« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月31日 (水)

あらざらむ・・・

あらざらむ 運転資格の 思ひ出に 今ひとたびの ドライブもがな

 運転資格はなくなってしまうであろう。せめて、その前にもう一度駆ってみたいものです

「電車の運転用品」本日、返上いたしました(T T)
Uteshi_youhin
元歌
 あらざらむ この世のほかの 思ひ出に いま一たびの 逢ふこともがな (和泉式部)
 
  死期がせまったと自覚されたときに、男の元につかわしける歌。

元歌ほど悲壮ではありませんが。

続きを読む "あらざらむ・・・"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年5月29日 (月)

Kよ!再び。

思ってもみないPENTAXデジイチ新製品その名もK100Dでましたねー。

 時は今 天が下しる 五月かな

「ソニーαが出ないうちに、打って出よ」と言ったか言わないか知らないが(笑)

Revivalk

続きを読む "Kよ!再び。"

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006年5月22日 (月)

TURNING POINT

 来ぬ仕事 まつ田の浦の 夕なぎに 焼くや野草の 身もこがれつつ

Yakuya2

元歌:
 来ぬ人を まつほの浦の 夕なぎに 焼くや藻塩の 身もこがれつつ

続きを読む "TURNING POINT"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年5月19日 (金)

夏の大三角

といっても、先月4/6未明の撮影です。
わずか10枚撮りの同じ120フィルムに、露出不足のポイマンスキー彗星、この日、5月の花と2ヶ月以上を費やしました(笑)

Sankaku_summer
ASAHI  PENTAX  6×7  /SMC  TAKUMAR/6×7  1:4.5/75 開放 10分 E200フィルム
EM-200赤道儀で放置追尾

続きを読む "夏の大三角"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月16日 (火)

月夜のシュワスマン

ほとんど満月に加えて透明度も最上とはいえないこの夜(5・14)、はたしてシュワスマンは捉えることができるのか?

Yowanotuki
"PENTAX" Kiss Da smc PENTAX  FA35/2AL  F4 8sec  ISO200

漫然と人生の将来に不安を抱きつつ詠める・・・?

 こころにも あらで憂き世に ながらへば 恋しかるべき 夜半のつきかな

続きを読む "月夜のシュワスマン"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年5月14日 (日)

恋しかるべき189・・・

往年の特急あさまにつかわれた189系電車が、イベント列車として当地に現れた。

5・13 通勤途上ですれちがう189系・・・これを撮りたいがためにわざわざ休暇をもらうのもなんだしなぁ。

Uki189

客室から運転室越しにパシャリ。車掌に「あやしいマニア!」とからかわれました(笑)

続きを読む "恋しかるべき189・・・"

| | コメント (5) | トラックバック (1)

一斉蜂起

遅い春かと思ったら、夏のような暑さが来て・・・。我慢できずに一気に花を付けたようです。(5・12撮影)

Hanafull1

続きを読む "一斉蜂起"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 5日 (金)

シュワスマン・ワハマン彗星(5/3)

ついでがあったので、5・3から日をまたぐ頃まで、長野県は小川村大洞峠で観測してみました。
小川村は星と夢の降る村として売り出し、村立の天文台があり、空の暗さが期待できそうです。

C4_0653_fc
"PENTAX" Kiss D Carl Zeiss Planar 50/1.4  F2.8  ISO400  3min 4枚 加算平均

さすがに清涼な空で、いつもの観測地と比べると数段上等な空でした。彗星はヘルクレス座を通過中でありました。

続きを読む "シュワスマン・ワハマン彗星(5/3)"

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006年5月 2日 (火)

花さそふ・・・

当地ではようやく桜が満開、と思ったら昨夜来の雷雨で早くも散り始めました。
この数日来、心身に異変を感じ、ちょっぴり不安を感じている一人のをぢさんがその思いを重ねつつ詠める・・・

 花さそふ 嵐の庭の 雪ならで ふりゆくものは わが身なりけり

Hanasasou
*istD smc PENTAX-DA  1:3.5-5.6  18-55mm  AL  P  ISO200

意味深のようで、元の百人一首そのものです。
不安は杞憂に終わればよいのですが。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »