« 新パソコンにもてあそばれ・・・ | トップページ | 運動会機材とPENTAX »

2007年9月21日 (金)

積載力アップ

TOPEAKのビームラックとそのバッグを愛用しているが、RX・・・ロード用のバッグはいささか小さい。
もちろん、その日の目的によっては十分なこともあるし、本気に走るときはサドルバッグだって人並みに(笑)用意している。
だけども、車なし人間が日常の足としても使うとき、容量がもう少しあれば、と思うことが多い。そこで・・・

Imgp0191

あーあ、やっちゃった。大きいほうはMTB用バッグMTX。
ほれぼれする大きさ、仕上がり。

ステライメージ5(天文用画像処理ソフト)買わなきゃいけないのに(笑)
また延期だなぁ。予算規模はぜんぜん違いますが。

まあ、こちらは、.毎日の生活にかかわるアイテムであるからしょうがない。

大容量化すれば、
雨合羽も入るし、弁当も入るし、
温泉に入るためのタオルや着替えも入るし、
デジイチもショック吸収材を入れても入りそうだし、
2L判の用紙も、ブローニーのスリーブ現像シート入るし、
PTA新聞の配置箇所への配達も丸めずに済む(笑)し、
夢が広がる。

だが、問題がひとつある。
MTB用のビームラックにはMTXはもちろん、RXバッグも取り付く。
しかし、ロード用のビームにはRXはついてもMTXはつかない。

Rail

この鍵を握るのは、バッグ下部の差込形状。RXのほう(灰色)は、ガイドレール中央の突起を避ける切り欠きがあるがMTXにはごく浅くしかない。
MTXのほうを切り欠いてしまえば、嵌る。

Kirikaki2

Kirikaki3

この程度の工作は、3時のおやつ前である。
さて、ドッキング!

Mount_mtx

わぁー、やっぱでかい。

もちろん、メーカーは、強度のあるMTB用のビームラックでないと大きなバッグがつかない
ように安全措置であることは、容易に察しがつく。
それならMTB用ビームラックを買えばいいのだが、それは重い。
だから、この改造は大きくても軽い衣料などしか積まないなどと、自己責任で行うのが前
提なのです。

サンダーバード2号のように、その日の出撃目的によって、コンテナの中身を替える、理
想的(ただの自己満足)なシステムが完成。

早速、家族を出し抜いて一人だけ、近所の温泉に入ってみた。

Kousenn

玄関をくぐってから重大なミスに気づいた。
財布を持ってこなかったorz
すごすごと帰りましたとさ f(+_+)☆\(-_-#)バキッ

|

« 新パソコンにもてあそばれ・・・ | トップページ | 運動会機材とPENTAX »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/16526163

この記事へのトラックバック一覧です: 積載力アップ:

« 新パソコンにもてあそばれ・・・ | トップページ | 運動会機材とPENTAX »