« 小型軽量なガイド鏡を模索 | トップページ | K10Dキタッ! »

2006年12月21日 (木)

チャリで星見の怖い体験

昨夜はちょっとボケ気味ではありましたが、穏やかに晴れました。
それでも、当地は氷点下。
以前から車では行っている、5キロほど離れた観測地に向かうことにしました。
距離は大したことありませんが、最後の1kmで標高差は100mを超えようかという、
チャリとしては難コース。
おまけに、スペースボーイ赤道儀はガイドパック化(赤緯体付き)し、ペンタックス645を背負って。

ふもとにたどり着くといよいよ登坂。ギヤはフロント1、リヤ1~2速のノロノロ。
ギヤが低すぎても苦しいことがよく理解できた。
速度が低すぎるとふらつくので4km/h以上は出したいが、そのためにはケイデンスをあげないと。これがやっぱりくたびれる(笑)
だんだん空は暗く、星の輝きが美しくなってくる。

宮沢賢治の「よだかの星」のくだりが妙に思い出される。
つく息はふいごのようです・・・

それでも、今の季節、上りのほうが好きだ。
周りがいくら寒くても、自分で能動的にパワーを出しているときは不思議と快く温かい。

が、あと一息で、到着というとき、

前方に大型獣の足音!
赤い目がスーッと動いていく。
ゾクゾクッ!!
すぐさま坂を下り始めた。

向こうもだいぶ慌てふためいている様子だったが、
こちらもチビリそうなほど、びびった(笑)
落ち着きを取り戻すにつれ、
鹿だろうなぁ。
まさか熊ではないだろうという結論に達し、再度登坂。

到着まで32分。
前エントリの1,580円ガイド鏡は、なかなか良好な像を示し、大満足。
エネループによる645の動作も問題なし。

下りは楽だが寒い。
しばらくブレーキ掛けながら下っていると・・・
ウンッ?、ブレーキレバーを握るも速度の低下が思わしくない。
更に両手のブレーキを力を入れて握ると、なんとか減速してくれた。

まさか、と思いリムを触ると・・・熱いorz
リヤブレーキのパッドは摩滅寸前。
放熱のよいアルミのリムだし、氷点下なのに・・・油断大敵。

Dst10.05km Tm0h48m56s Av12.2km/h Mx34.5km/h Odo1484.3km

|

« 小型軽量なガイド鏡を模索 | トップページ | K10Dキタッ! »

コメント

うーん・・・よく(上に)引き返す気になりましたね。
自分が同じ目に遭ったら、おそらくしばらくは出かける気に
ならないような気がします。(^^;

でも、645での撮影も出来たんですね。
作品を拝見するのが楽しみです。

投稿: ich | 2006年12月21日 (木) 21:05

>ich様

恐怖の瞬間は、即、本日は撤収!と思いましたが、しばらくして、せっかく位置エネルギーをチャージしてきたのに惜しい、と思う気持ちとの葛藤となりました。(笑)
設営中も、枯れ草の風になびく音にも過敏に反応してました。

645での作品、田舎でE200の増感頼んだのでいつになるかは分かりませんが、心が動揺してました。ので、さてどうなることやら(笑)

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年12月21日 (木) 22:39

(判断されたとおり)クマではないでしょう..
クルマであれば「おっ、出たな」と思う程度ですが、鉄板とガラスに囲まれていない場合の恐怖感は計り知れないものがあります。

ブレーキパッドが摩滅寸前まで..ということから相当な急坂であったと推察いたしました。
夜中に機材を自力で運び上げ、組み立て..かなりの運動量ですね。
↑立派なナイトスポーツといえそう?

外気温が零下を割るようになると道路凍結が気になります。
十分お気をつけください。

投稿: Ken28 | 2006年12月22日 (金) 08:28

おお、獣とニアミスの上にブレーキ不調ですか。恐怖の連続ですね・・。

ガイド鏡は好調のようで何よりです。良い買い物をしましたね。
エネループ、うちも先日からヘッドランプに使っています。アルカリだともう数分しか持たない季節になりました。
経験上パナソニックにしようかとも思いましたが、-5℃から放電という基本性能は同じのようですので、迷わず価格で決めました。(笑)

投稿: Fuuma-mfuk | 2006年12月22日 (金) 21:01

>Ken28様

自転車ですと、囲いがないので、臨場感は抜群です(笑)
相手の息遣いも聞こえてくるような気さえします。
足取りの軽やかさと、向かってくるような気性ではなかったので、鹿かなと・・・。
最近のクマは冬眠しない連中もいるようですから、安心はできませんorz

機材を運び上げて・・・実は自分自身を運びあげるのに必要なエネルギーが支配的だったりします(笑)

道路が凍結するようになると、うーん、厳しそうですね~。

>Fuuma-mfuk様

以前は、同じところで、キツネの鳴き声を間近で聞きました。
やっぱ、びびります。
観測中もいつでも自転車には乗れるようにして、坂を駆け下れるようにしました(笑)
ブレーキは、ちょっとフェードっぽくなったみたいです。
特に飛ばしたわけではないのに・・・ちょっと慌てました。

エネループはコストパフォーマンス抜群ですね。
重宝しています。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006年12月22日 (金) 23:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/13146967

この記事へのトラックバック一覧です: チャリで星見の怖い体験:

« 小型軽量なガイド鏡を模索 | トップページ | K10Dキタッ! »