« 昨日の走行( 早番編) | トップページ | 戦い終えて、夕空晴れて »

2006年9月 8日 (金)

安全の確保は、輸送の生命である

早番。
霧はあるものの、カッバは不要。
汗がこもらない分、バワーを上げられるぞ!

早朝は国道も空いていて快調。
下りでもバワー注入。速度53 54 55...更に前傾姿勢をとると56 58 60!

ちと大人げなさ過ぎ。勤務はこれからだし。
平静を取り戻し、巡航。

到着目前、トラックの幅寄せを嫌って強めにダッシュ、左に進路をとった時だった。
つるっと前輪が横に滑り・・・
ドブの鉄網が霧に濡れていたorz
電車の発車時の喚呼は、
点灯。発車。定時。
だが今日は、
転倒。落車。いてー痔。(謎)

幸い、軽い打撲と擦り傷ですんだが、けがをしたら出勤遅延どころでは済まない。反省。

行き
Dst9.21km Tm0h19m01s Av29.0km/h Mx60.0km/h

帰り
Dst9.77km Tm0h44m15s Av13.1km/h Mx46.0km/h Odo212.1km

チャリも安全運転が大切だ、と身に染みた一日だった。

|

« 昨日の走行( 早番編) | トップページ | 戦い終えて、夕空晴れて »

コメント

転倒は2輪の宿命ですからね・・・。コケないに越した事はない、というのが理想ですが、私は、コケた方が経験によって得るものが多いと考えるタイプです(^^;。
そのまま自走できる種類のアクシデントで何よりです。

投稿: Legin | 2006年9月 8日 (金) 20:45

軽傷で何よりでした。
自転車も、道路交通法下では立派な車両でしたよね。
下手な原付より速いのですから、ぜひ安全運転でお願いします。

投稿: ich | 2006年9月 8日 (金) 21:10

規定の遵守は、安全の基礎である(謎)

気を付けて下さいね~

投稿: のんきち | 2006年9月 8日 (金) 23:21

お怪我なくてなによりです^^
60km/hから鉄蓋で飛んだらただじゃすまなかったでしょうね~。
転倒時にパンクした場合も定時運行可能な装備は揃ってます?

投稿: Tongchai | 2006年9月 9日 (土) 05:41

>Legin様

>コケた方が経験によって得るものが多い
たしかに今回コケずにいたなら、さらに大きな事故になってはじめて気づいたかもしれません。
そういった意味では、いい経験になりました。
鉄道では横のグリップというものは考えないし。
でんしゃとじてんしゃを一緒にするな>自分(笑)

>ich様

ちょっと擦りむいていましたが、そんなことはおくびにも出さずに勤務に就きました(笑)
交通従事者が無謀運転でこけて大怪我をしたら、こんどこそクビではあるまいか、と(反省・・・はサルにでもできる)

>のんきち様

注意一秒、怪我一生。
自転車乗れなくなったら、もうだめぽ。
安全綱領をもう一度見直してみる自分。
まだ、これからがあってよかった。

>Tongchai様

>60km/hから鉄蓋で飛んだら
車に轢かれなくても、落車したら死ぬかも、と恐怖がよぎりました。
車も早く自転車をやり過ごしたいらしくて、いやーな追い越しをかけます。無意味にクラクションならされたり、無理に幅寄せするトラックとか・・・。
車と競わない田舎道を模索中です。

>転倒時にパンクした場合も定時運行可能な装備は揃ってます?
グキッ!ただちに対策せねば。またショップにいこうっと(笑)


投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年9月 9日 (土) 19:22

10年以上前のことですが、近所の兄ちゃんが酒宴出席のため自宅から自転車に乗って会場へ行く途中、曲がり角で浮き石に前輪をとられて転倒..帰らぬ人となった事故がありました。
ふだんから人通りも少ないのんびりした農道なのに..
事故要因は思わぬところに潜むもの。どうぞ、お気をつけください。

自身の自転車転倒経験は、中学時代に商店街で急に道を横断したおばさんを避けようとして転倒。
前歯がぐらぐらになり、そのまま放置したため歯が1本今も白色戻りません。
2輪車(バイク)での事故経験は高校時代。
シャーベット状うっすら降雪路でうっかり前ブレーキをかけたために転倒。
当たり前ですね、これは(爆)
現在、たまーにママチャリに乗る程度で普段は4輪車ですが、2輪車とのすれ違いは気を遣いますね。

投稿: ken28 | 2006年9月10日 (日) 18:54

お怪我大したことがなくて何よりでした。
自転車はタイヤが細いですものねぇ…。

私は、最近原チャリでも転んでいないので、
自分の運転を見直すきっかけにさせていた
だきます…。

投稿: うなむ | 2006年9月11日 (月) 04:54

>ken28様

>帰らぬ人となった事故・・・
このコメントをいただいたあと、息子が自転車を大怪我させました。本人は、軽い打撲のようでしたが。
これも打ち所が悪ければ、自転車の損傷具合から見て大事に至った可能性もありました。
親子ともども反省をしました。
特に、二輪車は箱に守られていないので、気をつけないといけませんね。

>うなむ様

ロード系の細くて空気圧の高いタイヤは、どうも雨の時の鉄蓋で横滑りがしやすい感じです。
むしろマウンテンバイク系の方が、いいのかなぁ。
二輪車の運転は気をつけましょう。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年9月15日 (金) 12:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安全の確保は、輸送の生命である:

« 昨日の走行( 早番編) | トップページ | 戦い終えて、夕空晴れて »