« 真昼の錯覚 | トップページ | 5ヶ月の記憶 »

2006年8月21日 (月)

逃避行

たかがチャリなのに、なんでそんなに心を奪われるのか。

早番の時は、電車では間に合わない。免許もない。免許が戻ったとしても、通勤用の車がない。車があったとしても、駐車場がない。
そう、やっぱりオトーサン専用チャリが必要なのだ。
いいチャリに目覚めても、エンジン付きより高価なのはどうも。。。
いきなりロードレーサーなのも自信なし。

行きつけのお店に行ってみた。
いろいろ質問してみた。
ドロップハンドルやチューブラータイヤの実物も見た。ちょっと手強いなぁ。

そして。。。ロード寄りクロスバイクに決断したんだ(笑)

DA21Ltdが買えてしまうだろう。ママチャリなら3、4台買えるに違いない。
中古のキスデジ買うにもやっとの思いでローン組んだのに。
でもエスティマ一年分の自動車税だと思えば。

そこには、すんなりと逃避という名前のチャリを注文している自分があった。
今一番夢中なのはスポーツ系チャリなのだ。

|

« 真昼の錯覚 | トップページ | 5ヶ月の記憶 »

コメント

ご購入オメですっ!^^v
そうですか、巨人の逃避行でございますか。
CSよりもぐっと身軽な車種なので、
きっと走っての楽しさは増すことと思います。
坂道もCSより快適だと思いますよ~。

自分もロードの蒼オニ号に乗って、
カルイザワ方面に進撃したくなってきましたよ(わくわく)
その節はどうぞ宜しくです~。

投稿: Tongchai | 2006年8月21日 (月) 18:19

>Tongchai様

先日は、いろいろアドバイスをいただきまして、ありがとうございます。
紹介いただいた車種とてもよさげでしたが、ちょっと予算が届かないか身長が届かなかったのですが・・・シクロクロスバイクのご紹介のところに”逃避行”の一変種がおりましたです(笑)
本格的ロードになるほど、タイヤは細く、ちょっとパンクの心配もありますし、ドロップハンドルももうちょっとのめりこんでからでよいのではないか、と。
そのときは、一部改造ではなくて、最初からそういう車種を選びましょう(笑)とのやりとりでした。
値段の割りに軽く、リムも700×25Cには対応できそうなので、今回はこれで行きます。

>カルイザワ方面に進撃

ぜひぜひ。その節はお声掛けください~。
こちらからは14kmあまり。私のへたれエンジンでも到達可能でありましょう。
逃避行は在庫豊富(笑)、数日で来るでありましょう。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年8月21日 (月) 19:09

チャリ導入予備軍の一人です(^^)。

うーむ、ターゲットとする価格帯が一致していますね(^^;。
こちらは、スポーティでスポークがカッコイイ逃避行にするか、
 割と自転車っぽい3200/3400にするか迷っています。
来月前半には、何らかのチャリに乗っていると思われます・・・。

投稿: Legin | 2006年8月21日 (月) 19:22

巨大公司 逃避R3でしょうか、ご購入おめでとうございます。
ギアもワイドだし、軽量だし、楽しく走れそうですね。^^
自転に乗るということは、日常にありながらも、日常からの逃避行、日常のなかの非日常のきぶん、「逃避」いい名前ですね。^^

投稿: fetta1.8 | 2006年8月22日 (火) 01:04

おめでとうございます!
予想以上に決断早かったですね~(^^
うちはドロップハンドルを握りたいがために
純粋ロードにしたようなものでしたが、
そうでなければ逃避行はまさにベストな1台だと思います。
車重もうちのアルミロードと大差ないですしねー

とは言えそのドロップハンドルも、敷居が高い割には慣れてしまえば
「フラットハンドルの方が腕が不自然で辛い」
とふたまママに言わしめるくらい使いやすいものですよん。
いずれ「次」に行かれる際は、そこは迷わずともきっと大丈夫っすよ~

投稿: ふたまパパ | 2006年8月22日 (火) 03:48

>Legin様

>チャリ導入予備軍・・・
おおっ、じわじわと広がるPP自転車部(!?)
私の場合その分PENTAXへのお布施は減るのですが(笑)
でも、良い楽しみだと思います。

>スポーティでスポークがカッコイイ逃避行にするか、
 割と自転車っぽい3200/3400にするか

逃避行:軽い(フレームが華奢っぽい)、タイヤが(比較して)細い。→走行が軽いのではないか、との期待を込めて導入しました。

CS3200/3400は自転車として伸びやかでカッコいいスタイルだと思います。フロントサスが入っていたりフレームが骨太だったり、タイヤは比較的エアボリュームのあるもので、逃避行R3よりはマウンテンバイク寄りなのかなと思います。
この辺の判断がポイントでしょうか。
3200と3400ではリヤの歯数が違うのが不思議です。CS2500と逃避行R3との比較インプレッションは今週末にはできる予定!?です(笑)

>fetta1.8様

ずばりR3です。CS2500はすっかり息子の(オトーサンの実験台ともいう)お気に入りになり、もう一台CS2500でもいいかもなどとも思いましたが、ここは息子とは一線を引く意味でも(笑)。お値段の割りに軽く走れそうなので、決めました。通勤も日常の中の非日常を楽しめそうです(笑)

>ふたまパパ様

>ドロップハンドルを握りたいがために
純粋ロードにしたようなものでしたが

実はこの辺は悩みました。へたれエンジン者としてはスピードは出さなくても向かい風でも有用ではないか、とか・・・。
ポジションもそのときのヤル気に応じて変えればいいのだし。

結局は、今回は納期とお値段重視。来月からは出勤時刻もパターンが増え、ドロップハンドルだとちょっと高めなので。絵に描いたもちより、まずは現実のもちを確保して・・・(笑)というところです。

「次」があるとすれば、もちろん純粋ロードです。(笑)


投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年8月22日 (火) 08:35

なんだか、目がキラキラしている幸せそうなオジサンの姿が想像できます。(^^

「逃避行」ちょろっと覗いてみましたが・・・なかなか良さそうですね。通勤用に使う実用性も十分に高そう。で、思ったこと。
「カメラって・望遠鏡って、高いなぁ。」(笑)
・・・改めて、ちょっと惹かれたクルマのお値段を見て。
「あー、やっぱり同じだぁ。」(爆)

運動不足を実感するこの頃、P2背負って自転車遠征したら少しは健康的になるかも。(笑)

投稿: ich | 2006年8月22日 (火) 21:11

あ、ここにもクロスバイクを増殖させてる御仁が^^;

確かに通勤用途には目立たないクロスバイク、しかもリジッド
という選択はナイスだと思います。

後は泥除けと荷物をどうやって運ぶかですねー

それと心拍計もぜひ予算計上しておいてください

投稿: fukuzo | 2006年8月22日 (火) 22:59

>ich様

>目がキラキラしている幸せそうなオジサン
当りー。(笑)

>「カメラって・望遠鏡って、高いなぁ。」(笑)
例えば、あの今川焼き程度の大きさのDA21Ltdと天秤にかけると(笑)、うーん今は人力バイクかなぁ。
必要性に裏打ちされているとはいえ、あー、ますます遠のくDA21よ...
でも、自動車は高いなりに価値は認めるとしても、自動車税はしょうがないから払うけれど高いものです。そう思えば、逃避行ポチッは迷い無しです(笑)

それにしても、P2背負うのは結構辛そう。。。

>fukuzo様

おおっ、自転車のお師匠にコメントをいただけるとは!
選択が妥当な方向とお聞きし、どこかでホッとしております。(笑)
泥除けはオプションで用意されています。ちょっと高いなぁ。
荷台も、装着のためのダボ穴があいていて、装着予定です。
心拍計・・・いよいよその世界に行くのだろうか・・・(笑)

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年8月23日 (水) 18:17

こんにちは。PENTAX PEOPLEからやってきましたー。
クロスバイクはいい選択しましたね!
しかもジャイアント。

私はビアンキのロードレーサー乗ってます。
自転車は楽しいですよー。
パーツを色々換えるのも楽しいですよー。
そのうちジャージが欲しくなるんだ、これが(笑)。

また遊びにきますー。

投稿: top-to-toe | 2006年8月26日 (土) 14:10

>top-to-toe様

>ビアンキのロードレーサー
つい最近、この言葉が分かるようになってきました。(笑)
本格的なのにお乗りですね。

パーツを色々変える・・・すでにドロップハンドル化を検討中です(笑)

昨晩は、GIANT CS2500を駆る息子と隣の町までツルンでいたのですが、突然の大雨で濡れ鼠一丁二丁出来上がり。
それなりの服装も必要だと痛感。

また、お気軽にお越しください。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年8月28日 (月) 10:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/11543872

この記事へのトラックバック一覧です: 逃避行:

» 絶対。 [Legin PHOTO Diary]
たかが自転車なのに、なんでそんなに心を奪われるのか。・・・と書き出したくなるよう [続きを読む]

受信: 2006年9月16日 (土) 23:28

« 真昼の錯覚 | トップページ | 5ヶ月の記憶 »