« Vブレーキに改造戻し | トップページ | カゴの変更 »

2006年10月19日 (木)

*istD手術

35km/h走行中のチャリからカメラバッグごと落としてしまったPENTAX  *istDの調査をしました。
スポット測光にして、懐中電灯の光を測ると・・・、中央ではなく、中央上測距点あたりに感度のピークが来ますorz
測光素子の光軸がずれたと推定。
修理の期間、手元にないのも不便だし、仮に(!)K10Dを買うにしても、納期が延期になったし。。。
こうなったら、調査してしまおう。(笑)

Istd_topcover

上画像の白矢印の緑の基板の下に、プラスチックのレンズがはまっています。
測光素子に結像させるためと思います。

Sensor_lens

このレンズが微妙にではありますが、カタカタ動く感じです。
接着剤で固定して、元に戻すと、なから良好な位置に感度を持ちます。
直ったことにした。

「JR小海線 岩村田」・・・誰かさんから風邪をもらって遠出は断念(笑)
From_muta_saku

著しいオーバー傾向はなくなって、ノーマルな露出のようだ。
smc PENTAX-DA  1:4-5.6  50-200mm  ED

|

« Vブレーキに改造戻し | トップページ | カゴの変更 »

コメント

すげえ!
班長殿(あえてこう呼ばせていただきます)も、オレンジ色のセロハンも・・・

「衝撃でもともとの接着剤が外れた」と考えれば良いのでしょうか?

投稿: fukuzo | 2006年10月20日 (金) 04:57

さすがですねー。(記憶違いでなければ)
この*istDが手術を受けるのは確か2度目だったような?

PENTAX初のDSLR、大事な機材ですので、めでたく後継機(K10D?)を手にされたら
メーカー修理されるのがよろしいかもしれませんね。

投稿: ich | 2006年10月20日 (金) 06:20

>fukuzo様

もともとは、接着してはいないような感じです。
自然に収まるべき溝に、収まっているのが所定です。
初作という事で、フレキシブル基板が走りまくり、無理やり詰め込んだ感もありますが。*istDをあの時点で出さなければ今日のPENTAXはなかったと思います。

>ich様

>2度目
よく覚えていらっしゃる。
一度目はスーパーインポーズのずれでトップカバーは開いています(笑)
後継機は未定ですが、いずれメーカー修理が望ましいですね。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年10月20日 (金) 06:55

ご自分で治してしまうところが流石ですね。
最近50-200mm気になっています…。

投稿: うなむ | 2006年10月21日 (土) 14:58

>うなむ様

今ひとつ確証がつかめないうちに直ってしまいましたが、このあたりが原因なのは濃厚です。

この50-200mmは、気楽に持ち歩けるのがいいです。
ボケ味は☆レンズのようには行きませんが、シャープ感もけっこうあり、軽くてお散歩にはとても便利です。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年10月21日 (土) 21:06

さすがは班長殿~。
ウチのはまだ入院先から帰還しませんが、
また壊れた際は参考にさせて頂きます。
DとDSは少し違うかもしれませんがー。

投稿: のんきち | 2006年10月21日 (土) 23:31

ワタシなどは「スポット測光にして懐中電灯の光を測る」という検査方法すら
思いつきませんよ。「何か変なんですけどぉー」なんてペンタックスフォーラムに
持ち込むでしょう。すごいっす。自転車といい、カメラといい「自分でやっちゃう」
というスタンス。

投稿: TEZ | 2006年10月22日 (日) 06:07

いつものことながら、機材を自力で修繕なさる姿勢には驚嘆と深い敬意を感ずるばかりです。

世の中、総じて使い捨て社会..
さすがに高価なカメラは使い捨てできませんが、「飽きたらオークション等でさばいて買い替え」傾向がある中で本当に素晴らしいことだと思います。
ただ、その卓越した技量が却って新機種K10D導入遅れになりはしないか?と懸念します(お節介)
#こちら、実はK10D導入を当分諦めねばならぬ状況に..(謎)

投稿: ken28 | 2006年10月22日 (日) 21:30

>のんきち様

スポットでどこに感度分布が来るか測れば、というヒントを戴き、ありがとうございました。
お陰様で、この辺ではないかと目星を付けられました。
がたつきのどちらで固定すればうまく行くかは1/2の確率でしたが一発目に正解にたどり着いたようです。

>TEZ様

>検査方法:上記のんきち様よりアイデアを拝借しました。
ペンタックスフォーラムに持ち込むほうがいい事は、私もそう思います。
何日か手元にないのが、ちょっとつらいもので。
やっぱ、デジイチも予備機が必要かな。(笑)

>ken28様

多くの場合、メーカー修理のほうが技量も設備もノウハウもあるので安心なはず。なのですが、
何回修理に出しても直ってこない、(実は一旦直ってもまたすぐ再現する)という種類の故障はがたつきとか半田不良とか初歩的なものがあります。
特にS社オーディオにはよくありました(苦笑)
というか、自分で調べてみるのが趣味なのかも。(笑)
今回は、想定を越えた衝撃を与えたのが原因なので自分がいけないのですが。

>新機種K10D導入遅れになりはしないか
デジイチにも予備機が欲しい・・・今回は10/20発売のカメラ月刊誌の作例をみるにつけ、K10Dゴーサインの色は濃くなりつつ。

でも、現実には小型ミサイル75SDHFのイメージサークル有効利用のため、645(価格的にもちろん銀塩中古)だったりして。
PENTAXさん、ごめんなさい・・・かな(沈)

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年10月23日 (月) 08:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: *istD手術:

« Vブレーキに改造戻し | トップページ | カゴの変更 »