« TNI号、ロードバイク化ほぼ完了 | トップページ | ゼニなしのフレ取り台 »

2007年7月13日 (金)

ホイールの組み立て

結局、手組みホイールの道を選んだ。

Assemble1

ハブ:シマノ105 前HB-5600、後FH-5600
リム:AMBROSIO EVOLUSION シルバー 32H
スポーク:#15ステンレス 前296mm 後ハブ側292mm、反ハブ側294mm
ニップル:真鍮
教科書:ロードバイクセッティングバイブル 著・エンゾ早川

組み立てですが、CS-2500のリム打ち修理のときのような悲壮感はない。
”ねこまっしぐら”ならぬ”ねこ夢中”・・・てな感じ。
この部屋は、また自転車工房になってしまった(笑)

組順は、テキストにお任せ。

fig.1

Asemble2


fig.2 ああ、楽しや。片面終了。

Asemble3


fig.3

Memo_asemble

fig.1で最初に選んだ1本とペアになるのは、その先5番目のスポーク。
これをバルブホールのすぐ隣の穴に止める。一つ飛ばしに止めていく。
テキストを見ても、片側が終わった時の、反対側の最初の一本の選び方を迷った。
あえて考えさせる意図があるかもしれない。
が、ちょっとはまってしまった。
ので、自分自身の覚書としてfig.3にとどめておくことにした。

Ambrosio_evo

一応、組み立ては完成した。
なぜか、ノーマルな32本スポークのホイールを見るとホッとする。
色の好みは、素材のシルバー。
フレ取りをしつつ、テンションをあげていかなくてはならないが、今後じっくりと。



重量(除くクイックレリース)を測ってみた。
           前:880g   後:1070g
(参考)
シマノWH-R500  前:822g   後:1078g 
MAVIC  AKSIUM  前:920g   後:1060g

スポークは32本あるし、真鍮のニップルなので軽さは諦めか、と思ったが、買えそうな完組ホイールとわりといい勝負。ESCAPE R3純正よりはいくらか軽くなりそう。

|

« TNI号、ロードバイク化ほぼ完了 | トップページ | ゼニなしのフレ取り台 »

コメント

ホイルの手組み…うちのAKSIUMよりも軽くできる
のですね。
さすが、何でも作ってしまう ゆうひぶたっくす様
ですね。

投稿: うなむ | 2007年7月14日 (土) 23:14

>うなむ様

AKSIUMの輝きにクラクラしたのですが、自分の自転車の隅から隅まで知っていたいような気がして、このような選択をしてみました。
フレ取りという作業が楽しみでもあり、試練でもあり、そんな時間があったら、自転車に乗るほうに回したい気もしますが、折からの台風で、いい退屈しのぎができました(笑)

ESCAPE R3オリジナルのホイールよりフレ取りが収まるには、まだまだ日数がかかりそうorz

投稿: ゆうひぶたっくす | 2007年7月15日 (日) 17:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/15747324

この記事へのトラックバック一覧です: ホイールの組み立て:

« TNI号、ロードバイク化ほぼ完了 | トップページ | ゼニなしのフレ取り台 »