« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月29日 (日)

本日の走行

STI化後、初めての早番。

行き:R18コース。向かい風ややあり。
Dst9.22km Tm0h20m48s Av26.7km/h Mx51.5km/h Odo1001.2km
おおっ、記念すべき1000km達成。
しかし、ここのところ運動不足。足が回ってこない。

帰り:八満経由。ほぼ無風。
Dst9.70km Tm0h41m56s Av13.7km/h Mx34.0km/h Odo1010.9km
足がなまっている感あり。
その割には、タイムは普通。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月28日 (土)

カントリーロード第二章

シマノのディレーラーが届き、昨夜STI化が完了した。
さっそく試運転をかねて小海線沿いに行ってみた。

Derailuers

続きを読む "カントリーロード第二章"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年10月27日 (金)

さらばSRAMよ~

意外にこの日は早くやってきた。

Derailuer

いつもの自転車店から良い知らせが。

続きを読む "さらばSRAMよ~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月25日 (水)

初心に戻る

自家用車無しの天体機材は、初心に戻ろうと思う。

・自転車で運べること。
・気軽に楽しめること。

Potaseki

体調維持を考えると、
天体写真で根を詰めすぎるのはやめようと思う。

続きを読む "初心に戻る"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

雨の日はチャリ乗りには退屈だ

雨の日でも、仕事で必要ならカッパ着てでもチャリには乗るのだが。
わざわざ濡れてまでして、趣味のチャリ乗りをするほど入り込んではいないようだ(笑)
雨が止んでから、近所の本屋に言った程度。
PENTAXが紙面を賑わしていて、ちょっとばかり嬉しい。
Odo 905.8km

晴耕雨読というわけでもないですが、フォトアルバム小海線駅巡りに写真を追加してみました。
一応、乙女~信濃川上までの各駅が揃いました。小諸と東小諸はどうした>自分

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

カゴの変更

試験的に24kgほどの荷物を乗せてみた。
カゴはサイドバスケットにして、荷台と併用したほうが積載能力は増すようだ。
これは、天文機材の輸送を想定しています。

Side_cargo

続きを読む "カゴの変更"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

*istD手術

35km/h走行中のチャリからカメラバッグごと落としてしまったPENTAX  *istDの調査をしました。
スポット測光にして、懐中電灯の光を測ると・・・、中央ではなく、中央上測距点あたりに感度のピークが来ますorz
測光素子の光軸がずれたと推定。
修理の期間、手元にないのも不便だし、仮に(!)K10Dを買うにしても、納期が延期になったし。。。
こうなったら、調査してしまおう。(笑)

Istd_topcover

続きを読む " *istD手術"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年10月18日 (水)

Vブレーキに改造戻し

ロード用ブレーキレバー(シマノsora)ということで、考え無しにカンチブレーキに換装したわけですが、

Ctb

ブレーキの作用には、特に不都合はなかったのですが、リヤブレーキに関しては、

・迂回させたワイヤーが、乗降に邪魔。
・ワイヤーが、左の太ももあたりをいつもかすって気分がイマイチ。
・サドルの高さを変えるごとに、ブレーキストロークの調整がいるorz

という、はじめから予想できた不具合に見舞われました。

続きを読む "Vブレーキに改造戻し"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

目指せ!信濃川上

前回の目的地、JR小海線の佐久広瀬からわずか一駅、
信濃川上に向かった。

Sase_waka227d

佐久広瀬~信濃川上間

列車では5分、大したことないだろうと思っていました。

続きを読む "目指せ!信濃川上"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年10月14日 (土)

R3小改良と *istDの受難

サイクルベースあさひから取り寄せた、dixna(オフセット35mm)のシートポストに換装。
サドルも、目いっぱい後ろに寄せて取り付けてみた。
R3オリジナルのサス付きより、クランクがビシッと回せる感じ。
これに気を良くして、ポジション微調整。

ドロップハンドルが下を向きすぎている感じがしたので、自転車のカタログを参考に、イメージで少し上向きにしてみた。

Escape_r3d2

人車一体感が俄然向上し、走りが楽しい。必要もないのに走りたくなる(笑)。
が、前半、ポジションやら泥除けの位置調整に時間を使いすぎたので、近所にしておいた。

気分良く約35km/hで走行中、段差発見!
かわすため前輪をポンと浮かせた次の瞬間、後のカゴから*istDを入れたカメラバッグが吹き飛んだorz
ゴメンよ、PENTAX *istD!
・・・K10Dが頭をかすめたのは内緒です。

続きを読む "R3小改良と *istDの受難"

| | コメント (10) | トラックバック (1)

本日の走行10・13

帰り:糠塚山南迂回~三岡~コース
やや強い向かい風。
Dst11.92km Tm0h44m59s Av15.9km/h Mx37.0km/h Odo707.7km

今日はいつもの向かい風の下のデータなので、ギヤ1段~2段分強くなった感じは伊達ではなかったようだ。

ドロハン化以前は、同コースも帰りはAv=13km/h程度がやっとだったので、やはりドロップハンドルによる風圧抵抗低減効果は、はっきりと認められる。

追記:昨夜はエントリ中寝てました。Mx3.0km/hとか(笑)
実は、シートポストも変えています。後へ35mmオフセットしたリジッドなものに。(R3オリジナルはサスペンションポスト)
ポジションが改善されるとともに、位置が負荷状態によって変動する気持ち悪さから開放された。自分にとっては、サスペンションポストは合わなかったようだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

乙女心と秋の空?

巷は連休でしたが、我が家も一日だけ子どもと休みが合いました。
「こんなに天気のいい日に・・・。どこかへ行こうよ、チャリで。」
といったのはムスメ。
オトーサン:変態途中のGIANT ESCAPE  R3'
ムスコ:GIANT CS2500
ムスメ:○ステム○バ自転車コーナーありがちな、MTB風6速22inch

行きは良い良い。下りなので20km/hで流しても、ちょうど良さそう。
色々な実を眺めながら、いい気分。

Akaimi


Kaki


Karin


Ringo

続きを読む "乙女心と秋の空?"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月 9日 (月)

夕暮れの169

普段は、この時間帯、この場所での169系はお目にかかれない。
本日は、多客を見込んで、臨時快速として走った。
(ダイヤは、世間に公表されていますた。)
さて、交通手段がチャリになってから、ここにはご無沙汰していました。
佐久広瀬まで往復100km弱をこなしたのだから、造作もないはず・・・。
ところが、前回、見込み違い(意外と坂がきつい)で、現場に着く間際に列車は通過という失敗をやらかしてしまった。

Dusk169

続きを読む "夕暮れの169"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

昨日の走行

車の少ない道、かつ、あまり苦労でない道を求めつつ、ドロハン化試運転を続ける。本日は、職場~加増~八満~乗瀬・・・で出退勤。
けっこう加増から八満までの坂は急。そのあとも、緩やかに上り、小諸高校経由に比べても距離は短いが、勾配は大差ないように感じる。
交通量は少なく快適だが、狭い道を非常識な速度で走る車が散見された。

出勤時:極めて強い向かい風。
Dst9.47km Tm0h26m25s Av21.4km/h Mx38.5km
くだりになっても力行しなければならなかった。
しかし、ドロップハンドルの一番低い姿勢で漕いで何とかかわし切れたようだ。
通勤時間が26分程度なら、充分実用的だ。

退勤時:いい追い風が吹いていたような。
Dst9.44km Tm0h40m11s Av14.0km/h Mx34.0km/h Odo639.1km
相当きつい坂もあったが、退勤時としては意外と悪くない。
ドロハン化でスピードアップしたというよりは・・・きっと、追い風のためだろう。

ドロハン化したほうが、なぜか手のしびれも少ない。ギヤ一段分強くなれたように感じたのは、うーん、やっぱ追い風のせいだよな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 7日 (土)

バーテープを巻くの巻

水道凍結防止帯ならまかせとけ・・・オトーサン
金属バットのグリップ巻きならまかせとけ・・・長男

しかし、ドロップハンドルのテープ巻きは謎。
説明書きが英語。なんとなくわかるが、肝心の単語の訳し方がわからん。

Bar_tape

シフターの部分をどう、乗り越えるのか。

続きを読む "バーテープを巻くの巻"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

カントリーロード第一章

ドロップハンドルにしたからといって、ロードと呼べるわけでもない。
でも、無理やり取り付けてみた。
MTBのなごりのワイドギヤは、坂のきつい田舎道には、案外いいかも。
だから、カントリーロードと呼ぶんだ(笑)

Dropwithmtb

ドロップハンドルの前方に渡したのは、外径22mmの塩ビ。

続きを読む "カントリーロード第一章"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

いたずらのいたずらによるいたずらのための基礎資料

ESCAPE R3改造のための重要パーツである、フロントとリヤのディレーラーがなかなか来ない。
11月中旬入荷になることが判明orz

何かの足しになるかと、各形式のワイヤー引き代を調べてみた。
(自分のための覚書。)

続きを読む "いたずらのいたずらによるいたずらのための基礎資料"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 3日 (火)

往く夏を惜しんで

先日、自転車行最中に見かけた、ちょっと季節的にミスマッチな光景。

Kehai

気分的には夏でいたいけど、コスモスがあると水の冷たさを予感させます。
PENTAX  PEOPLE 月例TB企画(3)『秋の気配』に、秋本番になってからTBしますorz

続きを読む "往く夏を惜しんで"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

本日の走行

ジテツーを気持ちよく続けるには、経路の選択は重要。

当地では坂も多く、自転車は苦労なもの、と刷り込まれてしまう。やがて免許を取得すると、(酒を飲んだときも!?)車で移動することしか考えられなくなる、田舎特有の車依存社会にどっぷりとつかる。
(もちろん、車は仕事の糧とか、善良なドライバーの存在ももちろん否定しません。)
そして、エンジンを繰ることで自分自身が尊大になったような錯覚を起こす人もいるに違いない。自転車や歩行者を粗末にしたような態度が目立つ。

当地特有なのか、「一般道路は歩行者、二輪車も存在する混合交通である。」ということを忘れた(少なくとも免許取得時は習ったはずであるが)横暴な四輪ドライバーの多いこと。

サイクリングロードも、都会や近郊のほうが整備されているし。
交通量の少ない道をとるしか、うまく付き合う方法はなさそうだ。

帰路:職場→野岸小学校→小諸高校→石峠→塩野・・・
このルートは、交通量が少なく、実に快適。但し、職場~小諸高校は距離2kmほどの間に標高差は138mに達し、勾配は6%強。フロント38T-リヤ32Tも多用。
ほとんど最初の2kmで、自宅の標高程度まで登りさらに高度を上げてから、下りこんで自宅に達するという、アップダウンからすると実に無駄の多いルートだ。

帰路:
Dst9.98km Tm0h48m14s Av12.3km/h Mx37.0km/h Odo573.2km

うーん、これはさすがに堪える。(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »