« 夕暮れの169 | トップページ | 本日の走行10・13 »

2006年10月11日 (水)

乙女心と秋の空?

巷は連休でしたが、我が家も一日だけ子どもと休みが合いました。
「こんなに天気のいい日に・・・。どこかへ行こうよ、チャリで。」
といったのはムスメ。
オトーサン:変態途中のGIANT ESCAPE  R3'
ムスコ:GIANT CS2500
ムスメ:○ステム○バ自転車コーナーありがちな、MTB風6速22inch

行きは良い良い。下りなので20km/hで流しても、ちょうど良さそう。
色々な実を眺めながら、いい気分。

Akaimi


Kaki


Karin


Ringo

だが、帰りは、体力もさることながら、一番小さい娘の自転車が一番重そう。
気を使って、最徐行したのだが・・・。
「二人してすごいチャリ乗って、ずるい。」とご機嫌ナナメ。
「もう少し大きくならないと、”すごい(?)チャリ”には乗れないんだよ。」
早く、大きくなるんだよ。といっても、可愛げもないほどすぐに大きくなったら、
オトーサンとしては寂しいかもね(笑)

Misato_ekisha

PENTAX  *istD/smc PENTAX  FAJ 18-35AL /P auto  ISO200
実りとしては安直ですが(笑)月例TBフォト企画(4) 『実り』にTB・・・。

|

« 夕暮れの169 | トップページ | 本日の走行10・13 »

コメント

(写真を拝見して)
おぉっ、そういえば林檎の季節だ..。
娘が小さかった頃、アップル街道沿いで林檎狩りをした時のことを思い出しました。
(さらにさかのぼって、自分が子供の頃)
毎年秋になると、スピーカー付き小型トラックで林檎売りがやってきたことを思い出します。
いろんな林檎が載っていましたが、私は一番安い青リンゴが好きでした。
若干酸っぱくて甘さでは他に負けるが、みずみずしいのが良かった..。
#そういえば、近頃林檎売りトラックが来ませんねぇ..

投稿: Ken28 | 2006年10月11日 (水) 18:24

これままさに「実りの秋」ですねぇ。
こちらではさすがに林檎はあまり見かけませんが、畑や露地にはそろそろ色づき始める実もいろいろとありそうです。

秋に限りませんが、子供の成長もまた実りを感じるところかもしれませんね。

投稿: ich | 2006年10月12日 (木) 06:03

>Ken28様

リンゴは当地では代表的な農産物のせいか、ありがたさに余り気付かず過しているようです。
それでも、某高校の競歩大会中、ついつい生徒が沿線のリンゴに手を出して先生がお詫びに行った、なんて話も聞きます
(笑)

自分が小学校のころは、こっこう、紅玉などという品種が主流の時代でした。ふじは出たばかりで、希少性があったような。

>ich様

新潟おみやげの「元祖柿の種」の缶に描かれているような、柿と里の秋をイメージした作品を狙っているのですが、なかなかうまく行きません。
とりあえず質より量の実りです(笑)

子どもの成長も実りの一つですが・・・まだ青リンゴです。
もっとも・・・、しっかり実ったころには、オヤジは冬を迎えます(笑)

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年10月12日 (木) 19:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/12237720

この記事へのトラックバック一覧です: 乙女心と秋の空?:

« 夕暮れの169 | トップページ | 本日の走行10・13 »