« M天体巡り | トップページ | SPACE BOY X-Y化計画 »

2007年2月13日 (火)

上京の日の思い出

あれは20数年前、どうにかこうにか進学するべき学校も決まった。
初めて親元を離れ、東京で暮らす人生が始まろうとしていた。

風が強く吹く快晴のあの日、私を乗せた169系急行「信州」は、関東平野を上野に向かって快走していた。
高崎を過ぎてもずっと、我が郷里の山浅間山がくっきりと見えた。

Asama_kannon

高崎を出たあさま506号より望む、浅間山。

熊谷を少し過ぎた頃、富士山が見えてくる。浅間山もまだ見えている。
同時に両方の山が見えるのは、けっこう天候に恵まれたときだ。
電車のデッキから、小さくなりゆく浅間山をずっと見送る。住み慣れた故郷にちょっぴり未練を残すように、。

Fuji_from_506e

一方、富士山は近づく。未知なる生活への希望、好奇心を象徴するように。
地元~上野間3時間弱の急行列車の旅は、心の切り替えに要する時間を与えてくれたような気がする。

このひ、新幹線に乗って同様の光景を目にした。多感な青春時代をちょっと思い出した。
けれど、あっという間に東京に着いた。つかの間の回想は終わった。(笑)

PP TB企画『山』にTBです。

|

« M天体巡り | トップページ | SPACE BOY X-Y化計画 »

コメント

上りは必ず左側に乗って行きます。従って観音様は見えていなかったですねえ。
観音様と浅間のショットは初めて見ました。こりゃあ新鮮です。

投稿: baja | 2007年2月14日 (水) 09:42

本県からは、特急白山での上京が一般的でした。
金の無いときは急行越前(夜行)か能登でした。(爆)
白山で信越線に入る頃にはじっとしているのも退屈なので文庫本を読みふけるのが常でした。
やがて、浅間山が見える頃には、座っているのが苦痛になり出し..
故郷から気持ちを切り替える時間にしては長過ぎ、持て余してました。(笑)
現在、ほくほく線経由で上越新幹線に乗り換え、約3時間で東京の人になれます。
↑この乗り換えが(私にとっては)気持ちの切替にちょうどいいです。
#そういえば、ここしばらく東京の人になってないなぁ..

投稿: Ken28 | 2007年2月14日 (水) 12:21

私は新幹線に乗るときは上りも下りも左側の席を陣取ります。
単純に対向列車が邪魔にならずに景色が眺められるからですが・・・(笑)

しかし、急行列車を体験していない私にとっても、
旅情に浸る暇もない新幹線のスピードはちょっと早過ぎに感じます(^_^;)
在来線で長野を往復していた頃が懐かしいです。

投稿: しんいち | 2007年2月15日 (木) 00:08

こんばんは。
関東地方も春一番が吹きました。東京で初雪の前に吹くのは観測史上初だそうです。
この分だと、東京の初雪は無しかも?

浅間山と観音様のツーショットを見ることが出来るのですね。
最近は帰省も車なんで、ほとんど「あさま」に乗ってないですね。運転手なので景色を見ることも出来ずに・・・。
「急行「信州」」懐かしい響きですね。
それと、今の新幹線では味わえない大宮-高崎間の長さが懐かしいですね。<(^^v

投稿: くまごろー | 2007年2月16日 (金) 01:38

>baja様

>上りは必ず左側に・・・
あら、そうなんですか。
赤城山が裾野を引く景色もいいですし。
在来線のときは、右側だと対向列車の通過にびっくりしたりしますし。
あさま506号は、比較的空いているのかな?
右に見たい景色があれば右、左に見たい景色あれば左、と小学生のガキよりそわそわしています(笑)

あさまと観音様もオツですよ。
カメラはCanonではありませんが(笑)

>Ken28様

特急白山。能登、越前。懐かしい響きです。
遠路はるばるご苦労様でした。

>浅間山が見える頃には、座っているのが苦痛になり出し..
苦痛のない乗車時間は3時間が一般的だそうで、倍程度の乗車時間となると、その苦痛度合いはさぞかし、と想像されます。

>東京の人・・・。今回のテーマは、なぜーか葛飾柴又(笑)
興味を示す人間(ムスメ他)と同伴なもので。
決して、スターベース東京に入り浸っていたわけでは・・・(笑)閉店間際にダッシュで行ってきましたが。

>しんいち様

お久しぶりです。
K10Dゲット、おめでとうございます。
某駅でレレレのおじさんしていたら、某さんから(ブログを見て)しんいちさんK10D買ったみたいだよ、と耳打ちしてくれました(笑)

私は、右左どっち座るか、気分任せです。
在来車両だとコンプがうるさいからやだとか、断流器の上は運転士のノッチ捌きが感じられて好きとか(笑)

>旅情に浸る暇もない
まず、横軽という儀式がなくなりました。
ぼけっとしていると、すぐ高崎。
高崎-大宮間もあれよっ?という間。
子どもでさえ、「もう東京にいるという事が実感しづらい。」と、生意気なことを言っていました(笑)

>くまごろー様

初雪の前に春一番ですか・・・。
こちらも、たっぷりと雨が降りまして、おかしな陽気です。
高速道路のドライバーですと、ゆっくり脇の景色をみるわけにもいかないですしねぇ。

>今の新幹線では味わえない大宮-高崎間の長さ
そうですね、長ーく感じました。
建物が近くにまで迫りちょっとごみごみした車窓ですが、だんだんと東京が近づく、あるいは遠くなっていくという距離感が旅情に影響しているのかもしれません。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2007年2月16日 (金) 11:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/13899023

この記事へのトラックバック一覧です: 上京の日の思い出:

« M天体巡り | トップページ | SPACE BOY X-Y化計画 »