« K10Dの電源対策(天文用) | トップページ | 自宅窓辺からのカノープス »

2007年1月30日 (火)

CS2500リム交換

CS2500はこのときリムを強打して、変形している。
本日、新品リムが届いたので、取替えに挑戦した。
素人にはムリかなぁ。
でも、工賃は一本6,000円と聞くと、やってみようと思った。
リムそのものは一本1,980円でした。

Barashi

番号を振って、組み立てに途方にくれないようにしたはずなのだが。

Barashi1

ばらすに従って不安になる。

Barashi4

完全にはずれ、新リムへ組み付け。なんか、めちゃくちゃ不安。

Kumi0

あせらず順番にやれば何とかなるか?

Kumi2

組み立てそのものは、何とかなった。
しかし、ニップルを適当に締めていったら、左右にめちゃめちゃ振れるorz
もうだめぽ。

ググッて見ると・・・結局、フレ取りという作業が必要なことがわかった。(沈)
詳しいサイトがあったので、解説を見ながらやってみた。
自転車フォーク本体に乗せて回しながらニップルで各スポークの張りをかえて均等にする、気の遠くなるような作業だ。
どうりで工賃が6,000円するわけだ。

せっかくのサイクリング日和だが、前輪だけで半日かかった。
後日、後輪もやらねば。

でも、フレ取りがまずまずうまくいくと、自転車というものは実に巧妙にできているものだと、強く感心した。

息子よ、安全運転に徹するのだぞ。

|

« K10Dの電源対策(天文用) | トップページ | 自宅窓辺からのカノープス »

コメント

いやー、さすがですね。
私も、ほんの少し狂ったやつを修正とかならやったことはありますが、まっさらのリムを組もうとは思いません。(^^;
ショップで組んでいるのを見ると、何となくできそうな気がしちゃうんですけどね。(笑)

投稿: ich | 2007年1月31日 (水) 00:28

ホイール組みご苦労様です。
私も若い頃には自分でやったものですが、今はすっかり根気がなくなって・・・。
後輪は、左右のスポークの長さや張る力が異なり、難しいとは思いますが、がんばってください。

投稿: fetta1.8 | 2007年1月31日 (水) 12:12

いつも果敢にDIYに挑戦する姿勢には感心させられます。

自己責任ですからいいのですが

車やバイク等も含めて整備に「危険」が含まれるものは
プロに頼むことにしています。

投稿: baja | 2007年2月 1日 (木) 07:46

何かものすごく面倒そうで根気の要る作業ですね。
(#6,000円でしてもらえるのなら有り難い)

「親の姿を見て子は育つ」と申します。

きっとご子息は、
「ぼくの父さんは、すごい!」
と、誇りに思うと同時に、

「(同じ失敗を)二度と繰り返さないぞ」
と、肝に銘じたことでしょう。

父親として子に示す一つの理想的な姿として記憶に留めさせていただきます。

投稿: Ken28 | 2007年2月 2日 (金) 21:06

>ich様

買い物にしてもそうですが、ネット環境も一応あることですしもう少し下調べしてから着手すればいいものを、といつも反省しています(笑)。
店主も「リム、部品だけでいいの?」とちょっと心配そうな感じで渡してくれました。
用途に必要な精度は出たと思います。

>fetta1.8様

>若い頃には自分でやったものですが
すごく入れ込んでおられたのですね。
ここまでする人はなかなかいません、と元ホームセンタ勤務歴のある同僚に言われてしまいました。
後輪も本日、いちおう完成しました。
左右の触れは、最初はゆがんだ元のリム並でしたが、けっこう手間かかりましたが、OKだしました。

>baja様

構造や原理が理解できるものについては、自分でやりたいと思います。
近藤さんに組んでもらったほうが、もちろん精度は出ると思いますが、乗るのもいじるのも趣味のうちですからね。
もちろんチェック、試運転は行います(笑)
プロと称しても、ホームセンターの中には満足にフレ取りできないところもあるようですから。
違う用事で近藤さんに買い物にいったら、「どう?リムはうまく組めた?」と気を使ってくれました。フレ取り手間ですねとこたえたら、うん、これがなかなか難しいのです。と謙虚なプロの姿を垣間見ました。

>Ken28様

リム調整中に長男が帰宅し、めずらしく「ありがとう」と発声しました(笑)
少しは、何かを感じたのか?
でも、単に父親の興味本位の作業だという事実(笑)

試運転したところ、新品のような滑らかな乗り味が蘇りました。
6,000円は良心的な手間賃のようです。私は延べ一日つぶしましたが・・・1日12,000円の収入だとしたらけっこう厳しいです
orz

投稿: ゆうひぶたっくす | 2007年2月 2日 (金) 23:03

先日夜中に目が覚めて深夜にやっているNHKアーカイブスを
見ていたら、砲丸投げの球を検査合格基準まで旋盤使って手作業で
削って一個800円には少し昔のこととはいえ、驚いてしまいました。


自分に当てはめて人からお金を頂く=プロとして
ふさわしい仕事をしているのかどうか考えてしまいました。

盛っていれば薄利多売と言う文字が当てはまるのですが。
お恥ずかしい。

投稿: baja | 2007年2月 3日 (土) 10:03

>baja様

NC旋盤もあるご時世ですが、手仕上げの必要な品物もまだまだあるようですね。
趣味なら少々へたくそでも手間がかかっても、それが楽しみなら結果オーライです。が、プロはそれでメシを食っていかなければなりませんので手際よく、熟練といった要素がやはりプロです。(わけのわからない日本語でm(_ _)m)

私に関しては、年ばかりとって、しかし今の仕事は初心者マークで、若い人には、そしてお客様には申し訳ない(謎)

投稿: ゆうひぶたっくす | 2007年2月 3日 (土) 20:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/13723442

この記事へのトラックバック一覧です: CS2500リム交換:

« K10Dの電源対策(天文用) | トップページ | 自宅窓辺からのカノープス »