« 通勤記録07614 | トップページ | 23C化後の課題 »

2007年6月15日 (金)

28C→23C化(タイヤ)

TNI号、ESCAPE R3から引き継いだタイヤは700×28C。
これを23Cに替えたら、走行は少なからずかわるのだろうな、ということは前から考えていた。

よそのブログを覗くと、23Cまでなら問題なくいけるという見解の人もいれば、パンクの頻度が多くなった、という人もいる。
通勤には信頼性も大切だから、23C化はちょっとばかりためらっていた。

Maxxis_deto

約3,000km走ってちょっと劣化が気になるMAXXIS DETONATOR、思い切って替えてしまおうか。

いつもの店主に聞くと、やはり、エアボリュームが小さいので、空気圧管理ができていないとリム打ちパンクはしやすくなる。走行は、当然軽くなりますよ。 とのこと。

今まで、28Cを6barで使っていたが、
・貫通パンク1件。
・リム打ちパンク1件。
・空気充填中、バルブの根元からバースト1件。

ここは、空気圧管理をしっかりやって、走行抵抗の低減の恩恵に浴してみよう。

W_bar

うーん、自分の場合7.8bar位になる。
となると、携帯ポンプではけっこうつらそうだ。

などと悩みながら、結局これにした。

Lithion

携帯ポンプでは最後かなりくたびれるが、問題なく入れることができた。

さて、試運転。
歴然と軽さが違う。
自分は、こんなに強かったのか。
それに、けっこうしなやかなグリップと乗り心地。
たぶん、費用対効果比は、この変更に勝るものは今後とも出てこないと思う。
あとは、出勤のときに、パンクがないことを願うばかり。

|

« 通勤記録07614 | トップページ | 23C化後の課題 »

コメント

28Cと23Cは、ぜんぜん違いますよね。
ロードの23Cでずっと慣れてたので、ESCAPE R3の28Cでも重く感じてました。

Panasonicから、パンクしにくい通勤用23Cタイヤも出てるので、買ってみました。
換装したら、インプレ紹介します。

投稿: でぱいゆ | 2007年6月16日 (土) 11:23

惰性運転で長持ちするところも良いですよね(^^)b

投稿: Legin | 2007年6月17日 (日) 09:50

>でばいゆ様

28Cと23Cでは随分と違うのに驚きました。
そのわりに乗り心地も犠牲になっていない感じです。
これでパンクさえ増えなければ、いい事ずくめなのですが。

パンクしにくい通勤用23Cもあるのですか・・・それにすればよかったかな。
インプレ楽しみにしています。

>Legin様

動力性能も快適性も、23Cはいいバランスかもしれません。
ころがりもいいですね。緩い下りなら、ノッチオフしてもけっこう進みますね。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2007年6月17日 (日) 21:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/15446431

この記事へのトラックバック一覧です: 28C→23C化(タイヤ):

« 通勤記録07614 | トップページ | 23C化後の課題 »