« 「本能寺」 | トップページ | 刷り込み »

2006年6月16日 (金)

をとめの姿 しばしとどめむ

 天つ風 汽車の通ひ路 吹きとぢよ をとめの姿 しばしとどめむ (操縦返上)

Otome_st1
PENTAX *istD smc PENTAX-DA  1:4-5.6 50-200mm ED  Pauto  ISO400

元歌:天つ風 雲の通ひ路 吹きとぢよ をとめの姿 しばしとどめむ (僧正遍昭)

JR小海線の小さな無人駅ですが、すてきな名前の駅です。

Otome_st2

Otome_st3
深緑と車両の色が溶け込んでしまいそう。
PENTAX PEOPLE  TB企画「駅」にTBします。

JR小海線は電化されていないけれど、新型ディーゼルカー(ターボ付き420PS)になって、結構加速はいい。
しかし、音と排気は・・・
清らかな名前の駅にディーゼルの轟音。排気も力行中は結構すさまじい。
遠くない将来、ディーゼル/電気のハイブリッド車両が試験的に導入されるようです。

駅名は電略といって、カタカナ2文字+2文字であらわすものがあります。
同じ支社内で、まぎれる恐れのない場合は2文字であらわすこともあります。
電信の時代に、少ない文字数で間違いなく駅名を伝えるために工夫されています。

三鷹(東京西)=トニミツ、三岡(長野支社)=ナノミツ。

上野=ウエ、上田=ウヘ、中軽井沢=ナワ、川中島=ワナ、長野=ナノ・・・などと。
幕張=マリ、伊那松島=ママ  飲み屋を連想 f(+_+)☆\(-_-#)バキッ
国府津=コツ  うーん、骨っぽい響き。
川越=ハエ  これは、イメージ悪い(笑)五月蝿そう。

国鉄時代には、車両の隅に車両の所属区所が記号で書かれていました。
静ママ:静岡鉄道管理局伊那松島機関区 
千マリ:千葉・・・幕張
いい感じですね!?

今ではJRですから、JR東日本、川越所属の電車には
「東ハエ」などと orz

ところで 乙女駅の電略はなんだろう。オト?オメ?トメ?今度調べてみます。m(_ _)m
→オトでした。ちなみに隣の東小諸は ヒモ だって。何かいやーな響き(笑)

|

« 「本能寺」 | トップページ | 刷り込み »

コメント

なるほど…。国鉄に書かれていた記号はそういう
風になっていたのですね。
でもかわいそうな記号になってしまう駅もあるの
ですね…。

投稿: うなむ | 2006年6月16日 (金) 18:25

学生時代だったか?と思いますが小海線には何度か乗車したような記憶がありますが、「乙女」駅は知りませんでした。

かつて、北海道の「幸福」-「愛国」間の切符がもてはやされた頃、我が町と隣町がたまたまどちらも「福」が付いていて
「福●」-「福○」間切符もこのブームに少しだけあやかった?ようです。(笑)

今の「○○円区間」とかいう薄っぺらでない、分厚い発着駅名がしっかり刻印された切符時代の話でした。(懐古)
(その頃だった?と思いますが)その後プロ歌手デビューした伊藤敏博さんが地元JRローカル線の車掌をしていました。(懐古2)

#以上、昔話をするようになってしまったおじさんです(爆)

投稿: ken28 | 2006年6月16日 (金) 20:19

西日本だと「大ムコ」大阪鉄道管理局向日町運転所?とかありましたよね。
大きな婿さん?(笑)

投稿: のんきち | 2006年6月16日 (金) 20:38

ローカル線の車両と高校生ってよく似合いますで。

青春の思い出という感じでしょうか。


のんきちさんが書いておられる「大ムコ」とか「京キト」とか、最近でもJRの車両に書いてあるように思うのですが・・・。

投稿: fetta1.8 | 2006年6月16日 (金) 22:52

>うなむ様

支社(国鉄時代は管理局)内では重複無く、全国的にも出来るだけ重複無く割り当てられた結果、ワがハになったりオがホになったりエがヘになったりする駅も出てくるみたいです。

岐阜県の高山本線、車掌をやっていますと、「次は下呂、下呂です。」と発音しなければならない駅があります。電略ではケロと、悪いイメージは軽減します(笑)

>ken28様

乙女は終点(始発)の小諸から2つ目です。ここまで旧信越線が並行していること、そして下車の準備、あるいは乗り換えてまもなくですので、印象に薄いことも考えられます。

乙女~小諸(男と女~娘もろ)記念切符(笑)もあったそうですが、はたしてどのくらい売れたのでしょうか。

あるとき遺失物で「田中←→美里」の定期券を見ました。距離的には充分ありうるものですが、田中美里(女優)の隠れファンだったりして(笑)

>分厚い:長野電鉄松代(まつしろ)駅では、今も頑として?昔ながらの「硬券」を出してくれます。たまーに今でも、そこからなにがし鉄道に乗り換えてみえるお客様がいて、回収することがあります。

>のんきち様

大ムコ:大きな婿さん。。。
まあ、大きな嫁さんよりはマシかと f(+_+)☆\(-_-#)バキッ

国鉄時代は(今もあるのかな?)大阪駅のわりとそばに宮原操車場というのがありまして、”特急しなの”を留置してました。となりの車両には「大ミハ」の文字が。
偉大なるミーハー?(笑)

>fetta1.8様

>青春の思い出:私自身、高校生時代、この小海線で通ってました。ディーゼルが咆哮すると、目頭が熱くなります(笑)

JRになっても、所属の車両表記はあります。国鉄の管理局名とJRの支社名が同じなら、昔と同じこともあります。
JRになってからは、余り詳しいことに自信がなかったので、曖昧な言い方になりました(笑)

(違う例)特急しなのは中央西線の神領(じんりょう)に配備されていますが、
国鉄時代:名シン  (名古屋鉄道管理局神領電車区)
JR東海: 海シン

って、どうでもいいようなお話でした。m(_ _)m


投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年6月17日 (土) 09:40

電略・・・懐かしいですね。ウチの会社では昔は使っていたのかもしれませんが、今は全く無縁のものになっています。

それはそうとこの乙女駅。昔女性向けの雑誌か何かで紹介されたことがあるそうな。ただ無人駅で切符も何も変えないところがミソですね。
何かこの名前に関連したグッズでも作ってみればいいのにとたまに思ったりします(笑)

投稿: しんいち | 2006年6月19日 (月) 12:28

こんばんは。
最初の写真、すぐに乙女駅ってわかりましたよ。
d(^-^ )d b( ^-^)b
新緑と小海線の色がマッチしてていい感じですね~。(^-^)/
ここで、信越本線(今は違いますが)と分かれるんですよね。
ここを過ぎると実家が近くなってきたな~。って気がしたなぁ。
確かに駅自体がちっちゃな駅ですからね、あまり知られてないかもなぁ。
乙女~小諸の記念切符は知りませんでした。

東小諸→ヒモですか・・・。近所の方々が知ったらちょっとショック?

利用する駅が無人駅でしたので、よく車内で精算しましたが、
昔は乗車駅/下車駅にパンチ穴を開けてもらうデカい切符(ていうのかな?)でしたよね?

投稿: くまごろー | 2006年6月19日 (月) 23:35

自ブログのメンテがすっかりおろそかになってました。m(_ _)m

>しんいち様

電略・・・こちらでは、業務上もまだ名残はあります。まだ中身は国鉄のままのところもあります(笑)
女性向け雑誌で紹介・・・名前だけでもインパクトはありますが、行ってみると単なる無人駅なので。
昔のネガを整理していたら、乙女の由来を記した看板をつけた時代のものが出てきました。スキャナの機嫌が直ったら、アップしたいと思います。

>くまごろー様

最初の写真で乙女駅と分かるとは・・・さすがもと地元民。
今はどちらもローカル線なのに、ここまでは3本の線路が並行しているのです。八高線でさえ倉賀野~高崎は高崎線と共用しているのに、ちょっと贅沢(笑)。

それにしても、乙女のとなりのヒモって、ちょっと切ないではありませんか(笑)

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年6月21日 (水) 06:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/10548722

この記事へのトラックバック一覧です: をとめの姿 しばしとどめむ:

« 「本能寺」 | トップページ | 刷り込み »