« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月30日 (月)

あれから1年

謎の意識喪失・痙攣発作から1年たった。
普通に次乗務もあるつもりで置いた電車のブレーキ弁ハンドルは、169が最後だった。

幸い、あれ以来、発作は起きていない。

クルマの運転免許も、更新保留のまま10ヶ月が過ぎようとしている。
チャリとうまく付き合うことができている今、個人的にはクルマの免許がなくても、大して困らない。が・・・

スポーツ少年団の送迎や資源回収でクルマが運転できないのは、少々情けなく思う。
が、できないことはできないのだ。
世の中にはこういう人間がいることも、理解していただきたいものだ。

なにかと浮かない気分の中で、レンズを調達せねばならなくなった。
といっても、PENTAXには手が届かなかったのですが。(笑)

続きを読む "あれから1年"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月28日 (土)

満開の中をいく169系

ようやく、おらほの桜も満開になりました。

4・26撮影

Che169_426_1

続きを読む "満開の中をいく169系"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月25日 (水)

春の星座

今月4・14撮影です。
晴れるには晴れたけれど、透明度はイマイチ。
観測場所についてから、さて、何撮ろう、と考え込むほど、意欲を駆り立てるサムシングに欠ける。

漫然と、北斗七星の柄のカーブを伸ばすと、うしかい座のアークトウルス、さらに伸ばしておとめ座のスピカ。スピカの清らかな光はいい。魚眼で一網打尽にしてしまおう。

Hokuto_otome

PENTAX MX /Fish-eye-Takumar 1:4 17mm 開放  露出約7分/E200一段増感

いくつの星座が思い浮かぶだろうか。

続きを読む "春の星座"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月21日 (土)

今頃冬の大六角形

1・14撮影です。
DSLRで撮るようになってから、フィルム一本に3季節ほど写っている状況です。(笑)

G_winter

PENTAX MX /Fish-eye-Takumar 1:4 17mm 開放  露出約10分/E200一段増感

続きを読む "今頃冬の大六角形"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

キハE200とご対面

4月16日、長野駅にて。

Kiha_e200

PENTAX MX /  smc PENTAX-M  1:2.8  40mm  /  エクタクロームE200一段増感

続きを読む "キハE200とご対面"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年4月20日 (金)

雪・・・orz

4/19 まさかの雪

Yuki_orz

まあ、すぐに溶けましたが。

続きを読む "雪・・・orz"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月16日 (月)

最近、写欲が湧かない

例年なら、うきうきするような、なにか新しいことをしてみたくなる春なのですが。
なにか、仕事も私生活も、しょうがなく辛うじてこなしているような気分は何故か・・・。

確かに、K10Dは素晴らしいカメラだ。
何の不満があろうか。いや、ない。
せっかくだからSDMレンズをつけてみたい。しかし、増備するとなると、K10Dボディ並、あるいはそれ以上の新たな投資が必要だ。
きっと、可処分所得が圧縮されているからだ(?)

最近は、いろいろの反動からか、コイツがお気に入り。

Mx

続きを読む "最近、写欲が湧かない"

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2007年4月 9日 (月)

224D輪行記

待った。待った。
中学校入学式保護者代表、祝辞文面に悩む日々からさらばする時を(笑)
しかし、入学式終わり、さて旅立とうと思っていると、ムスメ発熱orz
その後も天候に恵まれず。
本日、やっと心解き放たれた休日。

小海高校生御用達、馬流駅にて。

Mana_asa

224Dは小海線小諸始発列車。
途中、岩村田からチャリを輪行袋に入れ、乗車。
朝のラッシュを懸念したが、さほどでなかった。
それでも、海瀬あたりから真新しい制服の小海高校の新入生が若干多かった。

続きを読む "224D輪行記"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年4月 1日 (日)

ラジカセ

息子の中学校入学祝いは、これにした。

Qriom

親としてはラジオ講座「基礎英語」を聞いて練習して欲しい、という願いを込めている。

続きを読む "ラジカセ"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »