« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

はくちょう座

5月15日撮影
久しぶりに 6×7にフィルムをつめて撮影してみた。
透明度はイマイチな上に、東の空に光害があります。
さすがに、赤い星雲は良く出ます。

Cyg67_105jk

ASAHI  PENTAX  6×7  /SMC  TAKUMAR/6×7  1:2.4/105  F3.4/ 露出6分 E200一段増感

続きを読む "はくちょう座"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年5月26日 (土)

キハE200続報

昨日は、小諸に試運転列車が2回来た。
定時運転でやってきた。

停車中は、気動車とは思えないほど静か。
思い出したようにエンジンがかかるのも、今まで出会ったときと同じ。
このインターバルは10分~15分くらいかな。

エンジン始動直後何十秒かは、カリカリ音が目立つが、その後マイルドな音に変わるのがわかった。(昔の直噴ディーゼルのいすゞビッグホーンのよう)

発車を見送ったが、パワースペックから想像するより出足の加速は軽快で、きびきびしているように見えた。

速度種別はB5aというふうに見える。aの意味は不明だが、10‰上りの均衡速度は95km/h程度ではないかと思われる。
やはりキハ110系のA7=107km/hよりは劣る。
もっとも、小海線自体の最高速度が85km/hだと思うから、線区条件にあった性能だという事もできる。

いずれにせよ、良好な運行実績を示して、次のステップの「普及」につなげて欲しいものである。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年5月24日 (木)

新車導入(2)

bajaさんのブログで情報入手、ちょっくら中込まで見に行ってきました。

おお、いました。小海線のハイブリッド車、キハE200-1の勇姿。

E200_1

最初は、蔵にはいっていてなかなか姿を現しませんでした。

続きを読む "新車導入(2)"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

新車導入(1)

いろいろ検討したけど、結局、ムスメの次期自転車はこれにした。

Rock4500_kaisou

GIANT ROCK4500 SIZE320
ただし、タイヤは若干細身のスリックタイヤ26×1.9526×1.75に履き替えてある。
(純正は、山用ボツボツのついた26×2.1)

続きを読む "新車導入(1)"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

大上峠から信州入り。。。

熊倉からの林道は1/2kmおきにキロポストが立っていて、目安になる。
南牧村自然公園を過ぎて更にいくと、北の方向に視界が開けてきた。

Daijyou_tochuu

続きを読む "大上峠から信州入り。。。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

熊倉から余地峠。。。諦め大上峠へ

前エントリより続き。
群馬県は南牧(なんもく)村から西進し、余地峠を目指した。
熊倉川沿いに、けっこうの坂を登る。

Kumakura_r

石が青いのか、水が緑というか、蒼っぽい、引き込まれるような色だ。
リヤのスポーク破断は、この直後に起きました。
隣のスポークにからめて、他に波及しないことを願って、ペースは押さえ気味に続けました。

続きを読む "熊倉から余地峠。。。諦め大上峠へ"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年5月21日 (月)

田口峠

昨日5・20は、PLフィルターを利かせたような透明感抜群の快晴。
これは行くしかない。なぜ上信電鉄が通過予定地に余地峠を選んだのか。田口峠や内山峠経由で信州と結ぶ計画にしなかったのか、疑問を解きに。
臼田から田口峠(標高1120m)をこえて、またまた西上州へ。

臼田から雨川沿いに東進。
最初は幅の広い舗装道路だが、いつしか自動車ではすれ違うのもわずらわしい”単線”状態。クルマの通りも少なく、自転車には最高に快適。
ただし、斜度はけっこうきつい。8%だとか9.5%だとかいう標識も出てくる。

Amegawa2

新緑が目にまぶしい。空気がうまい。


続きを読む "田口峠"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年5月17日 (木)

余地峠をめざして

上信電鉄は、かつて、現在の終点の下仁田から余地(よじ)峠を経て、現JR小海線羽黒下駅に結ぶ計画があった、という。

↓のどかな日中の羽黒下駅

Hasiura

余地峠とはどの程度の険しさなのか、行ってみたくなった。

Yoji_pass

R299から分かれてすぐ、「余地ダムより先、幅員狭小につき通行禁止。」とある。
自転車なら越えられるかも、と期待も込めて・・・。

続きを読む "余地峠をめざして"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年5月16日 (水)

マルミ SILKYSOFT (A)の効果

5・15は一応、夜晴れた。
星々の輝きを見ると、霞みがちであんまり呼んでいない気がするが、この期をのがすと、当分星空を拝めそうもないような気もして、久々に星見ライナーを出した。

K10Dとsmc PENTAX-FA☆ 1:2  24mm  ALを使うと、なかなかシャープな星像だと思う反面、星座が埋もれて分かりにくい感じがする。
そこで、表題のフィルターを使ってみた。

まず、フィルターなし。

Without_filter

K10D smc PENTAX-FA☆ 1:2  24mm  AL F3.2  ISO800  露出1分

続きを読む "マルミ SILKYSOFT (A)の効果"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

通勤記録07515

早番。

行きは前日と寸分たがわぬ所要時間。
帰りは、追い風に乗り、別人のように快走。
やはり、この乗り物は風の影響が大きい。
帰り:Dst9.66km Tm36m36s Av15.8km/h  Odo2450.6km

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

ろっく45

本日早番。
きのう、これ↓をやったので、足が筋肉痛(笑)

Shigen

行き、向かい風。手袋を持ってくればよかったと後悔するほど寒い。が、汗かかずにすむので快調。
Dst9.28km Tm22m10s Av25.1km/h 

帰り、なぜか向かい風。リヤタイヤのエアが5気圧ほどに低下していたので(いちおう所定と考えている)6気圧に調整したせいか、さほどへろへろ感はなかった。
Dst9.69km Tm42m43s Av13.6km/h  Odo2431.6km

帰りのほうが距離が長いのは、行きつけの自転車屋さんに行ったから。

続きを読む "ろっく45"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年5月 9日 (水)

5/8の走行

早番。
手袋をしてくればよかった、と後悔するほどの冷たい空気。
でも、小鳥の囀りにつつまれて、気分は上々。
行きは、職場まで安全無事に到着。
職場でも、5・7の激坂の後遺症もなく、快調。

帰り。
前日の激坂に比べたら楽に登れるかと思っていた帰路、足が回らないし、ヘロヘロ感倍増。
前日の激坂で足が”終わっていた”のか、夏並みの暑さ、強い向かい風、荷台を復帰し忘れていてリュックを背負い蒸れるなどの要因が重なったものか・・・。

帰りはいつもより1割り増し以上の45分、Av12.4kmほど。こういう日もあることよ。

Dst18.58km Tm1h07m11s Av16.5km/h Mx45.0km/h Odo2394.6km

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 7日 (月)

なんじゃい!

なんじゃい、GW。
巷のGWを指をくわえて横目で見て、我が休暇昨日1日目、雨。
2日目最終日(つまり高々2連休)の今日、遠出をしようとヤル気満々で我がチャリをみると・・・前輪パンクorz
なんじゃい!
ついてない。

Punk_1

こんな小さいワイヤブラシの毛(?)1本でパンクとは・・・トホホ。
パンク修理キットで直しました。
もう、こうなったらあそこにいくしかない。

続きを読む "なんじゃい!"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月 5日 (土)

碓氷峠散策

碓氷峠アプトの道散策。66.7‰はさすがに坂を感じる。

Saka667

続きを読む "碓氷峠散策"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年5月 2日 (水)

碓氷峠超えにトライ

横川~軽井沢は標高差約550m。
旧国道18号線に沿って、チャリで挑戦(笑)

Yokokawa

あーあ、来ちゃった、横川駅。
自宅からは追分まで登れば、峠は下って下って下り。何の苦もなく到着。
行きは良い良い。
帰りは・・・あれだけ下った道をたどれねば・・・不安だなぁ。
ともあれ、帰らねば。明日は出勤だし。

続きを読む "碓氷峠超えにトライ"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »