« *istD手術 | トップページ | 雨の日はチャリ乗りには退屈だ »

2006年10月21日 (土)

カゴの変更

試験的に24kgほどの荷物を乗せてみた。
カゴはサイドバスケットにして、荷台と併用したほうが積載能力は増すようだ。
これは、天文機材の輸送を想定しています。

Side_cargo

しかし、軽量に配慮したステンレス製のものに比べ、700gほど重くなっている。
しかも、右に偏って付いているので、実走行時も少し偏りを感じる。
どうしても気になるなら、撤去も容易なのでしばらくこれで様子を見ることにする。

ささやかな改良も施した。
ドロヨケの固定。L字金具をアルミ板で作り、端を固定した。

L_plate

走行中のばたつきが減り、ずれたときも位置修正が容易になった。目指せ、スポルティーフ、泥除けにこだわるおじさんであった(笑)

|

« *istD手術 | トップページ | 雨の日はチャリ乗りには退屈だ »

コメント

おー、いよいよ星見用のカスタマイズ開始ですね。(^^
すでに検討済みでしょうが、GREAT JOURNEYの付属品のような
ツーリングバッグはどうなんでしょう。両側に分散して乗せた
方がバランスは良さそうですが。
赤道儀と鏡鏡+撮影機材では重量的にうまく吊り合わないかな?

投稿: ich | 2006年10月22日 (日) 06:33

ついに星見の準備ですね。何だか久々に天文の文字を見たような。(笑)
ichさんのおっしゃるツーリングバッグは両側に垂らせる事が出来るので良さそうですね。冬に自転車で移動は体が暖まって良さそうです。
それはそうと、機材を積むとなるとかなり重量も嵩みますがタイヤは大丈夫なんでしょうか。ちょっと気になったり。^^;

投稿: Fuuma-mfuk | 2006年10月22日 (日) 13:39

私も今回の投稿を首を長くしてお待ちしておりました。(笑)

自転車のサスペンションはタイヤのみ?なので、
ちょっと振動を嫌う光学機器搭載には不安を覚えます。
(精密機器は担がれた方が..?)

近年は全路面舗装化が行き届いているのと、高速走行はなさらないと思いますので、貴ブログに天体画像が載っかる日を首を長くしてお待ちしております。

投稿: ken28 | 2006年10月22日 (日) 21:17

>ich様

まずは、筒なしSPACEBOYポタ赤モードで、魚眼~中望遠までの星野をノータッチで行きたいと思います。
カメラはさすがにリュックで担ぎますが、左カゴ増設しなくても何とかなりそう?
直焦点やるまでに”回復”したらGREAT JOURNEY張りになるのかな(笑)

>Fuuma-mfuk様

中断期間中、というかこの間ほとんどまともに夜晴れていませんorz
再開は、まずはポタ赤モードで気楽にやろうと思っています。

700Cタイヤの自転車はちょっと耐久性には疑問は残りますが、
自転車に更に投資すると、天文機材が充実しません(笑)
「乗車人間の質量は65kgを想定し、著しく超過した状態では劣化が早まります」と記述があります。人間の質量だけでだいぶオーバーだし(笑)

>ken28様

カメラだけは担ぐことにします。
比較的短距離だし、速度もゆっくりなので、まあやってみます。
ほんとうは、タイヤが太めでサスも入ったマウンテンバイクあたりが適任かと思われますが、これに散財しますと天文機材も充実できませんし、悩ましき選択です(笑)
早く天文エントリできるような体制になるといいのですが。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年10月23日 (月) 08:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/12368089

この記事へのトラックバック一覧です: カゴの変更:

« *istD手術 | トップページ | 雨の日はチャリ乗りには退屈だ »