« 免許失効初日 | トップページ | 我が自慢のPENTAX »

2006年7月 3日 (月)

小諸駅今昔

1977年7月

Km1977_2

2006年7月

Ko2006_7_1


1977年7月

Km1977


2006年7月

Ko2006_7_2

29年の時を経て・・・同じもの、変ったもの、探してみてください。
1977年当時は、さすがに時代がかって見えますが、人臭い、活気のある駅でした。
貨車の影もちょこっと見えます。
貨物をやらなくなって、構内はすっきりと・・・寂しくもなりました。
ゴミと化した忘れ物のかさと一輪車が目立ち増すねぇ。(笑)
かわって目を引くものは点字ブロック、お花。各種自動化にともなう通信ケーブルラック。
ブロンズ像はあいかわらず旅人を見つめています。

うーん、同季節、同時間帯だと思うのですが・・・幹線の拠点駅から3セクのローカル駅に・・・侘しいな~。(笑)

PENTAX PEOPLE 月例TB企画「駅」にTBです。

<データ>
1977年7月:ASAHI  PENTAX  ME /smc  PENTAX-M  1:1.7/50  NEOPAN  SSS
2006年7月:PENTAX *istD /smc PENTAX-DA  1:3.5-5.6  18-55mm  AL / ISO 400 

|

« 免許失効初日 | トップページ | 我が自慢のPENTAX »

コメント

62が効いてますね(^^)。

投稿: Legin | 2006年7月 3日 (月) 21:52

今はお花を植えるようになったのですねぇ。
169系、オリジナルの湘南色だとイメージをふくらませて見ています^^

投稿: のんきち | 2006年7月 4日 (火) 00:29

>Legin様

今にもあの大きなブロアー音、甲高い汽笛、そしてダダダ、ダダダという独特なC+C台車のジョイント音が響いてきそうです。(笑)

>のんきち様

>お花・・・人がひしめく昔なら邪魔、危険だったのでしょうが、今ならそんな心配はなく・・・(笑)。
駅長の人柄がにじみ出ているのかな。

>オリジナルの湘南色:はい、その通りです。国鉄53.10ダイヤ改正以前でして、まだ特急より急行=169系華やかなりしころの画像です(笑)

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年7月 5日 (水) 08:24

2番ホームだったか、小諸駅で食べるかけそばのしょっぱいつゆが思い出されます。

投稿: baja | 2006年7月 5日 (水) 18:19

>baja様

>2番ホームのかけそば:今も健在です。
あそこのおばさんは、乗務員の情報交換、高校生の生活指導、人生相談?も引き受けている、とても尊い人です。
腑抜けな高校生には気合を入れることも。。。そんなわけでちとしょっぱいのかも・・・

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年7月 6日 (木) 08:37

こんばんは。
1番線の階段に向かうこの風景はいつになっても変わらないですね。
柱の「軽井沢高崎上野方面」の看板がなくなってしまったのが3セクのローカル駅のなっちゃったな。ってのを物語ってますね。
それと灰皿が無くなったのが時代の流れを感じますね。

「急行・信州」「急行・妙高」そして「特急・あさま」懐かしいなぁ。(こればっかりですいません。)
あえて「特急・白山」には乗りませんでした。<(^^
「急行・能登」にも数回乗りました。

「小諸駅の駅そば」食べましたね~。私はいつも小海線のホームのそば屋さんでした。
だいたい夕方のせいか、あのつゆの香りに負けて。
車内持込み用の発泡スチロールの器でネギと唐辛子。本当に美味かったなぁ。(時間帯のせいでしょうけど。)
確か、おばあちゃんが作ってたような記憶があります。

長々とすいません。(泣)

投稿: くまごろー | 2006年7月 7日 (金) 00:18

>くまごろー様

>「軽井沢高崎上野方面」の看板がなくなってしまった:これがすべての根源です。確かに、懐古園に新幹線の橋脚は立たずにすみましたが・・・。
>灰皿・・・ご指摘をいただき、初めて気付きました。
>「急行・信州」「急行・妙高」そして「特急・あさま」懐かしい列車名が並んでいますねぇ。(懐古)
>小海線のホームのそば屋さん:数年前まであったのですが、なくなってしまいました。微妙に味付けが違って、小海線ホームのそば屋のファンもいましたが・・・。

しばし、思い出に浸りましょう。。。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年7月 7日 (金) 19:56

レスが遅くなってしまいました。
私にとっては新しい写真の方が色々な意味で思い出深い光景なのですが、昔の写真もいいですね。
さすがに1977年当時は一人で汽車旅をするような歳ではなかったので、このような光景には出会ったことはないのですが、小諸駅のホームが昔のまま残っているというところにちょっと感動しました。

そういえば小海線ホームの蕎麦も何度か食べた覚えがありますね。SHI鉄になったときに残っていたか記憶が定かではありませんが、仕事中に食べているはず。私も小海線ホームの蕎麦屋さんのファンでしたが(^_^;)

投稿: しんいち | 2006年7月13日 (木) 23:57

>しんいち様

>色々な意味で思い出深い・・・うんうん、と頷いております(笑)
駅員も年齢層がぐっと若くなって、29年前の話をしても多分浦島太郎状態でありましょう。

>小海線ホームの蕎麦:SHI鉄になっても数年間はありました。2月に一度の試運転でいらっしゃる、NY社員のなかに小海線ホーム蕎麦のファンの人がおりまして、「あれっ、なくなっちゃったの~」と寂しそうな呟きが印象的でした。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年7月14日 (金) 08:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/10776439

この記事へのトラックバック一覧です: 小諸駅今昔:

« 免許失効初日 | トップページ | 我が自慢のPENTAX »