« ファインディングチャート(覚書) | トップページ | n←n+1 »

2006年4月 6日 (木)

北アメリカ星雲 Da vs 銀塩

頑張って?初めて8コマコンポジットをしてみました。Kiss Daの使いこなし・・・自分なりには改善してきていると思うのですが、なかなか思うような色になりません。

Ngc7000_8c
"PENTAX" Kiss Da/smc PENTAX  1:2.5  135mm F3.4  3分 8コマ加算平均 IS0400  EM200で放任追尾 撮影2006・4・6未明

はたしてエクタクロームE200並に、赤色は出ているのだろうか。

条件が同じではありませんし、過去画像でm(_ _)m

namerica_up_e200

ASAHI  PENTAX  6×7  /SMC  TAKUMAR/6×7  1:4/300 F4開放 10分 E200フィルム 一段増感現像 撮影2005・9・29

個人的には、柔らかな調子の中にもポッと赤い、フィルムの描写ほうが好みなのですが・・・キメの細かい中判の描写のせいもあるかな。
というか、精進途中で結論を出すべきではないかも・・・。

|

« ファインディングチャート(覚書) | トップページ | n←n+1 »

コメント

エクタクローム200って凄いですね..300mm/F4,10分でこれだけ写るとは..(感嘆)
#我が67(+ボーグ400mmF4)も早く稼働させたくなりました。
私的には、デジ一眼は星雲・団のクローズアップ用途に、銀塩カメラはカメラレンズ等
による星野撮影という図式が生まれつつあります。
#精進途中で結論を出すべきではないかも..激しく同意(笑)

投稿: ken28 | 2006年4月 6日 (木) 23:36

>ken28様

エクタクロームE200:以前のデータを確認してみると、一段増感(ISO400相当)してました。m(_ _)m
スキャナでストレートにスキャンしただけで、特別強調処理していません。
かたやDSLRは露光だけで3min×8で24分。コンポジットと色毎レベル調整、トーンカーブ修正を経て・・・。

それでも最近思うことは・・・DSLRでここまで写れば、ランニングコストも抑えられるし、基本的にはDSLRの出番が増えそうな気がしています。
しかし、やっぱり、スキャナというハンデがあっても、ウェブ用にリサイズしても(当方の機材技術では)ロクナナは画質的には優位・・・特に階調に余裕・・・という印象があります。
うまくいったときは、やはり銀塩は捨てがたいな、と思います。

ましてken28さんなら、搭載重量に余裕のある赤道儀、オートガイダーなど、銀塩でたっぷり露出をかけられる機材をお持ちですので、67デビューには好条件ですよ。ぜひ・・・。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年4月 7日 (金) 09:24

こうして並べて、どっちと言われると・・やっぱり銀塩の方が良い雰囲気にも思えますね。
>精進:デジタルでやるにしても、ひとつのリファレンスとして銀塩の表現を置いておく、というのは有りそうですね。
どちらが上というのではなく。

それにしても、こちらは空が冴えません。月も明るいし・・・(^^;

投稿: ich | 2006年4月 8日 (土) 21:40

さすがE200は良く写りますね。でもデジタルの画像も良く写っていますよ。レベルアップされた処理も相まって非常に美しい仕上がりだと思います。
Daのフィルターですから、銀塩や正規(?)改造品と同じように赤を出そうとすると周りまで赤く染まってしまいがちになりますよね。赤の写りが半減しているのは否めないようです。

写り以外の違いといえば、銀塩では露光時間を延ばしますから赤道儀の追尾精度も求められるということじゃないでしょうか。デジタルですと星が流れる前の短い時間で露光を止めてコンポジットするのがセオリーですから、赤道儀も比較的安価なもので済むかもしれませんね。
あとピント。銀塩では「道具」がないとカメラのファインダーだけが頼りですから、正確なピント合わせは不可能なのがつらいところです。

投稿: Fuuma-mfuk | 2006年4月 8日 (土) 22:29

>ich様

特定のフィルムのように、Hαの波長に対しては良く透過し、より長波長側はシャープにカットするフィルターがあれば赤の写りとカラーバランスが両立すのでしょうが、なかなか難しいところです。おっしゃるとおり、E200の写りはひとつのリファレンスに精進したいところです。
当地も、このとき以来きれいに晴れません。

>Fuuma-mfuk様

ありがとうございます。
周りまで赤く・・・:たしかにその傾向がありますね。
もう一つの要因として、ふうまさんも以前述べられていたと思うのですが、ステライメージのプレビュー画面ではいい感じだと思っても、仕上がりの色調がマゼンタに傾く感じがあることです。フォトショップがちゃんと動くようなハードウェアの整備が先という話もありますが(笑)

銀塩のよさはあるとは知りながら、可処分所得の増加が期待できない身としてはデジタルに精進せざるを得ません(笑)


投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年4月 9日 (日) 19:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/9457651

この記事へのトラックバック一覧です: 北アメリカ星雲 Da vs 銀塩:

« ファインディングチャート(覚書) | トップページ | n←n+1 »