« 覚書(ギヤ) | トップページ | 海ノ口城跡を目指したが・・・ »

2007年6月23日 (土)

ロードでの小荷物運搬

ロードは軽快だ。
しかし、本一冊買うのでも、買って帰るのは大変。
本一冊にリュック背負うのも、うっとうしい。
さりとて、荷台やサイドバスケットをつけるのは気が進まない。
荷台用のダボ穴もない。
それに重さ。
サイドバスケットだけでも実測1400g、その基台となる鉄製のキャリヤはもっと重そう。TNIのアルミフレームは飛び切り軽量なわけではないが1500g台。うーん。

しかし、いつもの自転車店のHPでうまいものを見つけた。
TOPEAKのビームラック(Eタイプ=直棒)。

Book_yusou

このトランクバッグは、レールとワンタッチのロックでしっかりと手間なく脱着できる。

Rx_bag_outside

しかし、この容積はじつに微妙。
というか、小さくてほとんど何も入らないorz

Topeak_rx_bag


銀塩PENTAX  *istなら入るのだが。
いまや、我が家にはフルサイズをカバーする標準ズームがない。。。
銀塩*istでは、レンズ遊びも思うようにいかない。
デジイチがPENTAX  *ist程度の大きさになればいいのにな。

ロードにごたごた積載して走るな、というのは承知。
さすがに、重量物を運ぶつもりはありませんが、近所のお買い物も、通勤も、温泉浴もロードでしたい。


Orz_bag

自分的には、このくらいの容積は欲しい(笑)

・・・純正のバッグからレールとロック爪を分捕って、カメラバッグに移植した。
これならば、雨天に備えてのカッパや、温泉に入って着替えなども入る。
しかし、長年使ってきたカメラバッグなので腰がないのがイマイチ。
それに、ダサいのが一番の難点。。。
それでも、この季節、リュックを背負うよりはうっとうしさはなくていい。
とほほ。

|

« 覚書(ギヤ) | トップページ | 海ノ口城跡を目指したが・・・ »

コメント

>デジイチがPENTAX *ist程度の大きさになればいいのにな
ここで私の脳裏に浮かんだのがE-410。(笑)
14-42mmの標準レンズ込みでも600gを切る軽さ。(K10Dの半分!)
マウントアダプタを使えばレンズ資産の継承も・・・。
秋葉のヨドバシカメラで実機に触ってみたのですが、勤務地近くの
キタムラにも入荷したので気になる存在です。

自分の場合、性能云々よりも中学時代からのOMコンプレックスに
よるところ大ですが。(笑)
これを解消するためにも、PENTAXには是非 MEクラスの(いやLXでも良いですが)
サイズのDSLRを作って欲しいものです。

投稿: ich | 2007年6月24日 (日) 12:56

>ich様

E-410・・・銀塩*istを見ながら、ふと私もE-410を思い起こしました。
私も、名古屋の量販店で触ってみました。
(小ささは、やればできるじゃん、と素直に感動しました。が、あくまでも私観ですが、OMのようなオーラは、うーん出てなかったような)
気合を入れて撮るにはK10Dの路線で良いとして、手ぶれ補正は捨てても、今までのレンズ資産はいかせて基本はしっかりした本気に小さいAPS-C。
OMのときのMシリーズのようにM100Dとか・・・。
Kシリーズは、どうも経営の節目を呼び起こすようです(笑)

コンデジでも、WPかつ日常生活+α程度の防振、APS-Cクラスの受光素子においしいレンズ、マニュアル露出(露出補正)可
みたいのもいいかも。欲は果てしない(笑)

投稿: ゆうひぶたっくす | 2007年6月24日 (日) 21:03

(ダットラに乗っていたまだ若かりし頃のことです)
遠征先に着いて、荷台に載せていた赤道儀を組み立てようとしたら、ネジ類がばらばらに飛散していたことがあります。
#商用車は光学製品運搬に向かない?と悟ったのでした(笑)

>トランクバッグ
パンケーキレンズなら、K10Dなども入るのでは?

投稿: Ken28 | 2007年6月24日 (日) 23:22

TOPEAKのビームラック、意外と強そうですね。
GIANT ESCAPE R3だと、シートピラーがサスペンションになっているので、取付けが難しそうですね。
カメラは、フロントに積みたいと思うんですが、
このビームラックに載せると、振動や衝撃とかどんな感じでしょうか?

投稿: でぱいゆ | 2007年6月27日 (水) 07:30

>Ken28様

>#商用車は光学製品運搬に向かない?
バネが、荷物をある程度積載した状態でも耐えるように硬いし耐久性重視で、振動はやさしくありませんね。

ロードは、細い高圧タイヤでサスペンションも無く、自転車のなかでも振動襲撃は大きいので、商用車と同様、光学製品運搬には向かないと思われます。

単焦点の小ぶりのレンズなら、実はK10Dでも入ります。でも、振動衝撃の大きさを考えると・・・壊れても心理的ショックの少ないプラボディー銀塩か、タオルでぐるぐる巻きにした安いコンデジ程度しか気が進みません(笑)

>でばいゆ様

ラックそのものは強度は良さそうですが、片持ちの棒なので、シートポストに曲げ力が来ます。本製品では荷重は7kg以下となっています。まあ、ロードに7kgも積載することは愚かだとは思いますが。
あと、わざと蛇行すると、ヘロヘロバッグを積んだせいもありますが、よろよろと尻を横に振るような動きが尾を引く、そんな挙動が若干感じられます。
純粋に走りを楽しむときは外すのが吉かも・・・。

サスつきシートポストでは、太い部分が44mm(実測)以上出ていれば、本器は取り付くと思います。
直棒タイプのほかに、への字に折れたタイプもあります。かえってタイヤに近づいてだめなのかな?

カメラは・・・フロントでもリヤでも、ロードバイクでは振動加速度は相当な数値になるそうで、一眼レフは、やっぱリュックをしょって運ぶほうがいいと思われます。
私も、予備機のあるOptio S4をタオルにくるんで運ぶのがせいぜい、K10Dはさすがに止めておきました。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2007年6月27日 (水) 08:10

片持ち梁なので、上下左右に振られちゃいそうですね。
でも、脚が出てるキャリアは、ずいぶん重くなるし、
やはり、このタイプのキャリアがベターな選択だと思います。

それにしても、相当な振動になるんですね。
ホームセンター売ってる低反発枕を緩衝材にしても、だめかなあ。

投稿: でぱいゆ | 2007年6月30日 (土) 13:11

>でぱいゆ様

ロードバイクでは、6Gを超える衝撃、ハンディGPSも想定の範囲を超える場合があるそうです。

ハンディGBSの場合は、緩衝材を使うなど各自工夫してください、とありますし、タオルなどをクッション代わりにし*istDをカゴで運んでいたときは一応、耐えていました。
今は、ちょっとかわいそうな気がして、一眼レフはリュックに入れてます。

緩衝材の性能によるところは大きいと思いますが、データが未知数なので、DSLRを車体につけて運ぶのはチャレンジャーなのだと思われます(笑)

投稿: ゆうひぶたっくす | 2007年6月30日 (土) 22:56

こちらの記事を参考に、同じラックを購入しました。
明日タイヤ交換したついでに、取り付けてみようと思います。
ありがとうございました。

投稿: でぱいゆ | 2007年7月 8日 (日) 02:04

>でばいゆ様

ご購入、おめでとうございます。
当方、購入より18日ほどたちましたが、直径の差を埋めるゴムの初期なじみなのか、取り付けのビスがだいぶ緩んでいました。半月ほどしたら、増し締めしたほうがいいみたいです。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2007年7月 9日 (月) 22:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/15536738

この記事へのトラックバック一覧です: ロードでの小荷物運搬:

« 覚書(ギヤ) | トップページ | 海ノ口城跡を目指したが・・・ »