« 走れ、169 | トップページ | 定期通院(2) »

2006年11月15日 (水)

遠望

冬が近づくと、信州の東端に近い当地からも、遠く北アルプスが見えるようになる。
なんとなく崇高な気分になる。
凛とした空気が好きだ。
刃物のような冬が来た・・・どこかからの盗作m(_ _)m

PENTAXの望遠鏡75SDHF(fl=500mm)にPENTAX  *istDをつけてアップしてみた。

穂高連峰(たぶん)

Hotaka

安曇野で見るような大きさだ (笑)

槍ヶ岳

Yari

どうでもよいことですが。
その昔、SBC(信越放送)の朝の放送前のテストパターン中央に 、槍ヶ岳が座っていた。音声はアヴェマリアが流れていて、妙にこのテストパターン放送が好きであった。
どうでもいいことだ。

爺ヶ岳(?)

Jii

20年若い頃は・・・山岳の雪をみると「スキーやりたい。」と、うずうずしたものです。が 、今は子どもにせがまれて?年1、2回orz

最後に郷里の山、浅間山(前掛山)を500mmでねらうと・・・

Asa_tele

さすがにこれは拡大しすぎてだめだこりゃ(笑)。

PP月例TB企画(5)『白』にTB。

645判に使えるイメージサークル70mmはAPS-Cのデジイチには周辺光量も充分で、色収差も少ない。眼視観測でも良く見えていい望遠鏡だと思うのですが。

最近、PENTAXの望遠鏡は元気がないような気がする。カタログにはラインアップされていて、注文すれば確かに届く。
だが、新製品の発表はここのところずっと止まっている。天文誌へのメーカー広告はなくなって久しいし、最近は販売店広告からもPENTAXの望遠鏡は見かけなくなった。
DSLRの普及により、広いイメージサークルより色収差による青にじみの低減に力点をおいたり、あるいは一方、低価格化を進める他メーカーの新製品に埋もれかけてはいないか。

PENTAXはPENTAXの道を行くのであれば・・・受注生産でもいいから、しっかりとしたいい物であることをもっとPRし、つくり続けて欲しいものだ。
とりあえずは、ピント合わせの容易化(微動やヘリコイドによる微調操作の容易化、バーニヤ目盛りによる位置再現の容易化)の改良をほどこして欲しい。

ついでながら、タカハシもFSシリーズがカタログから消えました。
やはり、鉛含有ガラスの供給停止によるものだそうで。
タカハシ自ら「フローライト望遠鏡に冬の時代が来ました」と広告している。

個人的には、鉛ガラスでもレンズが出来上がってしまえば、かじったり食べたりするわけではないし(笑)、エコガラスがこれにすべて替れないという懸念は、FSシリーズの消滅という事実により、現実のものになった。
性能を発揮するためには、選択肢を残したほうがいいのではと思う。
廃液処理工程さえちゃんとやれば・・・。

しかし、時代の要請は、そんなたわごとを言っている場合ではないのだろう。

|

« 走れ、169 | トップページ | 定期通院(2) »

コメント

はじめまして
ここ最近、星野写真に興味が俄然出てきて、ポタ赤やら画像処理やらステライメージやらを検索していて、貴HPにたどり着きました。
僕の住んでいるところは長野の北信地方なのですが、今週末のしし座流星群のときに晴れるかどうかドキドキしています。

それまでに、ポタ赤やステライメージを購入して、数分間露出の星野写真を撮りたいと思っています。

東信からみると、穂高は前穂から奥穂、北穂と全部見えるのですね。さらに槍と常念も位置関係がよくわかるようで・・・羨ましいです。

よろしくお願いします

投稿: みっちゃん | 2006年11月15日 (水) 13:30

信州のアルプスも真っ白になってますね。
穂高の画像:学生時代に上ったときの苦い記憶がよみがえりました。
→新宿発2355で松本、私鉄に乗り換えて新島々、タクシーで上高地..
つまり、殆ど徹夜に近い状態で睡眠不足のまま唐沢へ..で、..
#同行した友人が居なければ奥穂高山荘にたどり着けなかったかも..

常念岳も上った記憶がありますよ。(が、槍ヶ岳や浅間山は未踏)
ガスにまかれて道が分からなくなったが、雷鳥が足下1m先をちょこちょこ歩いてくれたおかげで迷わずに済みました。

久しぶりに信州の山々を見ることができ学生時代の頃を懐かしく思い出しました。
有り難うございました。

投稿: Ken28 | 2006年11月15日 (水) 16:01

>みっちゃん様

はじめまして。
私はいままで、天体写真にやや本格的に打ち込んでみたり、挫折し気味で中断したり(笑)で気分に任せて好きなようにやっています。
デジタル画像処理は本当に初心者なので、基本的なことで躓いたり遅々として進んでいません。(笑)
参考になるエントリー、あったかなぁ。

ともあれ、右のリンクの、天体つながりの皆さんと刺激しあいながら楽しんでいます。

今は、移動手段に車がつかえない状況なので、あまり重装備にならなくてすむ星野写真を再び見直してみようかな、という心境です。

デジタル一眼なら適切な画像処理で、数分の露出でも楽しめるはずです。ぜひチャレンジしてみてください。
HP拝見しました。山岳の作品、見とれてしまいました。
北アルプス、東信からは距離があるので、高い山はすなおに高く見えるのだと思います。
あと、EOS 5Dお持ちとか(羨望)。

同郷でもあり、よろしくお願いします。

>Ken28様

 11日に降ったのでしょうか、冬もすぐそこまで来たという感があります。

山の名前、記憶もおぼろげなので、地形図とあわせてこの際なので、調べてみました。(笑)
北アルプスの山々も、登ってみたいという憧れはありますが、まだ登っていません。
蓼科山、八ヶ岳、千丈だけです。甲斐駒は2度トライしましたが、2度とも悪天候で断念しました。
 
 天体観測でのバイタリティ、学生時代の登山からもうかがわれますね。見習わなくては。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年11月15日 (水) 23:10

おお、これは時を同じくして昼と夜、機材の程度の違いはあるが
望遠系での投稿が重なってますねー。因縁か?(笑)

こちらは野鳥観察用kowaフィールドスコープに接眼レンズ×20-60
+W10での月撮影です。W10はレンズ枠にフィルターネジがないので
アダプターをつけられません。しかしW10のレンズ径は接眼レンズ径
とほぼ同じ大きさ、デジイチで味わえない超超長レンズの実現です。
お手軽三脚2台で月を追いながら撮ったわけですが、結構ブレを量産しました。

この投稿でああそうだ昼間も使えるじゃんと思いました。
お天気良好で風もないときに富士山を狙うことにします。

投稿: baja | 2006年11月16日 (木) 09:59

>baja様

侮りがたし、デジスコ+コンデジ。
そういえば,PENTAXから、うまいアダプターが出てたような。

でも、うちの筒はちょっと大きめの、裏紙の付いたロール紙をいれるモーター付き取っ手付き箱も取り付きます。
f(+_+)☆\(-_-#)バキッ

富士山をその組み合わせでとったら、朝霧高原か富士吉田あたりで撮ったように写るのでしょう(笑)

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年11月17日 (金) 22:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/12691444

この記事へのトラックバック一覧です: 遠望:

» 早朝の立山連峰。 [Legin PHOTO Diary]
日曜日。用事もないのに早く起きてしまいました(~~;。外を見ると立山連峰が綺麗で [続きを読む]

受信: 2006年11月19日 (日) 07:36

« 走れ、169 | トップページ | 定期通院(2) »