« 28C→23C化(タイヤ) | トップページ | 通勤記録07619 »

2007年6月18日 (月)

23C化後の課題

3日前に7.8bar程度入れたはずである。
今日、念のためフロントタイヤの空気圧をチェックすると・・・6bar程しかない。えー?
リヤタイヤも6.5bar。パンクではなさそう。
こまめにチェックして圧を調整しないと、ころがり抵抗低減はおろか、リム打ちパンクの確率が高くなりそうだ。
ロード乗りとしては常識なのかな。

さりとて、携帯用ポンプでは、6bar以上からがきついのです。
しっかりした据置用ポンプが必要だなぁ。
ロード乗りとしては常識なのかな。

そのほか、
・ライトの取り付け。

Light_stay

箕浦のライト取り付け用ブラケット’Besso’を、フォークに取り付けようと寸法出しをやっていると・・・説明書の終わりのほうに、「Bessoはカーボンフォークには取り付けできません」だって。
ベソをかきたくなったorz
結局、ステムに自作金具で強引に取り付けた。

・CS2500に星見ライナー用金具をつけた。
今後、星見機材はCS2500で輸送の予定。

ムスコ、ESCAPE R3の復活の日を心待ちにしている様子。
いつのまにやら、放置してあった部品を見つけてきた。

Ituka_fukkatu

だが、それには、クランクギヤとカセットの歯数を決めないと。
SORA(リヤ8速)だと、前3枚ギヤにしても、いまよりレンジが狭くなってしまう。
13-26だと高速が。12-25だと坂が。
通勤ぐらいなら平気だけれど、行ったこともないような遠くに行ったとき、ローギヤが重いのはつらそう。
店主には、「前3枚のうちのインナーはもう使わないでしょう(笑) 前2枚のほうが、変速性能は良くなるよ。」
なんていわれちゃうし。

TNI号 Odo 111.5km

|

« 28C→23C化(タイヤ) | トップページ | 通勤記録07619 »

コメント

極端には減りませんので、道中で携帯用ポンプを使ってこまめに充填するほどではありませんが、6気圧ぐらいまでは割と短時間で減っているような気がします。

TOPEAKの計器付きで米仏対応の空気入れ(3千円ぐらい)を使っていますが、必要かつ十分と思いました(^^)b。

投稿: Legin | 2007年6月19日 (火) 22:32

>Legin様

情報、ありがとうございました。
いきつけの自転車店には、ちょっと高級な6千円くらいのものがありましたが、うーんと唸って、ためらっておりました。
店長、顔色を察したのか、今日になってPanaのゲージ付き
・・・必要かつ十分なやつ・・・を仕入れてくれました。のでさっそく入手してまいりました(^^)b。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2007年6月19日 (火) 23:16

突然おじゃまします。
パナレーサーとかのやっすいフロアポンプにヒラメのポンプヘッド付けるだけで凄く楽になりますよん。
http://www.cb-asahi.co.jp/image/kokunai/hirame/kutigane.html

投稿: scotoma | 2007年6月22日 (金) 00:56

>scotoma様

情報、ありがとうございます。
すごいものがあるのですね~。
目から鱗です。
でも、ちょっと値が張りますねぇ。
パナレーサーのやっすいポンプで(笑)、しばらくは頑張ります・・・。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2007年6月22日 (金) 18:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/15483369

この記事へのトラックバック一覧です: 23C化後の課題:

« 28C→23C化(タイヤ) | トップページ | 通勤記録07619 »