« TNIフレーム、キタ! | トップページ | TNI号、試運転 »

2007年6月12日 (火)

R3→TNIバトンタッチの日

フレーム乗り換えだから、手順が悪いと、足がなくなる。
着手したら、次の早番の日までに仕上げないと。

こうなったら、善は急げ。

↓ESCAPE  R3断髪式の図

R3_danpatu

チェーン切りでチェーンを切って、しばしR3とはお別れじゃ。

BBの移植は、工具が欠品中なので、街中を二つのフレームを持っていつもの自転車店へ歩いていきました。さぞマヌケな姿だったろうと(笑)

BBを抜くためには、
・対辺8mmの六角レンチで止めねじを外す。両方ともふつうの右ねじ。
・クランク抜き(専用工具)でクランクを抜く。!決してクランクとBBのあいだに犬釘を打ち込んで外そうとしてはいけません。
・BB回し(専用工具)で緩めてとる。!クランクギヤ側は逆ねじ。
プロの作業は、ためになった。

BBは、再用するはずでしたが、クランクを間違った方法(上記!)で抜こうとして、反クランクギヤ側のBB押さえ(椀)の山をつぶしてしまったorz
また、BB・・・RPMの7420・・・のベアリングが、使えないほどではないがゴリゴリしていたので、シマノに新調。

Ishoku

TNI側にクランクが移植された。
後は、自分の工具で何とかなる。

Tni_al1

バーテープも巻いて、一応自走可能となった。
一見、ESCAPE R3と変り映えはしない。

ESCAPE R3のフレームに比べてなんだか持ち重りがするので計ってみたら、総重量11kgだった。スタンドやポンプ台座も含めているから、重くなってはいなかった。

徹夜明けのボケ頭では、変速機の微調整は明日に。

それでも、試運転をして見て・・・。
・剛性感の高い、ストレートな乗り味。
・それでいて、カーボンフォークのせいか、路面の荒れはコンフォートにいなす。
・はっきり速くなった感じはない。エンジンは同じだからさもありなん。
・キャリパーブレーキは、握り具合に応じた、懐の深い手ごたえがGood! これが一番の収穫かも。
・変速機の調整はシビア。リヤセンターが短くなって、チェーンが斜めになる前後ギヤの選択では、チェーンの斜めの角度が強くなった。
・うまい位置に乗れると、スキーのエッジにうまく乗れたときのように、「あ、ここだ。」という感触があった・・・ような気がする。

ポジションや乗車姿勢の煮つめが肝要かと。
でも、これでロードの第一歩を歩み始めた。

|

« TNIフレーム、キタ! | トップページ | TNI号、試運転 »

コメント

シェイクダウン kたーーー。
フォークの黒で引き締まった印象でカッコイイです(^^)/。

#当方しばらく現状維持です。我慢。。。我慢。。。

投稿: Legin | 2007年6月12日 (火) 23:19

BB抜き・・・学生時分にメンテのためにやった覚えがありますが、あのときは専用工具があったのでかなり簡単に出来た覚えがあります。
今でも場所と工具があればフレームを残して全部バラすくらいは出来る・・・と思います(^_^;)

投稿: しんいち | 2007年6月13日 (水) 00:33

TNI車完成おめでとうございます。
ロードバイク…いいですねぇ。
私は組み立てる技量がないので羨ましいです。

投稿: うなむ | 2007年6月13日 (水) 09:21

>Legin様

ありがとうございます。
あとは、乗るぶよぶよのオジサンとのマッチングが問題かと(笑)
シールがTNI PROなんてあるものですから。
息子にも、PROの部分は却下したら、と言われてしまいました。。。

>しんいち様

専用工具があれば、自分でやってみたかった作業です。チェーン切りに加え、クランク抜き、BB抜き、リヤカセット外しがあればマヌテック車両検修区が出来そうです(笑)。

>うなむ様

ありがとうございます。
まだまだ、ロードバイクの流儀に沿っていないところがありまして、今後も徐々に改良していきたいと思います。
>組み立てる技量
私も、行きつけの自転車店の店主に相談ばかりしています。
早く聞けばよかったのに、素人考えでR3部品を一部損傷してしまいました。(沈)
まずは、乗って楽しいのが一番。
随分等高線の込み入ったところまで走られていますね~。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2007年6月13日 (水) 20:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/15410585

この記事へのトラックバック一覧です: R3→TNIバトンタッチの日:

« TNIフレーム、キタ! | トップページ | TNI号、試運転 »