« 幻影 | トップページ | 観音裸体立像 »

2006年4月19日 (水)

第2の人生(ようこそ信州へ)

小田急のロマンスカーが信州へ・・・
いつかClieistDさんの記事でも紹介されていた・・・
こんなうわさは隠れテッチャンの私の元へも、聞こえてきた。
そして、今日(4・18)この目で見届けました。
Totugu
第一の現役時代、ご苦労さま。
遠路はるばるの回送、ご苦労さま。(篠ノ井線はトンネル断面が小さくて通過できず、新潟経由だとか)
迎え入れる工場も、ひそかに沸き立っているようだ。

そこで一句(笑)

 いにしへの 都ゆかりの ロマンスカー けふながでんに にほひぬるかな

(ここでの「にほふ」は視覚的な華やかさをあらわします・・・笑)

少しお疲れの表情ではあるが、さすが堂々たる面構え。
貨車扱いとなるための自動連結器が、違和感を放つ。(カメラで言えばマウントアダプター)

Romance1

ここは、S鉄道のY駅。入場券で入ったが「最終列車までの5分しか使えませんがいいですか。」といわれ、「もちろんOKです。」とにこやかに答えてホームへ。

Romance2

小田急→JR→S鉄そしていよいよ長電入りとなる、入替が始まった。牽引機は長電3500系(だと思う=東急からのセコ)。

From_si_to_naga

この車両が、入替とはいえ、S鉄の線路を走るのも珍しい。
線路がつながっているという事は、いいことだと思う。

PENTAX *istD smc PENTAX-DA  1:3.5-5.6  18-55mm AL 開放  Av auto  ISO1600

|

« 幻影 | トップページ | 観音裸体立像 »

コメント

TB、そして記事の紹介までありがとうございます。
これぞ、歴史的な瞬間でしょうか? 長野鉄道での一番列車より貴重な瞬間だと思います。

たしか、移籍の際に編成を短くする工事が行われると聞いていましたが、このときはすでに、完了した後なんでしょうか? そうであれば、雄姿が見られる日も遠くないことですね。

投稿: ClieistD | 2006年4月19日 (水) 17:48

こりゃスクープ写真分野ですね。さすがー。
長野入りをしたとは信毎HPで読んでいましたので、
とうとう来たかといった印象です。

愛知で編成を直してショートカット?された10000形は
「ゆけむり」になったそうですね。湯田中駅が日帰り温泉
があるのと、湯田中、渋、地獄谷、そして志賀高原と続く
湯煙ラインとしてもよい名称だと思いました。

それにしてもこの車両が長野の地を走る姿を想像すると。。
ああリンゴの景色とか、飯綱や黒姫の北信五岳をバックに
とか夢がふくらみますなあ。

まずは今年12月の運行からですから雪景色からですね。
こりゃあたのしみだわ。

投稿: baja | 2006年4月20日 (木) 14:13

>ClieistD様

いきなりのTBですみません。
いよいよ信州にロマンスカーが現実になりました。
この翌日、パンタグラフを上げて長電の線路を自走して本拠の車両基地(須坂)にいったようです。

>編成を短くする工事:愛知の工場で改造を受けた後のようで、4両編成×2が到着していました。

営業運転は冬?らしいですが、試運転、訓練運転などでは、意外と早く見ることができるかもしれません。

>baja様

ついに現実になりました。
お古といっても製造年が1987~88という事で、某社の169より20年、115より10年も若いのです。
長野電鉄は、なかなかいいお買い物?をしていると思います。
都会育ちの車両を、しばれる寒さの信州向けに改良する技術も優れていると思います。
長野とゆけむりロマンスかー、絵になりそうですね。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年4月20日 (木) 18:21

子供の電車の本で見たのですが、初代の西武レッドアローもどこかではしっているそうですが、
こちらのほうが、絶対いいお買い物ですよ!
いまだ息子をVSEに乗せていないので、初夏にでも信州でロマンスカーに乗せたら喜ぶと思います。来年になりそうですね。
実際、小田急は高架が多くなって、絵になる撮影ポイントも長野の
ほうがはるかに多いことでしょうし、車輌も幸せでしょう。
(金曜夜にヨッパライを満載して走るよりは)

投稿: Tohdo | 2006年4月20日 (木) 22:12

>Tohdo様

>西部レッドアロー:そういえばどこかに・・・そうそう、富山地鉄
http://www.chitetsu.co.jp/train/stock.html
にいました。地方鉄道からみれば、レッドアローもハイグレードな車両だと思います。(羨望)

カーブがきつい、線路や変電所がプアーなどのため、大手私鉄の特急車両は地方の電鉄に来ても、その走行性能(高速性能)はもてあまします。現在の時点であらたに開業するなら、非電化ディーゼルがお似合いかも(電路維持には多額の経費がかかるので)
しかし、車両更新にも多額の経費がかかります。その点、電化ローカル路線は、都会のお古の電車が使えるのは利点です。それぞれの線区に応じて、うまく使いこなす技術が見ものです。

来シーズンには、さっそうと信濃味のロマンスカーが駆け抜けていると思われます。お子様を連れてぜひ信州のロマンスカーを体験されてください。

>金曜夜にヨッパライを満載して走るよりは・・・:酔っ払うとハンドルを握れなくなる・・・車依存社会の地方でもヨッパライは大切なお客様です(笑)
長野電鉄でもビヤガーデンをやっていたり、沿線には権堂という飲み屋街を有し、同じような花金状態は容易に予想されます。
「ここでもまたかよっ。」とHiSEのつぶやきが聞こえそうです(笑)

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年4月21日 (金) 10:27

いよいよ信州入りしたんですね。
って事は長電の特急車も169系と合わせて記録に残しておかないといけないですね。
桜との組み合わせを考えていたんですが、公休日に長野の天気予報が雨の日ばかりで結局足を運んでません。
沿線の桜はもう見頃過ぎてしまいましたかね?

投稿: しんいち | 2006年4月23日 (日) 00:22

>しんいち様

>長電の特急車・・・S32製造などと聞いておりますので、今回、置き換えられるセンは濃厚かと。

>沿線の桜ですが、今日現在、上田より低地散り始め、上田満開、小諸5分咲き、御代田つぼみ(笑)・・・場所によってはまだまだ、これからもよさげです。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年4月23日 (日) 20:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/9665868

この記事へのトラックバック一覧です: 第2の人生(ようこそ信州へ):

« 幻影 | トップページ | 観音裸体立像 »