« 海無し県人の海 | トップページ | 逃避行 »

2006年8月15日 (火)

真昼の錯覚

CS-2500になってからというもの、自宅~佐久平の家電量販店の距離片道7km、標高差200m弱は、お遣いコースとして苦痛を感じずに通えるようになった。

Hirao_cs2500

  今日のお買い物は、インクジェットプリンタ(エプソンPM-G800)のインクとB5用紙、CD-R用ラベル。
 
 G800のインクは、色別なのだが、代わる代わるよく終わる。しかも、肝心なときに。
さらに腹立たしいのは、終わったはずのインクカートリッジにけっこうインクが残っている。
 キヤノンは、たしかインクの終了を光学センサで直接的に検出しているはずで、カートリッジも透明で・・・開かれた県政のように・・・納得がいくのに比べると、無性に腹が立つ。いや、べつにガラス張りの知事室がいいというつもりでは・・・(笑)
 唯一、インクの耐候性が(少なくとも購入当時は)エプソン優位なので、しかたなく付き合っている。

などと考えながらまったりと進むと、下りはママチャリ比2分早の18分。優位に速いかどうかは微妙だが、気分はいい。

帰りの登りは、用事のある店に都度停車したので、比較タイムは採れなかった。

 いよいよ坂道が斜度を増すある交差点で信号待ちをしていると・・・
ハアハアと息をしながら、ロードレーサー氏が並んで停車しているではないか。
ちょっとまぶしい視線を送っていたかもしれない(笑)

 信号が変わるとスーっと前に出るロードレーサー氏。ずいぶん速い。短時間ならついていけるかもしれない、とパワーを振り絞ってついていくのだが・・・。自分よりはるかにギヤが高いらしく、氏のクランクの回転はゆっくりなのに・・・追いつかない。

 さらに坂がきつくなったところで完全に離された。

                               ----------- 思ったこと ----------

・鍛え方が違うのだろう。
・趣味の自転車と違って、自分の場合、その後の仕事をこなさなければならない。だから、パワーを抑えているのだ。・・・言い訳。(笑)
・でもひょっとしたらロードレーサーならもっと速く走れるのかも・・・
f(+_+)☆\(-_-#)バキッ

|

« 海無し県人の海 | トップページ | 逃避行 »

コメント

(屮゚Д゚)屮 コッチヘオイデオイデ・・・・

投稿: Tongchai | 2006年8月15日 (火) 16:56

ワタシもエプソンのプリンター使ってます。
数年前に買った先代の機材に比べて画像のクオリティの向上は目覚ましいものがありますね。ホントにびっくりしました。
でも、インクの値段にもびっくりしましたよ。

投稿: TEZ | 2006年8月15日 (火) 18:58

>Tongchai様

予算計上をどうするか、という唯一最大の問題はありますが、もう気持ちは○-◎へ雪崩を打って(笑)
だって、CS-2500は息子のですから。

>TEZ様

>画像のクオリティの向上は目覚ましいものがありますね。
最高画質に設定すれば、”写真画質”に偽りは無いといってもいいと思います。でも、印刷に時間がかかります。

いろいろエプソンのプリンタに文句を言ってしまいましたが、自分的に重視するのは、長期間色が変らないという事。この点で、エプソンにしました。更に強い顔料インクでなくても、実際使ってみて、退色に強いことは実感しています。

インクって高くつきますね。せめてもう少し、使用済みのインクの残りが少なくなれば、と思います。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年8月16日 (水) 07:01

CS-2500のヨコ写真なかなかいいですね。これなら量販店、ホームセンターまでのお買物も楽しくなってきそう。でも暑いから水分補給はお忘れなく。

確かに対ママチャリ効果は実感できると火付け役?になりましたが、レベルアップ、この高地+年齢でロードへの沼は??と(笑)対価格効果は特に薄いですよ。冬は走れませんし。(生活実感)

一番の売り手である近藤サイクルの店主さえここ数年乗っていないと・・・言っていました。少々カキ氷でも食べて冷やされたほうが・・・


投稿: baja | 2006年8月16日 (水) 16:33

>baja様

貴重なご助言、ありがとうございます。

>この高地+年齢でロードへの沼は??と(笑)
実用チャリ乗りとしては、同じところをより楽に走行することに主眼を置いています。(笑)
したがって、トレーニングの意味合いは薄いわけで。

カキ氷を食して検討した結果(笑)、CS-2500をベースに、ドロップハンドルと細身タイヤにカスタマイズするあたりが、費用対効果比上はいいように思っています。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年8月17日 (木) 06:29

前言>言いすぎでしたかと反省しておりましたところ

それは懸念でしたことがわかり安心いたしました。
昨今のロードブームには??、それも高価なものが・・次々と紹介されたり
さらにエスカレート盗難事件までと。考え方の相違。

>CS-2500をベースに、ドロップハンドルと細身タイヤにカスタマイズするあたりが、費用対効果比上はいいように思っています。

ドロップだとポジションが重要ですので、CS-2500はフレームサイズは選択できるのかな?細身タイヤはスピード効果大だと思いますが、日常の通勤にはどうでしょう。時には思い荷物も持つでしょうし。それに泥除け、サイドカゴもつける?かっこ悪くならない? 近藤さんに相談してもはっきりダメとは言わないでしょうから(笑)自己判断で。

投稿: baja | 2006年8月17日 (木) 08:57

>CS-2500をベースに、ドロップハンドルと細身タイヤにカスタマイズするあたりが、費用対効果比上はいいように思っています。

それ、沼の中でも性質の悪い部類ですきっと(笑)
CS-2500はロードと互換性の悪い
(無いとは言えない・・とこが更に性質悪い^^;)、
MTB系のパーツが多用されております。
変速系の整合性をとったり苦労した挙句に、
金額的には入門用ロードが買えるほどかかりました
(でも、入門用ロードの方がずっと性能がいい)・・
という状況が水晶玉に映っております(笑)
あと、CS-2500のリムにはそんなに細いタイヤが付けられません・・

ロードレーサーは「乗る事」のみを求めるものなので
(故に乗っていて一番楽しいのですが)、
積載性とか走破性とかを求めると選択肢が別なほうになります^^

■シクロクロス
http://www.selectit.jp/item_bike/cyclo.html

ロードレーサーの冬季練習用に生まれたジャンルです。
泥濘路だろうが凍結路だろうが積雪路だろうが走れる走破性を持ち、
それでもだめなら自転車担いで走ります(本当です^^;)。
行きつけのショップ界隈のお話ですが、
雪が降ると、シクロクロス乗りさん達が喜色満面、
犬のように野を駆け回る姿が見られます^^;

舗装路でのスピードは純粋ロードレーサーに敵いませんが、
通常用途ではほぼ準じる軽快性を楽しめると思います。
ドロヨケもキャリアも問題なく付けられます。
fukuzoさんが長らく通勤車にしていたのもこれでした。

●BIANCHI LUPO
http://www.selectit.jp/item_bike/xbcyclo0005.html

高いの買うばかりが自転車の楽しみではありませんので、
CP高く基本性能のいい機種を選んであとはDIY(お得意分野・・)で、
コツコツ楽しむのがよろしいかと思います^^

---

個人的には、班長殿にはこんなのが似合うと思ってたりして^^

■丸石ランドナー
http://www.81496.com/jouhou/rundnar/maruishirundnar.html

投稿: Tongchai | 2006年8月17日 (木) 16:06

>baja様

うーん、やはりカキ氷食して冷やした程度では、付き刃の浅知恵というところですねぇ。(笑)

ただいえるのは、実用のチャリ乗りは、冬も続くでありましょう。

CS-2500の取説には「タイヤやハンドルを変えることによって、ロード寄りにもマウンテンバイク寄りにも性能を変えてやることもできます」のようなことがちょこっと書いてあったものですから。

>Tongchai様

おおっ、拙ブログの1エントリーよりはるかに内容の濃い書き込み、ありがとうございます。

>それ、沼の中でも性質の悪い部類ですきっと(笑)

ご指南、ありがとうございます。
なにか、どこかでそんな予感がしていました。
取説には、「タイヤやハンドルを変えることによって、ロード寄りにもマウンテンバイク寄りにも性能を変えてやることもできます」などと書かれているものですから、ついそんな気になってしまいました(笑)

ご紹介の機種、どれも、目移りしてしまいます。

どのみち、予算措置にはまだ時間がかかりますので、じっくりと自分にあった一台を時間をかけて選んでいくことにします。

実用を兼ねているから、必要と決めたら躊躇はないでしょう。
逆に、自動車免許が戻ってもこの実益兼趣味が続くのだろうか、というかすかな懸念はありますが(笑)

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年8月17日 (木) 20:35

ど長文コメント失礼しましたm(_ _)m

取説の文言には間違いはございませんです^^
ローコストかつ効果的に「どちらかに寄せ」られます。
ただ、極限まで寄せようとすると費用対効果が一気に悪化します。
そのへんの塩梅と申しますかさじ加減と申しますか。

>>自動車免許が戻ってもこの実益兼趣味が続くのだろうか、というかすかな懸念はありますが(笑)

では、続けたくなりそうな記事をおひとつTB発射(w

投稿: Tongchai | 2006年8月17日 (木) 23:55

>Tongchai様

>極限まで寄せようとすると
このへんをどうするか、ですよね。
まだCS-2500が来て20日ですから・・・(笑)

でも、20日の間に、自転車に対する認識は大きく変わりました。

TBありがとうございます。
うーん、マイッタ。一本!
ゆうひぶたっくす浄化計画始動か(笑)

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年8月18日 (金) 07:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/11446957

この記事へのトラックバック一覧です: 真昼の錯覚:

» 12cm減 [0.3HP]
ジーンズ用のベルトに穴をひとつ追加。 [続きを読む]

受信: 2006年8月17日 (木) 23:52

» Ride on my Bicycle。 [Legin PHOTO Diary]
承前。自転車が届きました(^^)/。 私が購入した自転車は、GIANT CS32 [続きを読む]

受信: 2006年9月 1日 (金) 22:03

« 海無し県人の海 | トップページ | 逃避行 »