« CS2500の災難 | トップページ | 本日の走行 »

2006年9月13日 (水)

バッファ開放のための外部記憶

思考の泥沼の逃避行R3ドロハン化計画、踏み出すことに。

Drop_image

(ああ、みたくねー、自分の姿。まさにHNそのものorz)

シマノお客様相談センターにも聞いてみた。(笑)

覚書
シフター シマノSORA ST-3304

フロントディレーラーFD2203-B シフターに対応したものを

リヤディレーラー SORAではリヤ27Tまででキャバが足りない。ではMTB系ACERAと組み合わせては。。
シ:はっきりいいまして、厳密にはひきしろは違います。
私:でもその組み合わせの完成車を出しているメーカーもありますが。
シ:ごまかしの範囲で。。。シマノとしてはできますとは言えません。

まあ、㈱ジャイアント並に可能と解釈し(笑)MTB用のRD-M340-Lを採用。

SORAのブレーキレバーでVブレーキは行けますか。
シ:それは駄目です。カンチブレーキなら。。。それはOKです。
TEKTRO TK992Aカンチブレーキを選定。

発注。ジ社逃避行T1またはグレートジャーニー2より安くあがればまずは成功か(笑)

|

« CS2500の災難 | トップページ | 本日の走行 »

コメント

あ、もう発注しちゃったんですね^^;
SORAと組み合わせるならRDはDEORE位にしておいた方が…
ACERAですとSORA比2グレード程低くなりますが…
って言ってももう遅いっすね(笑)

ACERAのRDは私も弐號機に使ってますが、
プーリーがやたらとでかくてMTB系のZEBRANOはともかく、
細身ロード寄り、てかドロハンロード指向R3に似合わない気が…
って言ってももう遅いっすね(笑)

ともあれ完成を楽しみにしています^^
ドロハンにすると的確なポジション出し必須ですので、
ステムやらハンドル本体やらシートピラー(多分これ必須)やら、
あとから買い換えるものがやたら多くなると思います。
お財布も温めてあげて下さいね(笑)

投稿: Tongchai | 2006年9月13日 (水) 22:30

電突乙です。
カンチブレーキに変更すると、あまりの効きの悪さに涙するでしょう・・・
シューが減った時の引きシロの調整機構も考えてあげてください。

シマノのBR-R550は割と評判良いです。(使った事ないですけど)

シートポストは・・・オフセットが違うのかなー?

投稿: fukuzo | 2006年9月14日 (木) 05:55

>Tongchai様

>RDはDEORE位にしておいた方が…
あっ、そうなんですかぁ。
アセラないでじっくりやればよかった。(笑)
まあ、ジャイアントのこのクラスはお買い得価格が特長なので、様子を見ます。
以前より一段ハイギヤが好みになってきましたので、リヤ27Tまでにすればまたパーツ選択肢も増すかと。

kのところ近所に熊が出没し、とても星見ライナーどころではないのでリヤの大径もこだわらなくてもいいかもしれません。

寸法のの煮詰めは、多分一番カットアンドトライが必要だと思われます。またそのときはご助言いただけたら。。。

>fukuzo様

カンチブレーキは効かない・・・各所で聞いてまいりました。
この点は少し悩みました。せっかく効きの良いVをわざわざ換装するのですから。。。
ロードでVブレーキをひけるレバーを作ればいいのに、と思いました(笑)

シートポストも・・・実はサスペンションシートに違和感があって、替えたいなと思っています。うーん、変数が多くて解がなかなか出そうもないなぁ。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年9月15日 (金) 12:33

携帯で閲覧していたので御勇姿を今日初めて見ました^^;
走行中のお写真ではないのは承知の上で(笑)

・前傾時に背筋が反り返らないよう、骨盤を立てて背中を丸める
・ペダルの踏み位置は ×土踏まず ○拇指球(親指付け根の出っ張ったとこ)
・踏み込んだときに踵は下げない(ほぼ90度の角度を保つ)

車体に関しましては、もともとそういう設計でないので仕方ないのですが^^;
ドロップポジションで前輪車軸からご尊顔が飛び出してしまいますねー。
ステムを長くしてポジションを合わせるのは難しそうです。
トップチューブの長さもだいぶ短いようですので、
対策としては後方にぐわっとオフセット出来るシートポストを装着、
例えば http://www.cb-asahi.co.jp/image/kaigai/tioga/spt017.html
着座位置を後輪軸に近づけることでリアの加重抜けを防ぐ。
お写真のドロハン装着状態で、下りでフルブレーキングすると前転するかも・・
カンチになるのでVほどの危険は生じないと思いますが。
パニックブレーキ時にはお尻を後方にぐわっと突き出して前転を防ぎますが、
班長殿のマシンには固定式のカゴがあるのでそのメソッドも封じられています(汗)
運行の安全確保は風圧軽減に優先すると思われます。
セッティング大変だと思いますががんばって下さいね~。

#神経質にならなくてもいい様な気もしましたが、
#下りで60km/hとかお出しになっているので老婆心ながら

投稿: Tongchai | 2006年9月17日 (日) 11:22

>Tongchai様

不良中年オヤヂを暖かくご指導いただき、ありがとうございます!

豚肉勇姿?は、有線回線が調子のいいときに後から挿入しました。(笑)
ポジション、胴長短足が災いしているものと思われますorz
ESCAPE T1(ドロップハンドル)とカタログで見比べると、やはり、シートポストでオフセットするしかなさそうです(^^;

姿勢については、BiCYCLE CLUB 9月号で勉強を始めました。
(笑)
今までも、エンドバーを握ったときは、無意識に骨盤を押して立てていたようで、肉エンジンがトルクアップしたような気がしていました。納得。

たちの悪い沼にズブズブ邁進中です。(大汗)

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年9月18日 (月) 19:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/11881906

この記事へのトラックバック一覧です: バッファ開放のための外部記憶:

« CS2500の災難 | トップページ | 本日の走行 »