準標準という言葉が復活しているんですね。
←間違い。やはり準標準という言葉は消滅していました・・・
(最近HP上のレンズカタログもばっさり整理したようですが。smc PENTAX-FA☆ 1:2 24mm ALもカタログ落ちとは・・・)

実はこちらのキタムラにも琢磨28、55、200mmがお手頃価格で並んでいました。将来観音にも使えるので?ふらふらっときましたが、55mmのみ1k+αで確保しときました。後日残りも・・・と思っていたら・・・やはりキレイさっぱり売り切れてました(ショボーン) やはりこの手の商品は思い立ったが吉日ですね。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年2月19日 (日) 09:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山里は・・・:

« Kiss Daの色 | トップページ | PENTAXは意外と元気・・・なのか。 »