« TNIサドルとTNI号の完成 | トップページ | 通勤記録07724 »

2007年7月23日 (月)

布引鉄道跡

大正の鉄道ブームに乗って建設され昭和初期まで、小諸から島川原に向かって、電車が走っていたという。
島川原の発電所建設の頃は一時的に活況をみたが、その後はさっぱり。
しじゅうからの電車とか、しじゅうふたり乗りの電車(本来定員42人だが運転士と車掌しか乗っていない意)とかいわれた。
しまいには電力料金も払えずに運転休止、廃止された。

Nuno_curve

昔鉄道が通っていたところは、なんとなくそれらしい雰囲気が感じられることがある。
行ってみると、緩やかな曲線、勾配も急な変化が無いように考慮された、鉄道臭い(?)道路があった。

小諸は千曲川右岸の高台の町。
そこからほとんど川のところまで数キロで降りるのだから、鉄道としてはけっこうな勾配である。体感的には35~40‰かな。

千曲川を渡る前は、なぜか廃バス置き場になっている。

Simakabarahou

この先は、千曲川の対岸からみることにする。
一番向こうの橋脚の奥の岸にバスが置いてある。

Nunobiki_tetu



Nunobiki

曲線を描きながら千曲川をわたり、川の左岸を走る。
ここから島川原までは比較的平坦な地形。

Shimakabara_pp

叶わぬ願いではあるが、一度乗ってみたかった。

当時の小諸駅は、小海線(まだ佐久鉄道)と、布引鉄道と、信越本線でにぎやかだったことでしょう。

Dst39.19km Tm1h55m42s Av20.2km/h Mx44.5km/h Odo520.6km

TNIのサドルの使用感:
最初の30分位は、とくに硬さも感じず、座面の張りがむしろ心地よい。
しかし、一時間を越えてくると、ケツがジィーンと痺れてくる。
コンフォート系のものにしておけばよかったかな、との考えが頭をもたげる。
しかし、ここで骨盤を立てるように意識すると、痺れが引いていくようだ。
うまい位置に乗るように誘導してくれるのかもしれない。
そういう意味ではいいサドルかもしれない。
もう少し、様子を見てみよう、と思った。

|

« TNIサドルとTNI号の完成 | トップページ | 通勤記録07724 »

コメント

坂を下りましたねえ、再び上ってくるのは嫌な坂ですが、どの道帰るには急坂が待ってる坂の町小諸。

島川原まで、御牧の湯でひとっ風呂浴びて帰りたいところですね。

布引鉄道は乗ったことが。・・ナイナイ。

最初からみればどんどんとのめりこみ、近頃は自転車ブログですね。
今回はサドルでお悩みですか、次に来るのは速さより快適なほうがよろしく思えてくる。
なんて工程表が私には見えているのですよ。笑)

それがまた楽しいのですね。大いにお悩みあれ。

投稿: baja | 2007年7月24日 (火) 20:28

地元のいすみ鉄道も、何度目かの正念場を迎えており、このままだと
一度も乗らずに消えてしまいそうな気がしています。

最近、運動不足解消の必要性を頓に感じているので、自転車もいいなぁーと
思っています。
ただ、価格をみると・・・気にいったモデルは大抵はミドルクラスのDSLRくらいは
するので、ちょっと踏ん切りが付きません。(^^;

投稿: ich | 2007年7月26日 (木) 00:45

肉エンジン過負荷による爆睡(笑)と、その後のココログメンテで・・・
お返事遅くなりましたm(_ _)m。
まーず、ココログ、書き込んで送信してからメンテ画面が出るんだからorz

>baja様

鉄道跡は、サイクリングにはちょうどよい傾斜具合でして、快調に登っていきました。
御牧の湯も5年ほどご無沙汰ですし、入ってくればよかった・・・。

全く自転車ブログ化してしまって、抜け出せません。
検索ワードも自転車関係ばかりでm(_ _)m
掲載しているほぼ全ての画像がPENTAXで、という事だけは事実なので・・・。
20~30代対象のスピードだ、フォルムだというところから少し遠巻きになって、少し快適性に振りたいな、と思いはじめています。完全に読まれていますね(笑)
テーマがなくなると、ポッカリと心に穴が開くので、常になにか課題があったほうがよいようです。

>ich様

いすみ鉄道も、なかなか厳しいようですね。
私も一度乗っておきたいなぁ、とは思うのですが・・・。

去年の今頃までは、自転車というと価値尺度はママチャリ(笑)
したがって、サドルだけでママチャリが買えちゃうようなのとか、クランクだけで*istDLが買えるお値段に値する価値観は、全くありえませんでした。
そのときの考えがまだ尾を引いていて、部品は入門グレードです。
いっそ最初からいいコンポで組んでいれば、と発作的に思うことが・・・。f(+_+)☆\(-_-#)バキッ

いえいえ、自転車もお値段はピンからキリまで、用途を見定めればやたらと高いのでなくても、十分楽しめるはずです。
(負け惜しみ)

当地ではこの2~3ヶ月は天体趣味が全くダメに近いお空なので、ますますいけません。
衣食住行(行は自行車・・・笑)が衣食住星に戻るのは秋になってからかな。いや、自分の場合食行住衣の順が妥当かな。あーあ。


投稿: ゆうひぶたっくす | 2007年7月26日 (木) 21:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/15858349

この記事へのトラックバック一覧です: 布引鉄道跡:

« TNIサドルとTNI号の完成 | トップページ | 通勤記録07724 »