« あわれなtodayにも音楽を! | トップページ | なんちゃって赤外線写真 »

2006年2月10日 (金)

月夜のカノープス

前回と変わり映えはしませんが、月齢12程度でも、良く晴れていればカノープスは眼視でも見えることは分かりました。

cano06210_24mm

PENTAX *istD/smc PENTAX-FA☆ 1:2  24mm  AL→F3.2 20:32より43sec / ISO200 RAW

こもろ市に うち出でてみれば 白妙の 富士とは他人の カノープスかな

cano06210_75mm

PENTAX *istD/SMC  TAKUMAR/6×7  1:4.5/75 開放 20:39より36sec / ISO200 RAW

・自分的には銀塩愛好月間なのに・・・フィルムの入っていないほうの6×7を持ってきてしまいましたorz・・・やむを得ず代打で使った*istDはCCDに大きな埃・・・嗚呼。

・月の光のお陰で、雪を抱いた富士山はかすかに浮かび上がりましたが、カノープスと有機的なコラボを演じるには離れすぎでした。

・三洋のニッ水、”エネループ”を試験中。凍死馬(関係の方いたらごめんなさい)のニッ水は寒いところではリフレッシュして満充電しても、バルブで数十秒1,2コマ撮ると私のPENTAX  *istDはフリーズしてしまいますが、エネループはこの寒空のもと、カノープスが沈むまでの撮影の間、終始安定して使えました。気軽な撮影には心強い味方になってくれそうな予感。しかし、まだ三洋の充電器を用意していない。他社充電器で充電したらどうなるかが懸念材料。900円だろっ、そのくらい買えよと聞こえるような(笑)

・ここでカノープスが山すそに没を見届けてM町に移動すると・・・まだカノープスは見えていました。同じように見える遠くの山並みも、数キロ移動すると見える方角がだいぶかわるのだなあ。

|

« あわれなtodayにも音楽を! | トップページ | なんちゃって赤外線写真 »

コメント

おお、確かに富士山が見えますね。
カノープスも南中時刻がだいぶ早くなってきたので、帰宅後の観測は難しくなりました。(^^;

「エネループ」私も今まで使っていた電池がそろそろクタビレてきたので、今シーズン初め頃から使っています。私の数少ない経験でもSANYOの充電池は比較的信用が出来るように思います。逆にどうも相性が悪いのSONYブランドのもの。(と言いながら、充電器はSONY製を使用中ですが。 笑)

今のところ、こちらもなかなか好調に働いてくれています。カメラでのダーク処理を省くようになったこともあって、外部電源の出番がありません。

投稿: ich | 2006年2月11日 (土) 00:03

エネループは評判高いですね。ゆうひぶたっくすさんの使用レポと同じ評価のようです。あのパッケージも好印象なせいもあるかな。買おう。
私もSONYブランドを使ってますが、もうくたびれてきてブラケット撮影をすれば電源表示無くなります。単に戻せば復活。
ichさん↑sanyoブランドは価格com掲示板では評判悪いんですね。

投稿: baja | 2006年2月11日 (土) 02:40

>sanyoブランドの評判:
あらら、そうですか。(^^; 個人的にはSANYO、SONYを含めて4社(実際にはOEMもあるかも)くらい使っていますが、かなり以前のSANYO製1600mAと2000mAはそれなりに使えたように思います。
価格.comの掲示板で放電実験を詳細に行われている方のレポートを拝見しましたが、同じような定格でも随分違うものですね。

投稿: ich | 2006年2月11日 (土) 08:28

>ich様

富士山とカノープスが同一画面に写っている、というだけがやっとです。もう一工夫できればいいのですが。

思ったよりカノープスの出現が早く、業務外の会議を終わって観測場所に着いたときはチャンスの中盤を過ぎていました。ただ、いまごろになると、子どもがおきていられる時間帯になりましたので、昨夜は一緒に見ました。

エネループよさげです。ただ、東芝も(名誉回復のため言い添えますと)Optio43WRですと寒いところでもしっかり働きますので、*istDの要求特性とニッケル水素の特性がきわどいところで成立しているのでしょう。

#外部電源:この前のカノープス撮影は即”凍死馬”でしたので、外部電源を点滴のようにぶらさげて(笑) ブランドというより個々の製品の特性と*istD系との相性が大きいと思われます。

#SONYブランド:以前は好きなメーカーでしたが、個人的に、製品は信頼性に?がつくことばかり経験して・・・今は苦手ブランドなのです。某電車の車内動画広告も疎兄製DVDプレーヤですが、しばしば不調。でも、パーツとしては優秀なものも多く・・・。

>baja様

エネループは、寒いとき特にいいように思います。三洋の評判は私はよくわかりませんが、すくなくともエネループは*istDと相性はいいように感じます。しばれる佐久平の冬におすすめかな(笑)。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年2月11日 (土) 14:10

おお、カノープス。地上の風景も非常にシャープで繊細ですね。
エネループ、僕も気になっていましたがなかなか良さそうですね。買っちゃおうかな?

投稿: Fuuma-mfuk | 2006年2月14日 (火) 19:43

>Fuuma-mfuk様

このところ結構、カノープスには確率よくめくりあうことが出来ます。
このとき手ごろな画角のレンズを持ち合わせてなく、ロクナナ用レンズで撮っています。ちょっと大味になるかなー、と心配でしたがむしろ端正な描写となりました。

エネループは*istDには相性が良いみたいですね。bajaさん、ichさんが上記で話題にしているサイトをみると、放電中、比較的高い電圧を維持していて、その代わりやや早く尽きるようです。在来のニッ水のように持ちが比較的長くても最初からやや低い電圧しか出ていないと *istDはその時点でおねんねしてしまいますので・・・。あと三洋の電池の耐久性に対する懸念がそのサイトにありましたが、こればっかりは自分で使ってみないと・・・。
*istDで星景を気楽に流すときなど、いちいち外部電源を使わなくてもいけそうなので、エネループ、お勧めです。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年2月15日 (水) 00:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/8598820

この記事へのトラックバック一覧です: 月夜のカノープス:

» とらえた!カノープス [今日の星空(+携帯)]
カノープスは、前景の草むらの間に見えています。沖合の漁り火に比べるとずいぶん高い ことが分かります。さて、撮影地(遠征地)はどこでしょう?..10数年ぶりのカノープスなので、雲に阻まれながらもいっぱい見ました。 ... [続きを読む]

受信: 2006年2月19日 (日) 03:55

« あわれなtodayにも音楽を! | トップページ | なんちゃって赤外線写真 »