« K10Dでダークノイズを撮ってみた | トップページ | チャリで星見の怖い体験 »

2006年12月18日 (月)

小型軽量なガイド鏡を模索

チャリによる天体アプローチ、ノーガイドで比較的広視野な星野を気楽に切り取りたい・・・
と当初は思っていましたが、その結果が出ないうちに、もっと長い焦点の天体写真も
やっぱり撮りたくなりました。(笑)
とはいえ、チャリで運べる範囲で考えると、立派なガイド鏡は荷が重過ぎる。

そこで、聖地来訪と同日、タカハシの聖地=スターベース東京に立ち寄ってきました。
有力候補は50のミニボーグ。たしかにボーグはリング沼であることを実感。
ペンシルボーグもアイデア次第ではおもしろいかも。
しかし、対物の焦点距離がちょっと短めなのと、つくりはいいけど天文用に一式リング類を調えると、27kほどとちょっといいお値段になる。ちょっとためらっていると、

面白そうなものが目に入った。
星の手帳社刊の「10分で完成!天体望遠鏡」・・・1,580円
ひょっとしたら、何かに使えるかも(笑)

D40f273

組み立ててみると、値段からは想像が付かないほど良く見える。
が、ちょっと改造してGA-4が使えるようにしたい。

Adaptga4

キット本来の接眼部を外し、高橋の25.4mm径接眼部にハガキを一周巻くとちょうどうまい具合にはまってしまった。運良くGA-4にバローレンズをつけた所定の状態でピントが来る。

Giudescope

鏡筒の剛性とか倍率(f=273mm)の点では、75SDHFの直焦点をガイドするには役不足が予想される。が、クランプミスとか電池切れとか基本的なミスは、このガイド鏡で監視することで防げるのではないだろうか。

室内トレーニングばかりのこの頃。
なかなか実地投入のチャンスが来ません。
おまけにノロウイルスに呪われたのだろうか、腹PP、月曜日なのにすいよう便が止まらないorz
はしたない、失礼しましたm(_ _)m

|

« K10Dでダークノイズを撮ってみた | トップページ | チャリで星見の怖い体験 »

コメント

「10分で完成!天体望遠鏡」価格も手頃で
面白そうですね。私も買ってみようかなぁ…。
お腹のほうお大事にしてください。

投稿: うなむ | 2006年12月19日 (火) 11:22

軽い案内望遠鏡(ファインダー)は、とても重宝なので大変参考になりました。
#ひょっとするとガイドマウントの方が重かったりして..

私の場合、ノータッチガイドは一切監視無しで済ませますが(自動導入の時代とはいえ)暗い天体を導入するのに軽いファインダーが欲しいのです。
たとえ「ポタ赤」であろうが赤道儀には望遠鏡を付けたい!方なので5,6cmクラスの軽い屈折鏡筒は魅力を感じます。

投稿: Ken28 | 2006年12月19日 (火) 16:23

お腹の具合はいかがでしょうか。

これ、いいですね。
詳しく紹介しているサイトを見つけたので、見てみたの
ですが、
この価格にも関わらずアクロマートレンズというのにまず驚きです。
(見直したら1枚目のパッケージの写真にも載ってましたね)
構造的にも基本的なところはうまく押さえてあるようですし。
こういうのは、ちょっと欲しくなりますね。(笑)

投稿: ich | 2006年12月19日 (火) 21:23

おかげさまで、腹のほうは回復しました。医者に行くと「感染性の胃腸炎でしょう。もうじきに良くなる頃です。これといって利く薬はありませんが、(対症療法的に)胃腸の薬を出しておきますね」とそっけない(笑)
それってノロウイルスですか、と聞くと「そうですね」だって。
不特定多数の出入りするところで働いていますので、感染の機会も多いのですがorz 皆様もお気をつけて。

>うなむ様

小学校4年生の付録など、ほかにいろいろ試してみたのですが(笑)、これは別格、レンズの収差補正などもまじめに考えられていて、安いけど光学的には本格的なものです。
カメラの三脚にも固定できるように作られていますので、気軽な夜空の散歩などにお勧めです。
お子様に月の満ち欠けなどを、これでみせてあげたらいいのではないでしょうか。

>Ken28様

もう、溺れる者は藁をも掴む、の次元かもしれません。
確かに、ガイドマウントのほうが重いのですが、その先に付くものが軽いと、バランス取りがぐっと楽になります。おまけにバランスウエイトも軽くて済むので、チャリでの星見には有効です(笑)
銀塩ですと、現像が上がってくるまでポカミスに気付かず落胆、という危険性もありますので、それにちょっと手持ち無沙汰なので、ガイド鏡で監視しようと思います。

>ich様

いろいろな付録的なものは、単レンズだったり、紙鏡筒だったりしたのですが、スターベース東京の店頭にこの完成品があったので覗いたところ、けっこうクリヤに見えて驚きました。
店の人は、ガイド鏡には無理でしょうと笑っていましたが。
GA-4がバローつきで使えますので、倍率もそれなりにかけられますし、これで電池切れになっても、手動ガイドで撮影が続行できそうです(笑)

そのほか、タカハシの聖地でフレキのハンドルとモードラの大歯車を新調、そして目の保養をしてきました。TOA130とか(爆)


投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年12月20日 (水) 16:17

おなかの具合はいかがですか?
かなり感染率が高いウイルスですからご家族も感染していないか心配です。

良いですね、この望遠鏡。僕も欲しくなりました。
出来合いのもののような見事な改造も、この状態でピントが来ると言うことにもびっくり。なんだか運命的な出会いですね~。

投稿: Fuuma-mfuk | 2006年12月22日 (金) 20:56

>Fuuma-mfuk様

腹のほうは、お陰さまで完治しました。
幸い、家族では自分ひとりだけだったようです。

普通の天頂プリズムでは合焦しないのですが、GA-4のバローレンズをつけると、奇しくも合焦してしまったのはラッキーでした。
さっそくガイド鏡として使ってみましたが、輝星をいれると回折像がきれいに出て、驚きました。レンズのできはよさそうです。
スターベースの店員には、SPACEBOYの搭載重量を考えると「ガイド鏡を併設するなどと欲張らずに、シンプルな構成に徹したほうがいい。」といわれてしまいましたが(笑)

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年12月22日 (金) 22:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/13117050

この記事へのトラックバック一覧です: 小型軽量なガイド鏡を模索:

» 巷の流行 [日々念事]
巷ではこのようなものが流行っているらしい・・・ [続きを読む]

受信: 2006年12月28日 (木) 23:12

« K10Dでダークノイズを撮ってみた | トップページ | チャリで星見の怖い体験 »