« 碓氷峠散策 | トップページ | 5/8の走行 »

2007年5月 7日 (月)

なんじゃい!

なんじゃい、GW。
巷のGWを指をくわえて横目で見て、我が休暇昨日1日目、雨。
2日目最終日(つまり高々2連休)の今日、遠出をしようとヤル気満々で我がチャリをみると・・・前輪パンクorz
なんじゃい!
ついてない。

Punk_1

こんな小さいワイヤブラシの毛(?)1本でパンクとは・・・トホホ。
パンク修理キットで直しました。
もう、こうなったらあそこにいくしかない。

Nanjai

上信電鉄 南蛇井駅にて。

和美峠をこえて、はるばる来たぜ、下仁田。
生まれて初めて乗る上信電鉄。ワクワク!

来てみて初めて知ったのですが、画期的なサイクルトレインの制度がある。
雑駁に言うと、昼間の閑散時間帯の電車に、直営駅員のいる駅相互に限り、予約を申し込むことによって、自転車を在姿のまま乗せられる、というもの。

Cycle_train

まあ、この手のチャリなら輪行袋に入れれば、どの電車、どの駅でもOKなのはこの上信電鉄も同じなのですが、在姿のまま乗り込めるのはとっても不思議な気分。
ママチャリなどでは有用かも。
さらに、拠点の駅には無料のレンタサイクルの制度もあり、チャリと親和度の高い鉄道となっていることには、学ぶべきものがあります。

もう一度、なんじゃい。(笑)

Nanjai2

さて、この上信電鉄、高崎~下仁田間33.7kmを結ぶローカル私鉄。
走り出すや否や、けっこうの揺れ。
軌道の状態は、お世辞にもあまり上等とはいえない。
「マンナンライフの蒟蒻畑」のTV CMのようにつり革が揺れる。

というか、あのCMのロケ地は、実はここなのでした。

Mannan

でも、非電化と違って電車なので、窓を開けても空気が爽やかです。

Jyoushinnkokkyou

サイクルトレインで富岡製糸工場跡を見て、再び下仁田に戻ってきました。

上信電鉄というからには、当初は上州と信州を結ぶ野望があったはずです。
資料によると、余地峠をへて、佐久鉄道(現JR小海線)羽黒下駅に結ぶ計画があったらしい。
しかし、背後に立ちはだかる上信国境の山々。鉄道敷設は技術的にも経済的にも厳しかったのでしょう。
それどころか、今では既存の区間の維持も苦しいはず。
これは賃率(1kmあたりの運賃)が、30円前後に達していることからも窺い知れます。
ですから、サイクルトレインのような懸命のアイデアで盛り立てようという努力が伝わります。

では、おぢさんがチャリで、未開通区間の上信国境を和美峠~軽井沢へ連絡してみましょう。
なんてお気楽なこと言ってますが・・・。

和美峠なんていう温和な名前が付いていますが、半端じゃない。
来る時の下り坂では、連続ブレーキでリムが前後とも熱くなったし。
クルマを持つ前、スーパーカブ50で越えた時はギヤを1速にしないと登れなかった。

来る時は、お気楽に降りてきちゃったのだが。

下仁田駅で区間距離をリセット。
国道254を西進すること9.5kmで右折。ここまでは登っているはずですが、25~30km/hと意外にハイペース。
その後、いつ激坂が来るかとびくびくしながらも、鏑川の清流に癒されながら割りと快走。
しかし、16.5km進んだあたりで、やはりやってきました、激坂。
フロント28T-リヤ32T状態でついに4~5km/h台のノロノロ走行。

Gekisaka

仰ぎ見る上信越自動車道。しかし、コイツのずっと上に出なくては、軽井沢入りできない。
リュックにしょったK10Dを捨ててしまいたくなるほど、重く感じる(笑)
20km地点では、いよいよクランクを回しきれなくなりそうだった。
立ちこぎでしのぎました。。。

Arafune

だが、やがて素晴らしい眺望が、癒してくれる。
遠くに荒船山。

Peak_wami

ついに峠頂上。険しさは碓氷峠の比ではない。
鼻毛に白髪の混じるおじさんには、ちとハードだったな。
でも、精神的には大いにリフレッシュした1日であった。

下仁田駅~和美峠頂上:
Dst22.94km Tm1h50m05s Av12.4km/h Mx37.0km/h

本日総合:
Dst89.57km Tm5h11m09s Av17.3km/h Mx47.5km/h Odo2376.0km

|

« 碓氷峠散策 | トップページ | 5/8の走行 »

コメント

「なんじゃい」という名前の駅があるのですね。
自転車の旅、一緒に楽しませていただきました。

投稿: うなむ | 2007年5月 8日 (火) 10:56

>うなむ様

なんじゃい駅は、地図上ではだいぶ前から気になっていました。
実際にいってみて、確かめたくなりました。
動機は単純です。
でも、帰りの激坂には動悸を覚えました(笑)

投稿: ゆうひぶたっくす | 2007年5月 8日 (火) 20:04

和美峠は旧碓氷のほうとは標高差の違いがある以外に、旧碓氷の均一なカーブで
上っていくのとは異なり後半の急激な登りが心臓破りになっているのではないでしょうか。

それにしてもこれで東二つと南一つの県越えですね。恐れ入りました。

急激な峠越えを経験すると「もういいや」の心の声が聞こえませんか(笑)


この次は峰の茶屋越え、高峰越えや湯の丸越えの北ルートが残ってますが・・。

無理をせずに。


投稿: baja | 2007年5月10日 (木) 05:48

>baja様

仰るとおり和美峠は、比較的足元まで緩勾配で進み、残りの短い距離で標高を稼ぐ地形であることが、険しさを感じる原因のようです。
大まかな地図では、急曲線が省略されて屈曲の少ない、いい道のように錯覚をしますし。
それでも、碓氷越えのときより平均速度は上がっています。

>「もういいや」の心の声

確かに、そのときは思いました。(笑)
ヒルクライムなら最初に上りですから、嫌になったらその時点で折り返せばよいのです。
が、上州に進出するときは、行きは良い良い、帰りはへろへろ。そして、とにかく上りきるしかありませんので・・・。
なんともいえない(他人から見れば無駄な)達成感がまた格別。

懲りもせず地図を見ながら、今度は田口峠あたりに思いを馳せているのでありました。

高峰越えは・・・うーん、1000m以上の標高差ですからね、もう少し鍛えてから、近藤さんのところにでもまぜてもらおうかな・・・自信はないけど(笑)

投稿: ゆうひぶたっくす | 2007年5月10日 (木) 16:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/14990004

この記事へのトラックバック一覧です: なんじゃい!:

« 碓氷峠散策 | トップページ | 5/8の走行 »