« 月夜のシュワスマン | トップページ | TURNING POINT »

2006年5月19日 (金)

夏の大三角

といっても、先月4/6未明の撮影です。
わずか10枚撮りの同じ120フィルムに、露出不足のポイマンスキー彗星、この日、5月の花と2ヶ月以上を費やしました(笑)

Sankaku_summer
ASAHI  PENTAX  6×7  /SMC  TAKUMAR/6×7  1:4.5/75 開放 10分 E200フィルム
EM-200赤道儀で放置追尾

135フォーマット換算では35mm広角相当です。
開放F値が暗いので、周辺光量改善のため更に絞りたいと考えると・・・天体を狙ったことはありませんでした。
開放でも周辺までわりと星像の乱れの少ないレンズですが、やはり周辺光量不足は認められます。新しいF2.8のレンズが欲しいような気もします。f(+_+)☆\(-_-#)バキッ

増感無しのISO200で10分露出ではまだちょいと露出不足ですが、赤い星雲はけっこう写っています。さすがE200フィルムです。今後安定して入手できることを祈るばかりです。

いつも信頼を裏切ることなく確実に作動してくれるロクナナ・・・ロクナナがあるからペンタファンは止められない。
デジイチも無理なく、さりげなく、赤い星雲が写るようになってもらいたいものだと、そう思います。
が、このあとスキャナがコワレタorz

余談:
キヤノンは放って置くにしても、ニコンとオリンパスのイメージング事業の業績回復はペンタファンにとってはうらやむものがあります。特にオリンパスのデジカメ部門は昨年度は200億円を越える赤字から一気に黒字転換ですからね。(オリンパスって意外と基盤の大きな会社なんだなぁ。ペンタが200億も赤字になったらとっくに吹き飛んでいるに違いない)
そこへいくとPENTAXの同部門は12億の赤字。しかし、そのPENTAXも来期は強気な見通し。がんばってくださいナ。

|

« 月夜のシュワスマン | トップページ | TURNING POINT »

コメント

実は、スキャナの問題があって120や220銀塩フィルムに手を出せないで居ます。
#E200も早く使ってみたいです。135版も同じような性能なのでしょうか?
現在使っているニ○ンのクールスキャンは135専用ですが、今ではすっかり馴染みが無くなったSCSI機なので、この春からブローニィまで読めるスキャナを密かに探しているところです。
#いずれにせよ、先立つものが..ここでいつも挫折しています(爆)

投稿: ken28 | 2006年5月21日 (日) 18:40

>ken28様

ロクナナ賛歌を謳うにしては、ショボイ作例ですみません(笑)
銀塩画像のデジタル化は悩ましいものがあります。特に中判となると。
ウチでもスキャナ不調につき・・・ニコンのSUPER COOLSCAN 9000EDが性能、画質の点ではいいなと思っています。ただし、お値段は張ります。270k円超。。。中級デジイチや手ごろな筒が買えそうなので。←いずれにせよ、先立つものが..ここでいつも挫折しています(爆)
#135判でも・・・私のはまだカメラに装填されたままで、ブローニーと同一とは断言は出来ませんが、よその人の作品を見る限り・・・やはり赤い星雲にはうってつけと判断できそうです。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年5月22日 (月) 12:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/10145363

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の大三角:

« 月夜のシュワスマン | トップページ | TURNING POINT »