« 碓氷峠再挑戦 | トップページ | ハイブリッド車両運休 »

2007年8月10日 (金)

最初で最後のINFRARED

消費期限をすぎて装填し、一年半前に5コマほど撮って、もったいなくて現像できなかった赤外フィルムをようやく現像しました。

Bye_infrared

現像のためには・・・
まず、瞬間湯沸かし器を直し、温度計を買い、NEOPAN400PRESTOを一本犠牲にしてタンクに装填練習をし・・・
120フィルムの両溝式リールは難しい!

わくわくしながら定着をおわり現像タンクの蓋を取ると、
なにか・・・透明なフィルムしか出てこないorz
まさか、定着先入れの悪夢再来か!?

しかし、フィルムのコマNoやフィルム銘柄はちゃんと浮き出ている。

おそるおそるリールからフィルムをほどくと・・・最初の頃撮った5コマ程度は無事だった。
シャッターの故障かとも思ったが、簡易的に調べてみると異常なしのようだ。
どうやら、あまりにも期限を過ぎて撮影したコマは、著しく感度が低下しているようだ。
特に赤外フィルムは、劣化が著しいようだ。

反省。
ISO32相当の露出というのは、フィルターなしで普通の白黒フィルムとして使うときの目安。
赤外線写真としての露出は、昼間でも1/60sec F5.6を基準にしなさいとある。
残りの5コマ以降に与えた1/500sec F4では、著しく不足なのは当然orz
だが、すでに入手不能なため、この反省が生かされることもなさそうorz

169系。2006年2月ごろと思われる。

Infrared_169


この写真は、この日と同一日の撮影と思われる。

Infrared_asama

ASAHI  PENTAX  6×7  /SMC  TAKUMAR/6×7  1:2.4/105  KONICA  INFRARED750フィルム 1/60sec F5.6程度と思われる

ミクロファイン21℃ 9分15秒現像

169系の赤い塗色は明るく表現されていて、ある種奇妙である。
また、日の光を受ける木々が明るく写るのは、赤外写真の特徴。
フジフィルムさん、代替フィルム作って~。

・・・結局、この日の撮影はパーなのは自明orz

|

« 碓氷峠再挑戦 | トップページ | ハイブリッド車両運休 »

コメント

私も昔一回だけ使用した事があります。日中の山並みを写してみましたがそのコントラストが印象的でした。その後真っ赤なフィルターの出番はありませんでした。

投稿: suge | 2007年8月13日 (月) 19:20

>suge様

このフィルム、描写が強烈なだけに、なかなか作品作りには難しいフィルムともいえるのではないでしょうか。
一度経験すればもうおなかいっぱい、という感じになりやすいです。
しかし、もう入手できないとなると、また使ってみたいという願望だけが(笑)

投稿: ゆうひぶたっくす | 2007年8月13日 (月) 22:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/16071058

この記事へのトラックバック一覧です: 最初で最後のINFRARED:

« 碓氷峠再挑戦 | トップページ | ハイブリッド車両運休 »