« 自宅近所からのカノープス | トップページ | K10D導入から一ヶ月 »

2007年1月17日 (水)

poorライト(極望明視野照明)

SPACEBOYの極軸望遠鏡用の明視野照明(Pライト)は、お金を出しさえすれば、タカハシ純正のものがまだ手に入る。が、けっこうお値段が張る。
しかし、これがないと、目盛りが見えなくて極軸合わせにてこずる。

すでにichさんが自作されていて、構想はそのときからあったのですが、ようやく自分でも作ってみることにした。自分としては偉大な進歩だ(笑)

原材料は、次のものです。

P_lite_moto

白色LEDでは明るすぎるので、赤LED+330Ωとし、電池も一つ減らしてダミーの金具をはさみ、4.5Vから3Vに減じた。このとき、電流は3.5mAであった。

P_lite_b

あとは極軸望遠鏡の穴径にあわせて塩ビのユニオンを加工して発光部を取り付ければ出来上がり。

P_lite_kansei

SPACEBOYに取り付けたところ。

Poor_lite

タカハシ赤道儀の旧塗色に溶け込んでいい感じ。
しかし、実際に覗いてみるとチョいまぶしいので、LEDにペンキを塗って暗くした。
観測モチベーション向上に役立つかなぁ(笑)

|

« 自宅近所からのカノープス | トップページ | K10D導入から一ヶ月 »

コメント

手持ちの赤道儀では旧ペンタックス75赤道儀、旧センサー赤道儀、中古GM-8赤道儀の極望に視野照明装置が内蔵されていません。

で、毎回LED球に改造したペンライトで視野を照らしつつ極望合わせをしています。
★↑面倒ですが、なかなか重い腰が上がらない..(笑、呆)

かといって、純正品、市販品を買う気にもならず..
(早い話が)#貴製作所へ特注したい気分です。

投稿: Ken28 | 2007年1月17日 (水) 23:34

おお、良い感じですね。
仕上がりは私のものよりも上のようです。さすが本家タコハシ。(笑)
電圧はちょっと勘違いしていて、私のも3V駆動になっています。
実はウチのP2赤道議、入手時からイマイチだった三脚が不具合。
伸縮部の固定ネジがバカになってます。
ヘリサートでも入れてみようかと思っているのですが、これがまた
結構お高い。うーん・・・。(^^;

投稿: ich | 2007年1月17日 (水) 23:39

>Ken28様

この趣味に極軸あわせという儀式は、避けて通れないはずなのに、投資はしたくない(笑)
ただライトから手が離せればそれでいいだけの単純なものなのに、作るとなると意外と面倒。
機種によって、穴の大きさや適正な明るさが違いますので、お手持ちの機種でカスタマイズするのが吉かと思います。
(取り付け部の寸法がわかれば製作もいたしますが、たまたま大きさのあう汎用建築材料がないと、納期は?ですm(_ _)m・・・。)

以下、タコハシの技術情報?です(笑)
元のペンライトはボタン電池LR41が3個で4.5Vですが、電池を一つ減らした代わりに電池と同じ大きさのダミー金物を作る、というようなところが意外と面倒くさいのです。また、汎用の赤LEDでは3.5mA流すと明るすぎたという反省からは、電池は3個のままで直列抵抗を1kΩ程度(このとき電流は2.5mA強)にするといいのかな、なんて思います。
赤LEDの入手は隣町のトステムビバ、3個で150円程度でした。
ペンライト赤LED改造のみこちらで行い、取り付け部をご自身で製作するのもありかな、と。

>ich様

先日、タカハシの聖地にいったときも、Pライトどうしようかなぁ、とけっこう悩みました。
が、懐中電灯を遠くからかざしたり何とかすればできるので、我慢してしまいました。
世のトレンドはオートガイダーなのに、やっとこんな段階です(笑)

聖地の人によれば、「カメラは銀塩ですかデジタルですか。デジタルでは、手動ガイドでは厳しいです」といわれました。いえ、HD-4モーターは付いているので、電動ですが、と答えると、いえ、それは前提で、修正作業が電動か否かの話でしたorz

三脚、私のはまだねじバカにはなっていませんが、振動を抑えまた組み立ての簡易化も図って、EM-200用の直脚みたいに固定してしまおうかと思っています。ただ、ガイド姿勢が苦しくなるのは困るし・・・。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2007年1月19日 (金) 12:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/13546962

この記事へのトラックバック一覧です: poorライト(極望明視野照明):

« 自宅近所からのカノープス | トップページ | K10D導入から一ヶ月 »