« グローブ逝く・・・ | トップページ | SPACE BOY X-Y試作機、試運転 »

2007年2月22日 (木)

SPACE BOY X-Yへ

スターベース東京の対応は、驚くほど迅速で、丁寧だった。
念願のツインモーター化に向けて、メカ的難所は越えたようだ。

Twin_motor

今回のギヤボックスは入手の関係でタミヤのダブルギヤボックスNo168
減速比は344.2:1を採用。

Tamiya_168

モーターはノートプリンタに内蔵してあったステッピングモーター。orz5の流用品。

Dec_worm

難所は、スペース的に厳しいこと、歯車のかみ合いの調整をどうするかの2点。
アルミの板を重ねて、ワッシャーで調節という組み立ててはバラシを繰り返すはめに。
でも、一度組みあがってしまえば、狂いが出にくいし、結果オーライという事にしておこう(笑)

あとは、電気系のリファインだ・・・。

|

« グローブ逝く・・・ | トップページ | SPACE BOY X-Y試作機、試運転 »

コメント

目標に向けて大きく前進、ですね。
うーん組み上がった状態を拝見すると、なるほどと思いますが、
こういう改造は、やはり簡単には手を出し難いですね。(^^;
完成した姿が楽しみです。

投稿: ich | 2007年2月22日 (木) 21:33

>ich様

ウォームギアケースを取り外し、穴あけ、ねじ切りするのはどうも気が進みませんでした。
タカハシクオリティーがタコハシクオリティーになってしまうのですから(笑)

もっとも、本機は中古で赤緯体のウォームの噛み合わせが悪く、ひどく硬かったのでその調整もついでに行いました。
回路も簡易的に用意して、モーターも回してみました。一応ウォームギアが一回転するのを見届けました。
期待できそうです。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2007年2月23日 (金) 11:23

すごい!とても真似できません。感動すらおぼえます。

中古ということで多少気易く改造に取りかかれるとはいえ、精度の良い赤道儀ですから、二の足を踏んでしまいます。
#所有のNJP赤道儀を何とかしなくては..

>タミヤのダブルギヤボックス
中古入手したステラガイドを中古EM-10赤道儀に取り付けるため、金沢の模型専門店へたまに出かけるようになりました。
やはりギヤパーツ類を見に出かけるのですが、知識も技能も伴わず計画難航、否、挫折気味..(笑)

「天体機材」関連記事を拝見するたびに勇気づけられ、自分も..と思っても実行が伴わないわけで(爆)

投稿: Ken28 | 2007年2月23日 (金) 11:55

>Ken28様

過去の購入順序としては、追尾の星野写真を撮りたい→ケンコースカイメモ新品→やっぱ筒も付けたい→EM-1中古→赤緯のモターも欲しい→EM-10新品→もっと搭載重量の大きいのが欲しい→EM-200中古。
しかし、気楽な観望に設営撤収の軽いのが欲しい→SPACEBOY中古。
残ったのはEM-200とSPACEBOYなのです。(笑)

機動性を考えると大は小を兼ねないのが天文機材。
小さいのにも両軸ドライブを、という思いが、精度を崩すかもしれないという懸念に打ち勝ちまして、今回の改造となりました。
あとは、活用するだけなのですが・・・。
作品のクオリティに結びつくにはまだ幾多の失敗と時間が・・・(笑)

投稿: ゆうひぶたっくす | 2007年2月25日 (日) 12:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/14004652

この記事へのトラックバック一覧です: SPACE BOY X-Yへ:

« グローブ逝く・・・ | トップページ | SPACE BOY X-Y試作機、試運転 »