« 本日の走行 | トップページ | 月光下のスワン彗星 »

2006年11月 3日 (金)

星見ライナー

チャリで星見、SPACEBOYを輸送に都合のいいようにパッケージングしてみた。

Starliner

自転車側の改造はわずか。ゴムひもをかけやすいように、突起を増設してみた。

For_liner

通函の裏には、チャリの荷台になじむようにゴムをつけ、位置がずれないようにガイド板を添えた。

Hoshimi_bottom

試運転も行い、良さそうだ。
あとは晴天を待つばかり。

|

« 本日の走行 | トップページ | 月光下のスワン彗星 »

コメント

おお、ついに始動ですね。
シンプルで、実用性の高そうなパッケージングですね。細かな部分の工夫がさすがです。
カメラはバッグで持つのでしょうか。やはり結構な重量ではありそうですので走行には十分ご注意ください。

この連休、少しは晴れ間が欲しいですね。
月齢は高いですが、それならせめて綺麗な十六夜の月でも。

投稿: ich | 2006年11月 3日 (金) 05:23

あ、しまった。
× ・・・ 十六夜
○ ・・・  十三夜
ですよね。(^^;

投稿: ich | 2006年11月 3日 (金) 05:24

>ich様

思ったより簡単にいきました。
実際に移動して試験してみましたが、移動に関しては良好でした。意外と軽く、気になりません。
DSLR用の外部電池を積んでもいけるかもしれません。
作品がないのは・・・曇ってしまったから(苦笑)
車が使えるようになっても、設営撤収が楽なので、この通函は使えそうです。

カメラはリュックに背負いました。気温も下がってきましたので、蒸れることもなく疲れも感じません。

スワン彗星の痕跡だけでも、と思うのですが、この月齢では。。。
大きくなった月を生かした星景なら、固定法で済みそうですしねぇ。
我々には♪14番目の月が一番好き~、とはいかないなぁ(笑)。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年11月 3日 (金) 08:57

おおーさすがうまくまとまりましたね、これで軽快に星見に出かけられますね。
これに鏡筒と・・となると、反対側にもかごを増設?(笑)

スワンは高度が低いし月も邪魔なので、もうしばらく辛抱しないとダメそうですね。
こちらはいつもの撮影地では光害の方向になってしまうので、まずは観測適地を探さなければ。

投稿: Fuuma-mfuk | 2006年11月 4日 (土) 22:35

>Fuuma-mfuk様

積み込み、設営、撤収が楽になりました。
残るとりあえずの課題は、極軸望遠鏡の明視野照明です。
直焦点となるとガイド鏡ですが、軽くて負担にならないいいアイデアが浮かぶといいのですが。
今後のモチベーションいかんによっては、直焦点→ダブルかごスタイルもありかと(笑)

スワンは、私の環境では、位置確認だけに終わりそうです。月明かりが影響しなくなる頃まで明るさが持つといいのですが。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年11月 5日 (日) 21:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/12531594

この記事へのトラックバック一覧です: 星見ライナー:

« 本日の走行 | トップページ | 月光下のスワン彗星 »