« せつない記録(2) | トップページ | 224D輪行記 »

2007年4月 1日 (日)

ラジカセ

息子の中学校入学祝いは、これにした。

Qriom

親としてはラジオ講座「基礎英語」を聞いて練習して欲しい、という願いを込めている。

この製品のQriomブランド、株式会社山善はあまり聞きなれない。
(関係の人ごめんなさい。)

Dtuner_sd

ブランドにこだわらなかったのは、
SDカードスロット、デジタル選局チューナーがついてお札1枚強なのは、CPに優れていると思ったから。
特に、当地でのNHK第二(小諸)1539kHzは受かりにくい。
特に夜は隣接の?朝鮮語でしゃべる局が強くて。
アナログ式選局では、迷っているうちに放送開始などという事もあった。
SDプレーヤはもちろん別売りだが、2770円なら。もう一個買っておじさんもSDオーディオに進出しようかな(笑)

さて、自分が小6のときの中学校説明会では、中学の先生が「基礎英語」の受講を強く奨めていた。その通りにした。それをネタに、ラジカセを買ってもらった。
三十○年前、ラジカセは今をときめくアイテムだった。

ソニーファンだった私は、CF-1900という機種を選んだ。
Pro1900なんていう称号が付いていて39,000円ぐらいもした。
FETフロントエンドチューナー、F&F録再ヘッド、アンチローリング、ULMスピーカー、フルオートシャットオフ、タイマー録音・再生など、力のはいった機種であった。
今でもこの用語の意味がすぐ分かる人はかなりのソニーファンであると思う(笑)

今をときめくアイテムであるから、現在のような過去の遺産的なラジカセとは違って、デザイン、仕上げも気合が入っているし、競合他社からもたくさんの機種が出ていてくらべっこも楽しかった。

だが、このプロ1900にも気に入らない点があった。
消去ヘッドがマグネット消去なのだ。

Mag_eh
(画像は上述Qriomのもの)

再生中、消去ヘッドがよけるからすぐに見分けが付く。
AM放送録音中のビートが回避できるとか、若干の省電力も期待できるが、ノイズなど特性上は良くない。他では贅を尽くしているのに、消去ヘッドが手抜きなソニープロ1900。
当時流行り始めたクローム、あるいはDuadテープが消去できない。バイアス、イコライザーの切り替えがなければ意味がないのであるが。
いや、上級商品にだけは、まじめな消去ヘッドがついていたが。
ナショナルマックは同時期のラジカセ。これは、まじめな交流消去のヘッドがついていてうらやましかった。

そんなところから、私のソニー不信はすこしずつ始まっていく。

もちろん、今もっている自分のラジカセは交流消去の機種である。

Ac_eh

KENWOOD CDX-A3

と、ここまで書いてみて、いまやカセットオーディオにそこまでこだわるのは時代錯誤であるという事に気付いた。(笑)

|

« せつない記録(2) | トップページ | 224D輪行記 »

コメント

私にとって初めてのラジカセは「マック18」でした。
その後、左右にスピーカーのあるラジカセを聴いたときの衝撃は、今でも忘れられません。

やがてオーディオに首を突っ込んだ後、時は流れて、カセットデッキは故障したので処分しましたが、カセットテープだけは今でも捨てられません・・・。

投稿: Legin | 2007年4月 1日 (日) 12:03

ご長男の中学入学おめでとうございます。

私の、というか我が家の初ラジカセのメーカーはAIWAでした。(型番は失念)
懇意にしていた電気屋さんのお奨めだったような気がします。
ゆうひぶたっくす様ほどのこだわりはありませんでしたが、モノラルながら
2スピーカー(ツィータ付き)で当時としてはそれなりの音質と思っていました。
その後も、AIWAの購入が続きましたから悪くは無かったのでしょうが。

最近は朝の出勤時はニッポン放送、帰りはNHK「ラジオ深夜便」がお気に入りです。
家用に日本ビクター製の「深夜便のラジオ」も良いかも。
我ながらオヤジ趣味だとは思いますが。(笑)

投稿: ich | 2007年4月 1日 (日) 14:07

自己レスです。
>我が家の初ラジカセのメーカーはAIWAでした。(型番は失念)
もしや、と思ってググってみたら有りました!型式TRP230。
AIWA+ラジカセで検索したところ歴代のモデルを一覧できる「濃い」サイトを発見。
特徴のあるデザインを見た瞬間、当時にタイムスリップしました。
やはりインターネットはスゴイ・・・。

投稿: ich | 2007年4月 1日 (日) 14:26

ラジカセなんて新しいものを(笑)
最初のカセットレコーダーはラジオなんか合体してませんでしたよ。
ナショナル製で本体にハンドマイクが内蔵されていて、それが中から
カールコードを使って伸びるやつ。一体何時の時代だ。(大笑)

SONYは「デンスケ」を苦労してやっと買ったのです。
今ならオークションに出したらいい値で売れるかな。

投稿: baja | 2007年4月 1日 (日) 18:46

>F&F録再ヘッド、アンチローリング
懐かしいというか…このような言葉を覚えてるだけで尊敬(笑)

先日初代ウォークマンに電源入れたらさすがに死んでおりました。
買った帰り道、夜の高速バスで都市高速走っているとき聞いた音楽のすごさ…身震いしたの覚えてます。

BCLも熱中しませんでしたか?バチカン、ビックベン、玄界灘…もっと色々あったよな~ 
ホント、いつの間にか遠くまで来ちゃいましたね。

投稿: 極楽蜻蛉 | 2007年4月 1日 (日) 23:55

>Legin様

おお、マックという共通語が(今のアップルコンピュータでなく)生きていたとは・・・。なにかとっても嬉しい気分です。
左右にスピーカーのあるラジカセ・・・。ある時期から、あれよあれよと増殖しましたね。

我が家では、いかれたカセットデッキ ソニーTC-K777はいまだ処分できずに置いてあります。カセットにしかない曲(我が家の皇后様のダンス曲)をデジタル化するのに、たまに使います。外から楊枝でメカの動くのを手助けしながら(笑)

>ich様

「濃い」サイト に私も旅行してきました。いましたいました。懐かしいのが。わがプロ1900もいました。
ichさんの機種の前身のTPR210は友達が持っていて、大きな音でも割れず、嫉妬しておりました。(笑)
さすがラジカセの先駆者AIWA。

ichさん、帰りはだいぶ遅くなるのですね。
私も長距離、車で通っていた頃はラジオも聴いていましたが、最近は。。。基礎英語1を久々に聞いてみると、うー、耳が退化していて、中1の英語を聞き取れないorz

>baja様

>ラジカセなんて新しいものを(笑)
そう、30ウン年前の、いまをときめくスーパーアイテムでしたからね。

ナショナルの古ぼけたキャビネット一体型真空管ステレオのラジオにソニーのオープンリールレコーダーつないで・・・いったいいつの時代だ・・・(笑)基礎英語を聞き始めたのですが、雑音まみれでほとんど聞き取れない。
ラジカセ導入、容易にOKが出たのは良く覚えています。

>デンスケ
奇遇。私もその後、初代カセットデンスケTC-2800を入手。これは導入の大義名分が難しく、だいぶ苦労しました。(笑)


投稿: ゆうひぶたっくす | 2007年4月 2日 (月) 00:35

>極楽蜻蛉様

ソニー用語、だいぶソニーにその当時は入れ込んでいたようです。(笑)

音楽を戸外に連れ出す、というウォークマンを生み出したアイデアはすごいですね。
音楽はその置かれた場によって、一層印象的になることもあるし。うちのウォークマンはまだ動きます。でも、カセットテープ回して外に連れ出すことはもうないと思われます。

私はどっちかというと、音を記録できるカセットというメカに興味がありましたが、BCLは弟がはまりました。短波ラジオを使って、バチカン市国、BBCなどノイズの中から聞き分けながら、よくだなぁ、と感心していたのを思い出します。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2007年4月 2日 (月) 01:05

こんばんは。
息子さんの中学入学おめでとうございます!

ラジカセとの初めての出会いは小学2年の時でした。
父親が仕事の関係で頂いた物でした。
確かナショナル製。当時としては画期的?かどうかは知りませんが、
TVのように(って今のTVにもありませんが)まわすチャンネルが付いてました。
UHF用のも付いてました。
ただ「ラテカセ」ではありません。(笑)
その時やってしまった大失敗。
まだ電池のみで使用してて、ある晩、録音一時停止状態のまま寝てしまい、
翌朝ラジカセを動かそうとしたら、まったく動かない。
「えっ!いきなり壊しちゃった????」
と思ったら単に電池が切れただけでした・・・。(爆)

今はもう、家にはカセットテープを聴く手段がありません。
いろいろ作りまくったカセットテープはあえなく処分・・・。

ちなみにウチのカミさんのお気に入りは真っ赤な「サンヨーWU4」だったようです。

長々とすいません。

投稿: くまごろー | 2007年4月 2日 (月) 22:48

ご子息様、中学校ご入学おめでとうございます。

そういえば私も中学の入学祝に買ってもらいました。
ステレオタイプの物が惜しかったのに、ソニーのLLラジカセでした(涙)。
きっと打ちの親も英語の勉強をさせたかったのでしょう。
弟のときは、ソニーのSIR-IIIを買ってもらっていたので羨ましかったです。
でもよく壊れて保証期間内に、修理に何度も出していたような気が…。

投稿: うなむ | 2007年4月 3日 (火) 05:53

>くまごろー様

TV音声の聞けるの、ありました。記憶があります。
同級生が持っていて、ひどくうらやましかった。
教育機器という位置づけからは、TV音声などいらないというのが方針だったようで、一蹴された記憶があります(笑)

ラジカセとの日々は、電池切れやヘッド汚れのような初歩的なトラブルに心を痛ませたり、いまからすれば大した音質ではなかったはずですが、ともに感動した懐かしい思い出が詰まっています。
といっても、当時のラジカセは、もうありませんが。。。

サンヨーのU4も一世を風靡しましたね。
地球か。何もかも、みな懐かしい。(謎)

>うなむ様

LLって、けっこう拷問?。先生のを聞きながら自分の声を録音して、両方比較しながら再生するのですから。
私は、自分の声を聞くのはいたたまれませんでした(笑)
うちには、ありませんでしたが。
さて、自分が親になって・・・一応基礎英語を聞いて欲しい、などという教育機器としての位置づけではありますが(うういかん、自分の親のときとおんなじだ)、自由に使って欲しいと思っています。
たとえゲームキューブのアンプ付きスピーカーになろうとも(笑)
そういえば、SDカードひとつとられました。
自分のSDカードもひょっとして画像データより、音楽データが多くなっていくのかも。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2007年4月 4日 (水) 22:49

中学ご入学おめでとうございます。
うちの長男も、あさって、中学の入学式です。

父親と違って、こういうメカやオーディオには、ぜんぜん興味ないようで、
なんにも欲しがりません。

自分が中学の時は、BCLブームの真っ最中。
BCL機能搭載ラジカセが憧れの的でした。
(デンスケで、SLの音を残すのもやりたかったけど)
で、買ってもらったのが、日立のパディスコGF XO(TRK-5050)。
FMトランスミッターとして使えるワイヤレスマイク付きで、
風呂に安価なFMラジオを持ち込んで、好きな音楽聴きながら、
湯船に浸かってたなあ。

山善は、電気スタンドとか、ちっこい扇風機とかも作ってますね。
なかなかしっかりしたものですよ。

投稿: でぱいゆ | 2007年4月 7日 (土) 11:51

>でばいゆ様

ご子息もいよいよ中学生なのですね。
おめでとうございます。

>父親と違って、こういうメカやオーディオには、ぜんぜん興味ないようで、なんにも欲しがりません。
うちも、そうなんですよ。不思議です。
小さい頃からビデオデッキが当たり前にあるような現代では、ラジカセのようなメカでは、神通力がないのかな(笑)

BCLはやっていましたねぇ。
弟のほうは昂じてHAMをやりましたが、アンテナ工事は私の担当orz
スイスクワッドとか八木アンテナをローテーターで回したりして、遠い国と更新してました。

>好きな音楽聴きながら、湯船に浸かってたなあ。
なかなか、先進的なオーディオの楽しみですねぇ。
パディスコ、聞き覚えがあります。

山善、うちの職場にもありました。
扇風機型のヒーター、冬のシーズン、いつもお世話になっていました。どこのブランドか気にも留めなかったけどm(_ _)m

投稿: ゆうひぶたっくす | 2007年4月 8日 (日) 22:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/14478640

この記事へのトラックバック一覧です: ラジカセ:

« せつない記録(2) | トップページ | 224D輪行記 »