« さらばSRAMよ~ | トップページ | 本日の走行 »

2006年10月28日 (土)

カントリーロード第二章

シマノのディレーラーが届き、昨夜STI化が完了した。
さっそく試運転をかねて小海線沿いに行ってみた。

Derailuers

やはり、”混合水栓シフト”より操作性が格段に向上した。
好きなときに、手を離さず遠慮なく変速操作できるので、結果的に疲労も少ない感じ。

残った課題は、デジイチの運搬方法。首にかけておいたら、20kmほど走って手がしびれてきたorz
カメラをリヤバッグに収めると、ウソのように身軽になった・・・。カメラは振動を食らうが。
リュックで背負うのも試してみようか。

Croad2

昨夜気になったフロントの変速感触も、レバーを変速完了までしっかり倒していれば、問題なかった。
フロントのLoからMidへの変速がややもっさりしているのは否めないが。
SORAは基本的にロード系パーツであり、フロントインナーギヤ(28T)が推奨よりやや小さい歯数なのだろう。

Komi_mako21

Mako_umi2

PENTAX  *istD smc PENTAX-DA  1:3.5-5.6  18-55mm  AL ISO200
うーん、すっかり秋だけど、紅葉はもうちょい先だなぁ。

|

« さらばSRAMよ~ | トップページ | 本日の走行 »

コメント

最初の雰囲気とずいぶん感じが変わってきましたね。
お湯の温度調整も不要になったし(^^)v
後ろはリフレクター+点滅式ライトですか?
後ろが怖いですよね。私はバックミラーも付けてます。
フロントフォークに付けたのでそんなに目立たないです。

投稿: suge | 2006年10月28日 (土) 21:48

>suge様

一見、普通のロードっぽくなりました。
でも、トップチューブ長が短く、本格的なロードにはなりえません。
本来、通勤用として、向かい風にも楽なようにと考えました。
タウンユースにも、湯加減の調整よりもSTIは具合いいです!
(笑)

後は、単なるリフレクターです。大き目のものを、アルミ板を加工して取り付けました。
すこし車の態度も紳士的になってくれるような気がします。
夜間の、見せる目立つ安全がやや不足していましたのでつけてみました。

後を振り返るのも危険ですね。ミラーがあったら、と思うことはこれまでもありました。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年10月29日 (日) 21:24

STI良いですか(^^)。
ごく近い将来(?)私も握ることになるレバーですので、興味津々です。

投稿: Legin | 2006年10月29日 (日) 21:52

>Legin様

STIは感激です。
ゴーストップの繰り返しのタウンユースでも、次のスタートに備えてのシフトダウンなど、小気味いいです。
グリップシフトの場合、大きく動かすとき手をもち変えなければなりませんでしたから。
シフトアップは、軽やかにチョン、チョンと決まります。
ごく近い将来、きっと良さが分かりますよ。
”混合水栓シフト”との比較なので、褒めちぎりの論調はちょっと割り引いたほうが良いかもしれませんが(笑)

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年10月29日 (日) 22:55

鉄道写真を撮るにあたって景色って大事ですね。
家の近くは結構、街になってる(田舎ですが)ので
街の雰囲気を入れての構図が多くなります。
それはそれで良いのですがここ一番、と言う時に
車が来たり、その近辺の人にじろじろ見られたり^^;

この小海線の写真1枚目の背景は八ヶ岳ですか?
田んぼのブルーシートとセメント工場?が残念!

投稿: suge | 2006年10月30日 (月) 20:50

>suge様

背景は、ご高察の通り、八ヶ岳です。
綺麗な山に出くわしたので、何も考えずに撮ったのですが、確かにブルーシートとセメント工場が興ざめですね(^^;)
沿線のありのままの風景ということでお許しを(笑)

八ヶ岳が雪をまとったころ、出直したいと思います。
セメント工場はあることには変わりないでしょうけど。。。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年10月31日 (火) 06:48

見過ごしていました。

おおここはまさしく生コン工場。直線道路の道下をひっそりと走っているので、車からはまったく見えない区間ですね。普段車での移動だとこの道は使わない道ですから千曲川対岸からの景色はなかなかお目にかかれない代物です。八ヶ岳と小海線組み合わせも秋から冬にかけて楽しめる題材ですね。でも
自転車だと無理ですね。

来年からのハイブリッド車両の投入は総入れ替えなのでしょうか、そうなれば110系は最後の秋、冬になってしまいますが。気になります。


投稿: baja | 2006年10月31日 (火) 14:24

>baja様

なるべく幹線道路を避けたかったので見つけた道です。
冬の自転車は・・・雪が無ければ言っちゃうかも(笑)

>ハイブリッド車両

新しい試みの車両は、必ずといっていいほど初期トラブルに見舞われます。
たたき台の覚悟で、一部だけ導入して様子を見るはずです。
エンコが1番困りますから。
ドン臭くても無事これ名馬・・・これが鉄道の基準です(笑)

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年11月 1日 (水) 00:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/12462495

この記事へのトラックバック一覧です: カントリーロード第二章:

« さらばSRAMよ~ | トップページ | 本日の走行 »