« 切るとくーるの法則 | トップページ | 本日の走行 »

2006年9月30日 (土)

スポーツサイクルある歴2ケ月

車の免許が更新保留になって3ヶ月。
CS2500が我が家に来てからちょうど2ヶ月。
これが来てから1ヶ月強。

R3_1month

本日までのOdo 553.9km 
在来線 東京~大阪間にほぼ匹敵。
ようやく、泥除け装着。

この後付泥除けの位置合わせが意外と難物。
機種専用ではないので、ぴしっといかないし、ゴムの位置決めなので、走行中の振動などでずれる。難しい。

久しぶりにクロスバイクのCS2500に乗ってみると、エアボリュームの大きめなタイヤ(700×38C)がおおらかに感じた。通勤時の荒れた路面にはむしろいいのかな、と少し思った。
一方、軽快感、シャープ感はR3のほうが上。
一ヶ月乗ってみて、このまま使うなら、この種の用途としてはコストパフォーマンス充分で(耐久性については未知なので、いまのところ)満足。変な気さえおこさなければ。

ただし、ブレーキパッドがもう磨耗限度に達したorz 特に片摩でもないのだが。
これって相場なのだろうか。
パッド代が3円/kmだとしたら、ちょいと高くはないか(笑)

----- 以下、ある阿呆の覚書 -----
カンチ換装実験。使用前。
Linerpull

使用後。

Canti_orz

Vブレーキとカンチブレーキのアームそのものの取り付け寸法には互換性はある。
しかし、R3(サイズ380mmの短足仕様のせいもあるが)シートポスト後部から、ブレーキ取り付け台座にかけてのスペースが不十分で、カンチブレーキのイカの頭部のような形状をうまく確保できない。ヨワッタ。

Cantiwire_orz

これを回避するには、トップチューブ途中からワイヤーを起こし始め、シートポスト途中から落とさないと。。。

ドロップのブレーキレバーは、それ自体にかなりテコ比が大きくとれるようになっていて、Vブレーキのままでは握る力に対してブレーキ力が大きくなりすぎることは予想できる。

ただ、シマノSORAのレバーは、引き代そのものは、R3オリジナルのショートアームVブレーキの引き代実測11mmはクリヤできそうなので、承知の上でVブレーキで済ましてしまおうか。

|

« 切るとくーるの法則 | トップページ | 本日の走行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/12098751

この記事へのトラックバック一覧です: スポーツサイクルある歴2ケ月:

» 自転車一ヶ月。 [Legin PHOTO Diary]
あっという間に、最初の自転車が納車されてから1ヶ月が経とうとしています(^^)。 [続きを読む]

受信: 2006年9月30日 (土) 22:01

« 切るとくーるの法則 | トップページ | 本日の走行 »