« 春の夜の 夢ばかりなる・・・ | トップページ | ステライメージ修行中 »

2006年3月 8日 (水)

ポイマンスキー彗星(3・8)

虻蜂取らず EM-200編

図らずも、"PENTAX" Kiss Daの(本格的な)初仕事は、Hαに感じる必要の無い、彗星と相成りました。これなら、ファインダーでのピントと撮影像のピントが一致する普通のキスデジのほうがナンボか使いやすいだろうに。などとぼやいていると、なかなかピントが合わない。なぜかと考え込むことしばし・・・。ようやく原因が・・・ファインダーでのピント位置よりチューブを縮めなければならないのに、一生懸命伸ばしていた。と、いるか座もだいぶ高く上って、忙しくなってきました。ガイド鏡を使って監視するはずでしたが、モータードライブ任せ・・・放任追尾と不精を決め込みました。案の定、星像がコマごとに好きなように伸びていますorz

「星間を移動するポイマンスキー彗星」

mt160_38_4av
MT160望遠鏡+レデューサー(D=160mm f=776mm 1:4.8)/"PENTAX" Kiss Da    RAW  EM-200で放置駆動 撮影2006/3/8  ISO800 

「4:28から184sec」 「4:33から187sec」 「4:36から135sec」 「4:42から186sec」の4コマをステライメージ4でコンポジット

 

・3月3日より暗くなった?空の透明度も劣るせいもありますが。眼視では口径6cmでも16cmでも中心核のぼわっとした部分は見えますが、尾は、良く分かりません。
・EM-200、追尾精度よろしくない。強風のせいもあるけど。星像の流れがかなり出るし、流れの向きもまちまち。
・今までステライメージの加算平均による自分の作品は、加算平均になっていないことが判明orz
今までの方法で合成すると、これだけ彗星が移動しているのに恒星がぴたりと重なる。なんのことはない、自分の画像に重ね合わせていただけだった・・・。どうりでコンポジットの効果が出ないわけだ(滅)・・・はかない出会いの彗星のおかげで、過ちに気付きました。

蛇足:爆睡してから、あらためて画像をながめると、コンポジットした割には尾の出方があいかわらずイマイチ。画像処理、特に強調しつつ上品にまとめる勘所がわからない。さまよえるぶたなのであった。

|

« 春の夜の 夢ばかりなる・・・ | トップページ | ステライメージ修行中 »

コメント

口径(と長焦点)の威力を感じます。迫力ありますね。
>透明度も劣る..
この時期は大陸からの黄砂が続いており、その影響もあるのではないでしょうか?
#7日は丸一日快晴でしたが、黄砂の霞もひどかったです。

私も、確かに尾が淡いと感じています。
口径比の明るい光学系でねらうか、露出を伸ばすか..?
ISO感度を上げる手は?..熱ノイズとの兼ね合いが問題か..(難)

>上品にまとめる..
いえいえ、見た目以上にまとまっていると思います。
#何せ、眼視では尾が見えないのですから..
無理に尾を出そうとすると不自然な感じになりそうで..
#個人的には好み(な仕上がり)です。

投稿: Ken28 | 2006年3月 8日 (水) 20:58

彗星っていいよね。
なかなか明るいのが出現しないけど、
いつかはでっかいほうき星を仰ぎたいな。
独特の青い発色もいいよね。
こんな色に肉眼でも見えたら、星好きが
もっともっと増えるかな?
淡い光芒に目を凝らすのも嬉しいものです。

投稿: でねぼら | 2006年3月 8日 (水) 22:44

>Ken28様

口径と長焦点・・・口径はいいのですが、今回の対象ではもうちょっと短い筒400-500mmがいいのかもしれません。ε180なんていう新筒が脳裏をちらつきます(笑)
以前、ツチノコ(10cmF4)を売却するという間違いを犯してますのでなおさら。
黄砂・・・かもしれません。結構風は強くてそのわりにすっきりしません。
淡い・・・上記新筒も魅力ですが・・・新規投資のいらない方法は(笑)キスデジでもISO1600で短時間、という手もあったかもしれません。
>上品に・・・今回の彗星でTBいただいたり、見に行くと、綺麗だ、と関心する作例も多く、考えさせられました。
今回、ステライメージでは初めてコンポジットできたわけで(笑)、投資もいらないのでもう少し頑張ってみます。

>でねぼら様

今回の彗星は、肉眼では難しいし、望遠鏡でも眼視では尾は良く分かりません。
でも写真写りが良いので、星見人には心ときめく存在です。
思い起こせばちょうど30年前(前エントリの1976・3月)ウエスト彗星というのがきまして、肉眼でもはっきり明るく箒のように見えました。あんなのがちょくちょく来ると天文ファンも増えると思うのですが。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年3月 9日 (木) 07:54

彗星核コンポジットというものですね。
尾がさらにクッキリと写し出されていて見応えがありますね。

> 加算平均になっていないことが判明orz
あらら・・画像の選択を間違えていたんですね。^^;
しかしあのステライメージのコンポジット時のプレビュー、もっと軽くならないものでしょうか・・ねぇ。

投稿: Fuuma-mfuk | 2006年3月11日 (土) 19:13

>Fuuma-mfuk様

ようやく、コンポジットの効能を感じ取れました(笑)今回は、1枚ものではどうやってもコンポジット画像には及びませんでした。当たり前だけど。

画像の選択を間違えて・・・ハイ、その通りであります・・・滅

プレビューに時間がかかりますね。でも確実に動いてくれるだけマシです。photoshopはエレメンツも7.0も、ちょっと重い処理をするとウィンドウズがエラーを起こします。ディスク整理と増設が課題か?・・・コンポジットに効果を感じれたので元気は出てきました。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年3月12日 (日) 17:50

こめんと書込みありがとう御座います。

沖縄は生憎の土砂降り&ここ数日は天気悪の予報ですが、実際にチャレンジしている人の情報とても楽しく読めました。

沖縄で今回みれなくても・・・写真楽しみにしています。
また情報がありましたらお知らせ下さい
m(_)m  by うみうさぎ

投稿: うみうさぎ | 2006年3月14日 (火) 03:49

>うみうさぎ様

私も一度、沖縄の夜空を堪能してみたいな、と思いますがなかなか叶わぬ夢のようです。

今回のこの彗星は見ごろをすぎて、特別な思いを持つ人がそれなりの装備で望まないと厳しいかな、と思います。

でも、割とすぐ、来月下旬ころから、シュワスマン・ワハマン第3彗星が見ごろになるという予報が出ています。たとえば、ご存知かもしれませんが、下記のサイトなどをご参考に、観測に挑戦してみてはいかがでしょう。

http://homepage2.nifty.com/turupura/

彗星の明るさ・尾の長さ等の予報は難しく、前評判ほど明るくならなかったり、意外にびっくり見事だったりします。これがまた面白いと思うのが星見趣味人なのですが。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年3月14日 (火) 16:07

ありがとうございます。
天体は素人なものでして全然知りませんでしたf^^;
また情報があれば教えて下さい!

沖縄にもこういう人が多くいるといいのですがねーー。まれにいても自分ひとりで楽しんで終わり・・・って人が多いいんですf^^;

ここ沖縄でも星を見上げる機会が少なくなりました。悲しい事ですね。。

投稿: うみうさぎ | 2006年3月15日 (水) 03:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/8998550

この記事へのトラックバック一覧です: ポイマンスキー彗星(3・8):

« 春の夜の 夢ばかりなる・・・ | トップページ | ステライメージ修行中 »