« R3小改良と *istDの受難 | トップページ | Vブレーキに改造戻し »

2006年10月15日 (日)

目指せ!信濃川上

前回の目的地、JR小海線の佐久広瀬からわずか一駅、
信濃川上に向かった。

Sase_waka227d

佐久広瀬~信濃川上間

列車では5分、大したことないだろうと思っていました。

それにしても、なんて水の清らかのこと。
小海線の中でも、千曲川と何回となくからみながら進む、もっとも好きな区間です。

Sase_waka

佐久広瀬~信濃川上間

列車はこの後第二広瀬トンネルをくぐって、川上村に出ます。
道路は・・・大蔵峠、No20までカーブ番号のついた急坂で山をもう一つ越えねばなりませんorz

なんの、ドロハン化したESCAPE R3で一息に!と思ったのは甘かった。
低速では、風圧抵抗は変らず、苦しいことはバーハンドル時代と変りません。
フロント1速(28T)-リヤ1速(32T)・・・という事は減速していることになるが・・・なんとかやっと。結局、今より飛躍的に脚力が付くことはあまり考えられず、自分には、ツーリングの目的にはスピード重視の純ロードは厳しい、と結論付けられそう。

Ookura

川上村に降り立ったESCAPE R3  背後の山の中腹に見えるガードレールは大蔵峠からの道。
帰りもあれを超えなきゃならんのだなorz

てなわけで、ようやく信濃川上に到着しました。(笑)

Waka_arrival_1
露出制御のイカレタPENTAX  *istDで、都度露出補正をかけながら撮りました。
レンズ:smc PENTAX-DA  1:3.5-5.6  18-55mm  AL

Dst106.33km Tm6h00m37s Av17.3km/h Mx50.0km/h Odo841.4km

山一つ余分に低速区間を加えながら、Avが前回の16.2km/hを超えたのは、ドロップハンドルの効用か。しかし、ヘロヘロ、けっこう足に来ました。

|

« R3小改良と *istDの受難 | トップページ | Vブレーキに改造戻し »

コメント

うへっ 三岡辺りをうろついていると油断してました。

またまたミサイルを打ち込まれたようなショックを・・・・
立ち直れません。笑

佐久広瀬を越えて下ってみたらさらに峠が待ち構える難所。
まああの大蔵峠を自転車で越えるとは脚力も相当ですね。

途中小海線をくぐるトンネル手前の道があったでしょう。
昨年そこで写真を撮りました。

様子はこれでわかりました。本格紅葉はもう少し先ですね。
でもその時期はきっとイネコキだろうなあ。

平日さぼっていこうかなあ。

あー先行逃げ切り状態で一気に引き離されているなあー。

投稿: baja | 2006年10月15日 (日) 22:15

100km越えおめでとうございます(^^)/。
平地主体の私でも、100km走ると次の日までは、脚の疲れが取れません・・・。

EscapeR3改は、十分「スポルティーフ」と呼べる領域にあるのではないですか?(^^)/。

投稿: Legin | 2006年10月15日 (日) 22:48

パソコンモニタ睨みっぱなしの目に、
信州の山と水が潤いを与えてくれました^^
気持ちよさそうですね~♪

>>自分には、ツーリングの目的にはスピード重視の純ロードは厳しい

【ヒント】

たぶん班長殿よりもかなり非力なふたまママさんが、
F34T-R25Tのロードでしっかり峠越えをしているという事実(笑)

投稿: Tongchai | 2006年10月16日 (月) 19:52

こんばんは。
少しずつ紅葉し始めた風景の中に、さりげなく小海線。
あーんど、千曲川の清流と、さりげなく小海線。
いいですね~。癒されます!(^-^)v
信濃川上まで自転車で・・・。ゆうひぶたっくすさんのパワーすご過ぎです。(^-^)/

投稿: くまごろー | 2006年10月17日 (火) 00:22

>baja様

太田部の力作には、一本取られました(笑)。
情景、風景としての小海線から、人の息のする小海線写真へと、考えさせられました。

紅葉は、もう少し先ですね。でも、このもう少しの見極めが難しいですね。気付いたらすっかり晩秋とか。。。

>Legin様

100km越え、なぜか前回よりヘロヘロ感が濃かったのですorz
前回は、行きが追い風だったのに比して、今回は行きも帰りも向かい風。
新たな撮影ポイントを見つけて歩き回った。
大蔵峠が思ったよりきつかった。
などと、言い訳を見つけてみました(笑)

中一日置いたら、また乗りたくなりました。

スポルティーフという車種もあったのですね。Wikipediaでちょっと勉強。
これを名乗るには・・・後付の泥除けが中途半端なのが、ちょっと不満です。
これで雨の日速度をやや上げて走りますと、前輪から放尿現象?が・・・orz ないよりはマシですが・・・。
と、GIANT 07モデルにはESCAPE R3SEなる機種が。
泥除けとフロントキャリアがしっかり純正で付いています。

>Tongchai様

この辺は水が清らかで、小海線の車窓からいいなぁ、と眺めたものです。
まさかチャリで来るようになるとは。

>たぶん班長殿よりもかなり非力なふたまママさんが
うーん、重量当りで換算するとどうでしょう(笑)
あと、鼻毛に白髪が混じるorz年齢も加味しないと。

一生懸命ロードを否定しているように見えますが、着々と感染していく自分を、冷静なもう一人の自分があざ笑っている図です。

この次のテーマとして、輪行をやってみたいというのがあります。輪行では、泥除けやキャリヤは邪魔っぽいし。
シンプルで軽量なロード願望。
f(+_+)☆\(-_-#)バキッ
まあ、一冬越してみてですが。

>くまごろー様

やっぱ、小海線好きなんだなー、我ながら実感。
信濃川上~野辺山も行ってしまうのでしょうか。

いや、途中にも撮影にいいところがありました。
何回か足を運んで、存分に味わってみたいな、と思いました。

パワーはヘロヘロ(笑)ですが、行ってみたいというモチベーションがある限り、行ってみたいですね。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年10月17日 (火) 21:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/12297720

この記事へのトラックバック一覧です: 目指せ!信濃川上:

« R3小改良と *istDの受難 | トップページ | Vブレーキに改造戻し »